ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ フジテレビ

ドラマ『10の秘密』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 向井理)

投稿日:

10の秘密

2020年冬ドラマ『10の秘密(毎週火曜21時/フジテレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に向井理。共演に仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎、山田杏奈、名取裕子、遠藤雄弥、松村北斗(SixTONES)他

ドラマ『10の秘密』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FODプレミアム』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『10の秘密』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

■第1話『10の秘密』ネタバレ解説

元妻の失踪、娘がいなくなったことを知った時の圭太の苦悩の表情も事の重大性を感じさせられる。帰れないと連絡のあった娘の瞳・・・

↓【第1話】のネタバレ解説の【続き】がコチラ

■第2話『10の秘密』ネタバレ解説

由貴子を見つけた圭太だが、同時に宇都宮にも見つかってしまい由貴子は再び逃亡。瞳を1人で探すため・・・

↓【第2話】のネタバレ解説の【続き】がコチラ

■第3話『10の秘密』ネタバレ感想

【第3話】公式あらすじ

誘拐された瞳(山田杏奈)を救い出すため、圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れる。誘拐犯との危険な取引を前に、圭太は由貴子の身を案じるが、由貴子はそんな元夫の心配をよそに、不正データが入ったUSBを手に、瞳を誘拐した二本松(遠藤雄弥)と対峙する――。

圭太と菜七子(仲里依紗)が瞳の帰りを待ちわびるなか、そもそも、娘が誘拐された原因は、10年前に起きたある事件にあるのでは、という疑念が払拭(ふっしょく)できない圭太は、由貴子とともにこれまでひた隠しにしてきた、10年前の秘密について語り始める。さらに、圭太が翼(松村北斗)の部屋を訪ねると、10年前の秘密について瞳から相談を受けていた翼は、まるで何かを知っているかのように、圭太に執拗(しつよう)に探りを入れて……。

そんななか、仕事に復帰した圭太は、決して公にされたくない秘密を会社に知られてしまい、取り返しのつかない事態に。八方塞(ふさ)がりとなり、追い詰められた圭太は、矢吹が残した秘密を武器に、疑惑の誘拐犯へ逆襲に打って出る――!

出典:第3話『10の秘密』あらすじ

【第3話】感想
30代男性
お母さんが誘拐犯と繋がっていたのがビックリしました。そうだとしたら何で、娘を誘拐したのか、娘のことも元旦那のことも裏切って何がしたいのか凄く気になりました。お父さんも証拠を持って弁護士事務所で交渉しているし皆が悪い人に見えてきました。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
罪な秘密を持ってしまって、それが原因で家族がバラバラになったってことは、苦しいなと感じた。瞳のお父さんが大好きという言葉はとても重いものだなと思ったし、誘拐されたおかげで仲が深まってよかったなと思う。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ひとみは10年前の事を思い出して、あやふやな思い出を知りたかったようだ。火事はひとみが起こしたようだ。ひとみは亡くなった人いなかったのと聞いた。父はいなかったと言ったが、いると思いました。今は調べたら直ぐに分かる、嘘をついて娘の気持ちが離れなければいいと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
中学生になって、父親とハグできるなんて、仲の良い親子で羨ましいなと思いました。それも、父親は向井理さんだからできることかもしれませんが、今は父親との関係も友達のような感覚になっていることも多いので、こんな親子関係もアリなのかなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
ひとみちゃんが無事に帰ってきてよかったです。仲間由紀恵さんはけがをしてまで娘さんを守ったので、母親だなと感じました。ひとみちゃんが悪口を言っていたのも、本心ではなく甘えからだったということもわかり、良かったなと思いました。【5段階評価-5.面白い】

■第4話『10の秘密』ネタバレ感想

【第4話】公式あらすじ

会社を解雇され、後がなくなった圭太(向井理)は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎)に取引を持ち掛ける。脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をかけて……。

その頃、父親が無職になったことなど知るよしもない瞳(山田杏奈)は、翼(松村北斗)を訪ね、圭太から10年前の火事について話を聞くことができたとうれしそうに報告する。しかし翼は、そんな瞳に、再び不安をあおるような言葉を投げかける。

一方、圭太は、それまで瞳を誘拐したのは由貴子(仲間由紀恵)とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二(渡部篤郎)のある言葉がきっかけで、犯人は別にいるのではないかと考え始める…。

そんななか、圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、意外な人物と出くわす。純子からの電話を受け、圭太が急いで家に帰ると、そこで待っていたのは由貴子だった…。由貴子が圭太の家に忍び込んだ目的とは!?

