ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ朝日

【第6話】ドラマ『相棒 Season18』ネタバレと視聴率。予告動画で話題になっていた第6話!杉下右京の眼帯姿が面白いと話題に

更新日:

2019年秋ドラマ『相棒 Season18(毎週水曜21時/テレビ朝日)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に水谷豊。共演は反町隆史、川原和久、山中崇史、山西惇、石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵、柄本明、浅利陽介 ほか。

ドラマ『相棒 Season18』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT』がオススメ!!

放送中の最新ドラマや新作映画が視聴可能!
現在、31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『相棒 Season18』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第6話:視聴率】15.2%

第6話『相棒 Season18』ネタバレ

右京は、和江という知り合いから生活保護の方が多く棲むマンションに不思議な足音がするので立ち会うと暴徒化対策に使われる催涙スプレーの罠にかかり、視覚を失う。眼科で治療を受けると約1週間程視覚が戻るのにかかると診断される。病院の待合室で視覚障害の少女と面識を持つこととなる。特命課に戻ると、動画サイトで死体現場が映し出された殺人事件の現場に行くこととなる。右京は死体現場ではまだ身元が取れなかった。以前、罠に引っかかったマンション物件を取り扱う不動産会社の名前と死体現場を取り扱う不動産会社が一緒であり、化学薬品が使われて絞殺された事を疑問に思う。催涙スプレーの罠に引っかかったマンション物件を取り扱う営業男性社員という身元確認が取れる。清掃会社の和江の上司である山崎が、罠の事について和江と一緒に謝罪する。右京は和江を使って山崎を呼び出し、対決する事となる。暗闇に包まれた対決現場では、右京が視覚障害の子供からプレゼントされた手作りのパンダのビーズを使って足音が分かるようにビーズをバラバラに地面にばらまいた。ビーズが潰れる音を頼りに山崎を逮捕する。パトカー近くで見上げた綺麗な蒼い空が判別出来るほど右京の視覚は蘇った。その後、実は福祉係の女性職員も山崎と亡くなった不動産会社の社員と監視役のマンションの住人が組んで、生活保護受給者の生活保護費をピンハネしている事実が分かる事となる。

第6話『相棒 Season18』感想

20代女性
かばらぎさんの手に右京さんが、くっついていて珍しい姿だなと思った。タイトーハウジングが右京さんがひっかかった罠を仕掛けたマンションと亡くなった方がいたマンションがかかわっているので、何かテイトーハウジングがひっかかる。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
右京さんが和江さんに呼ばれて部屋に行ったら、罠に引っかかって目が見えなくなってしまい、可哀想すぎた。箱に手が込んでいて、開けた人が必ずかかるというものだったから、きっと誰かを狙ってのものということが明らかだなと思った。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
過去の相棒シリーズで登場していた家政婦が再登場していてすごく懐かしかったです!今回右京さんが目を負傷してしまい、今シリーズに入ってから右京さんに災難続きですが、紅茶を入れようとしてこぼしちゃったり、音声認識とのやりとりに苦戦している右京さんがお茶目で面白かったです!【5段階評価-5.面白い】
30代女性
最近は、眼帯を使わない眼科も増えてきていると聞いたことはありますが、水谷豊さんの目に貼られた大きなガーゼに紙テープというのは、かなり衝撃