出典:第4話『10の秘密』あらすじ

【第4話】感想
30代男性
けいたが、ゆきこのせい、秘密を持ったせいで狂わせられている感じが見ていて、どん底に行っている感じでかわいそうに思えた。仕事を解雇されることになって、ハローワークに行っている時、どうしてもお金がほしいんだろうな苦しいんだろうなと感じさせられる演技力だった。秘密を持ってしまったら、後戻りはできない感じが嫌。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
翼くんから人瞳ちゃんが調べていた火事の事件のニュースがかかれた記事を送られてきて、瞳ちゃんはお父さんがまだ隠していることを知って自分で調べると言って、お父さんが追いかけて、瞳ちゃんに正直に話すことに決めて全てを話して、自分のためにお父さんがこれだけ庇ってくれるのはありがたいと思うけど、瞳ちゃんの事をさらに傷つけてしまって瞳ちゃんが可愛そうだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
向井理さんに、夕食を作ってもらえる娘は幸せだなと思いました。芸能界に入る前は、バーテンダーをしていたという向井理さんは、とても料理の手際も良さそうで、きっと料理の味も良いのだろうなと思いました。実際に、時間があるときは、家でも作ったりしているのかな?そうだとしたら、国仲涼子さんも食べているのだろうな…と想像してしまいました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
娘から犯人の事を聞いて似顔絵を描いた。似顔絵が上手すぎて驚きました。チャイムを鳴らして留守だと分かるとゆきこは家に入った。まだカギを持っていたことも、パソコンを操作している事も驚きました。まさに泥棒だと思いました。ゆきこが誘拐犯だと知って殴ろうとした時にひとみが帰って来た。間が悪すぎると思いました。母は娘に大好きよと言って帰って行った、女は一枚も二枚も上手だと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
翼くんが瞳ちゃんに火事の事件の事をちゃんと調べた方が言いと言うが瞳ちゃんはもう言いと言って、火事の事件に翼くんも関わっているのかなと思いました。翼くんがここまで火事の事件に執着しているのも、瞳ちゃんやお父さんに知ってもらいたい真実があるんだと思うし、火事の事件で他にどんなことが起こっていたのか気になります。その部分もあきらかになったら面白いなと思いました。【5段階評価-5.面白い】

■第5話『10の秘密』ネタバレ感想

【第5話】公式あらすじ

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。あとがなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る――!

瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとする翼(松村北斗)に違和感を覚えた菜七子(仲里依紗)。その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。

出典:第5話『10の秘密』あらすじ

【第5話】感想
30代男性
瞳ちゃんのためにお金が必要なのは分かるけど、こんなやり方で手に入れたお金で瞳ちゃんが喜ぶとは思えないし、瞳ちゃんがそれを知ったらまた傷つくと思うと、お父さんは何で瞳ちゃんが傷つくやり方ばかりするのかなと思いました。もう少し瞳ちゃんの気持ちに寄り添ってほしいです。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
仲間由紀恵さんが、自分の子供の頃のエピソードとして、虫歯だらけで恥ずかしい思いをしたという話をしていて、「人を見返すには、お金がかかるのよ!」と言っているのを聞いて、ものすごく嫌な気分になりました。同時に、見返すためだけに生きてきた人生は不幸だなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
由貴子が3億円を盗まれるシーンが、正に3億円事件という感じがしました。金額も合っていて、警察になりすますというのも、そのままでした。しかし、圭太が強盗を計画するというのは、もう人として終わっている感じがしました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
宇都宮と会い、矢吹の手帳と3億円を交換した由貴子は、車で帰っている途中に、検問だと止められた。すると突然、顔にスプレーを吹き掛けられ、車ごと盗まれてしまう。宇都宮に連絡すると「もしかしたら、君の元旦那かも」と言われるが信じられずにいた。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
由貴子がお金を欲しがる意味が幼い頃に貧しすぎる生活を送っていて、親から歯をみがく事さえ教えてもらえない酷すぎる環境だったとは驚く程に可哀想に感じたが、脅して資産を築こうとは人間として終わってしまっていることに気付いていないのが情けない。【5段階評価-5.面白い】

■第6話『10の秘密』ネタバレ感想

【第6話】公式あらすじ

手駒の一つだったはずの元夫に3億円を奪われ、計画を狂わされた由貴子(仲間由紀恵)は怒りに震え、金を取り戻そうと躍起になる。一方、圭太(向井理)が大金を手にしたことを知った菜七子(仲里依紗)は、「瞳(山田杏奈)のためだ」と自らを正当化する圭太を責めるが、瞳を誘拐した由貴子に返すことにも賛同できず、複雑な思いを抱えていた。そんななか、元夫婦の攻防戦を知った竜二(渡部篤郎)が突然、圭太を訪ねてくる。竜二は由貴子の情報と引き換えに手を組もうと、圭太に取引を持ちかけて…。

何とかして金の隠し場所を突き止めたい由貴子は、母親を求める瞳の気持ちを巧みに利用し、圭太への反撃を試みる。たとえ実の娘だろうと、手荒なまねも辞さない元妻の胸中を察した圭太は、これ以上、娘を危険にさらすわけにいかないと意を決し、瞳にある事実を告げる―!

出典:第6話『10の秘密』あらすじ

【第6話】感想
30代男性
宇都宮が圭太に持ち掛けた案は「長沼社長に罪を全て償わせる事」でした。宇都宮はてっきり社長側だと思っていたのでビックリです。しかも由貴子の隠れ家まで教えてくれる、ってなんか怪しいですね。由貴子も瞳に「お願いしたい事があるの」って・・3億を巡って皆が動いていますね。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
ドラマのタイトルが「10の秘密」なので、1話ごとに、一つずつ秘密が明かされていくようなストーリー展開を想像していましたが、想像とは違ったので、一体、今、いくつの秘密が明らかになったかもわからなくなってしまったなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ていとう建設の隠蔽偽装を告発してほしいという話に、けいちゃんは乗ろうか迷っていて、ゆきこの情報を交換するということで、考えが変わっているなと思った。ゆきこはひとみと会い、お菓子を食べさせたあとで父親の話をするあたりが、憎たらしいなと感じる。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
会社の社長に責任をすべて押し付けるために、マスコミに必要なことを告発して欲しいなんて、汚い大人ですよね。仲間由紀恵さんの居どころまで、取り引き材料にしようとするなんて信用できない人ですよね。「大嫌い」と言った向井さんに共感です。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
向井理さんが、娘さんのためとはいえ、お金をだしたことはいけないと思いますが、仲間由紀恵さんも娘さんの友達まで巻き込んで、娘を取り込もうとしていて、見ていて悲しくもなりました。お金が人を変えてしまうのは本当だと思いました。【5段階評価-5.面白い】

■第7話『10の秘密』ネタバレ感想

【第7話】公式あらすじ

圭太(向井理)から、誘拐犯の正体が母・由貴子(仲間由紀恵)だと聞かされ、にわかには信じられない瞳(山田杏奈)。さらに追い打ちをかけるように、由貴子から「もう用はない」と言われた瞳は、激しいショックを受ける。目の前で瞳を傷つけられ、由貴子への怒りがおさまらない圭太は、奪った金を警察に見せて由貴子の罪を公にしようとするが、隠していたはずの3億円は、こつ然と姿を消していた――。

由貴子に金を奪い返されたと考えた圭太は竜二(渡部篤郎)に接触。帝東建設の不正を露呈させ、社長の長沼(佐野史郎)の失脚を狙う竜二に手を貸す素振りを見せ、由貴子の居場所を聞き出す。しかし、たどり着いた隠れ家で、圭太は背後から何者かに襲われて……。

その頃、10年前に火事が起きた別荘の建設プロジェクトに、竜二が関わっていたことを突き止めた翼(松村北斗)は、母親との記憶をたどるうちに、あることを思い出す。そして、母親が残した一枚のメモを見つけ出すと、そこには携帯電話の番号と“ウツノミヤ”の文字が。

翼から話を聞いた圭太は、10年前の真実を突き止め、さらに由貴子を捕まえるためにも、竜二と手を組むことを決意。協力する以上、隠し事はなしだと迫る圭太に、竜二は由貴子も知らない、ある秘密を打ち明ける。

出典:第7話『10の秘密』あらすじ

【第7話】感想
30代男性
圭太のお父さんも昔、借金をして死んでいたんですね・・。純子も菜七子も圭太に「もう辞めて」と言ったのに聞く耳を持たない圭太が怖いです・・大丈夫でしょうか?そして翼が10年前の火事の別荘の管理をしていたんですね。翼は何を企んでいるのでしょう。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
圭太が3億の行方を必死で探しているのがとても面白くてよかったです。瞳がトラックの前にいきなり出たのがとてもビックリしました。圭太が由貴子のことを探しているのが笑えてよかったです。純子に今までの出来事を話したのがとてもビックリしました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
消えた三億円は由貴子以外で一体誰が持ちさったのでしょうか?由貴子のことで瞳は大きなショックを受けたようでした。圭太は必要以上に深入りしているようでした。宇都宮と由貴子はつながっているのでしょうか?真相が気になります。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
けいちゃんのお母さんに、お金は人も仕事も全部失うことになると言われて、みんなが嘘をついて隠して生きてきたんだなと思うと辛すぎる。ゆきこが許せないというのは、当たり前。
発信器がついてて誰がつけたんだろうと思った。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
名取裕子さんが、向井理さんの母親というのが、どうしてもしっくりきません。2時間ドラマのような感覚にもなってしまうし、いつもお店にいるシーンがほとんどなので、別のドラマを見ているような感覚になってしまいます。【5段階評価-5.面白い】

■第8話『10の秘密』ネタバレ感想

【第8話】公式あらすじ

瞳(山田杏奈)を誘拐した由貴子(仲間由紀恵)を法の下で裁くため、竜二(渡部篤郎)と手を組むことにした圭太(向井理)。早速、長沼(佐野史郎)の失脚をもくろむ竜二の指示どおり、帝東建設の不正の証拠を週刊誌にリークするが、その矢先、竜二を尾行していた翼(松村北斗)から、菜七子(仲里依紗)が竜二と2人で会っていたことを聞かされ、がく然とする――。

一方で、菜七子らしからぬ行動に疑問を感じる圭太。問い詰めると、菜七子は圭太が今まで知らなかった長年の秘密を打ち明ける…。

その頃、由貴子は3億円がある人物の手元にあることに気づき、次の手に出る。そして、今度こそ誰にも邪魔させないと細心の注意を払い逃亡を図るが、そこへ再び圭太が立ちふさがる! 絶対に逃がさない――、圭太と由貴子の対決の行方は……!?

出典:第8話『10の秘密』あらすじ

【第8話】感想
30代男性
父を演じる向井理さんが、愛する娘ひとみちゃんと和解できて良かったですよね。お父さんが、悪者じゃないって、わかってくれましたね。父と娘の絆を取り戻して欲しいと思いました。向井さんの努力が報われた瞬間でしたね。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
圭太達が葵達と由貴子のパスポートを盗んだ時は「やったね!」と思いました。由貴子が船で逃げたシーンでは「二本松がここにいるのに一体誰が船を運転してんの?」なんて思っていたらまさかの爆破でビックリしました!本当に死んだんでしょうか?【5段階評価-5.面白い】
40代男性
菜七子が裏切っていたとはいえ、宇都宮に脅されていたということならしょうがないかなと感じました。最初から圭太を裏切っていなくて良かったなと思いました。流石に最初から裏切っていたら辻褄が合わないし、途中からの裏切りに安心しました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
菜七子には優しくて明るいイメージがあったので、彼女が打ち明けた秘密は衝撃的でした。でも菜七子の弱みに付け込んで利用しようとした宇都宮は、卑劣だと思います。彼女の場合は秘密を話しても、圭太や葵が味方してくれたので、良い結果になったのだと思います。翼は変わらず母について調べていますが、一人で宇都宮に接触して大丈夫なのか気掛かりです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
腹黒い竜二の話す通りに帝東建設の建築偽装を記者にペラペラと話す圭太は同等の立場で手を組んでいたはずなのに、既に操り人形のようになっているのにまるで気付いていない様子から、元妻の由貴子が話していた通りにやっぱりド素人なんだなと悲しくなる。【5段階評価-5.面白い】

■第9話『10の秘密』ネタバレ感想

【第9話】公式あらすじ

鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた佐倉七瀬(上白石萌音)を迎えに来た天堂浬(佐藤健)。
ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。

そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。

日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。
再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になっていた。

そんな矢先、七瀬と天堂は、歩行者を巻き込んだ交通事故の現場に遭遇し…。

出典:第9話『10の秘密』あらすじ

【第9話】感想
30代男性
翼の母親を結果的に殺していたのは長沼となったことである程度謎が解けたなと感じました。ここから翼の母親の死にどんな秘密が隠されているのかが不思議です。由貴子がやはり何らかの悪事に関わっているんだろうなとは感じました。次回最終回が楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
翼のお母さんの夏子と長沼社長は愛人関係にあったんですね。揉めているうちに頭を打って火事で亡くなったんでしょうか?何かありそうです。そして由貴子が生きていてビックリです!一体どうやって船の爆発から戻ってきたんでしょう?【5段階評価-5.面白い】
40代男性
仲間由紀恵さん演じる元妻である仙台由貴子が行方不明になり一週間経ち、娘の瞳がひどいこと言われたけど今となってはそれが全て真意とは思えないと言っていたときの表情がなんとも言えませんでした。信用していないけど、やはり悲しみを隠せないのだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
佐野史朗さんvs渡部篤郎さん。廊下でバチバチの冷たい緊迫感がよかったです。いつみても怪しすぎる二人ですよね。ツバサくんのお母さんと、佐野史朗さんが、かつて浮気していたなんて、息子としてはショックですよね。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
名取裕子さんが、今週も、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽のおかみさんのように見えてしまいました。白衣とか、割烹着を着ているわけではないのに、食堂のおばさんのように見えてしまうので、たまには他の場所のシーンを入れたら良いのにと思いました。【5段階評価-5.面白い】

■第10話『10の秘密』ネタバレ感想

【第10話】公式あらすじ

死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認された。由貴子が生きていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)のためにも今度こそ元妻と決着をつけようと決意する。と同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことが。奪われたパスポートを取り戻すために、必ずもう一度接触してくる―そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにする。

一方、翼(松村北斗)は新聞記者の只見(長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった長沼(佐野史郎)を糾弾しようとするが、決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。その状況を聞いた竜二(渡部篤郎)は、最後の切り札を手に、社長室のドアをたたき…。

しばらくして、圭太の元には予想通り、警察の手が迫り八方ふさがりになった由貴子から連絡が入る。逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうが…。

家族、お金、権力のために、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれたとき、最後に待っている衝撃の展開とは―!?

出典:第10話『10の秘密』あらすじ

【第10話】感想
30代男性
翼の母親を殺したのは長沼なのでしょうか?告発するのは大変そうでした。爆発事故の後、由紀子はなんと生きていました。宇都宮はだいぶ前から計画をたてていたようでした。純子がかっこ良かったです。由紀子には母親が影響しているようでした。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
今回の回を見た感想は由貴子を注目して見ていました。自分の母親との関係を元夫の母親から聞かされたシーンは驚きだったのと同時に
だからこそ自分の娘に対して、わざと冷たい対応を取ったりしている所は、逆に愛情があるからこその振る舞いだったんだなと思って見ていました。凄く面白いドラマでした。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
宇都宮は、やっぱりただじゃ起きないタイプの人だと思った。自殺した男性の手帳とUSBで社長を脅迫してた。帝東建設を守るためといってたけどよっぽど会社のことを愛しているんだと思った。社長を引きずり落とさないと会社が潰れるって思ったから最終手段に出たんだと思った。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
一時間帰ってこない時点で由紀子を疑うべきなのに、愛は盲目というか...ただのバカだよね。それよりも偽名の久美子は、ごくせんから取っているのかが気になる。結局、お金に憑りつかれた女の話だったな。しょうもない。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
宇都宮さんが社長に手帳のダミーを出して追い詰めていくところが面白かったです。裏をかいていたことが凄いなと思ったし、社長の分厚い顔の皮が剥がれてスッキリしました。それぞれが守りたいものがあって守るために皆が嘘をついていたのかと思うと社会に生きるって大変だなと思いました。【5段階評価-5.面白い】

『10の秘密』あらすじ

白河圭太(向井理)は14歳の娘・瞳(山田杏奈)と2人で暮らす建築確認検査員。9年前、弁護士で上昇志向の強い元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)が家を出て行って以来、シングルファーザーとして奮闘しながら娘と良好な関係を築いてきた。
そんなある日、圭太のもとに「娘は預かった。3日以内に仙台由貴子を探せ」と誘拐をほのめかす電話がかかってくる。半信半疑のまま、瞳と連絡が取れないことに不安を覚えた圭太はすぐに由貴子の所在を確認するが、元妻は勤めていた大手弁護士事務所を数日前に突然辞め、上司だった男はクライアントである宇都宮竜二(渡部篤郎)への説明対応に追われていた。一方で、瞳がここ最近学校や部活を休みがちで、塾もやめていたことが明らかに。何でも知っていると思っていた娘の秘密を知り、激しく動揺する圭太。しかし瞳は、ほかにも驚くべき秘密も抱えていて……!?
そんな圭太の異変に気付いたのは、幼なじみで保育士の石川菜七子(仲里依紗)だった。圭太は菜七子にこれまでのことを打ち明け、一緒に警察へ。すると、その様子を男が物陰から見ていて、圭太はさらなる窮地を迎える。
やがて、瞳を救い出すカギが由貴子だと確信した圭太は、元妻が暮らす高級マンションへ急ぐ。そこで由貴子のクライアントで恋人だという竜二と再会し、部屋へ案内してもらうが、生活感のかけらもないその部屋で、圭太は由貴子の信じられない秘密を知ることになる―!

「10の秘密」公式サイト

『10の秘密』CAST&STAFF

向井 理・・・白河圭太役

1982年2月7日生まれ(36歳)神奈川県横浜市出身 ホリエージェンシー

主な作品
テレビドラマ
『ハチミツとクローバー』
『おせん』
『アタシんちの男子』
『ママさんバレーでつかまえて』
『メイちゃんの執事』
『傍聴マニア09』
『ゲゲゲの女房』
『江〜姫たちの戦国〜』
『S -最後の警官-』
「わたし、定時で帰ります。」


映画
『ガチ☆ボーイ』
『BECK』
『Paradise Kiss』
『信長協奏曲』

仲間由紀恵・・・仙台由貴子役

1979年10月30日 沖縄県県出身。 プロダクション尾木所属。

主な作品
テレビドラマ
『神様、もう少しだけ』/『TRICK』シリーズ
『ごくせん』シリーズ[1]/『功名が辻』[1] 『ありふれた奇跡』/『テンペスト』シリーズ
『美しい隣人』/『花子とアン』
『美女と男子』『相棒』シリーズ
『明日の約束』/『偽装不倫』


映画
『トリック劇場版』シリーズ /『映画版 大奥』
『私は貝になりたい』
『ごくせん THE MOVIE』
『劇場版テンペスト3D』

『10の秘密』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@10nohimitsu

ドラマ「10の秘密」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2020冬ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.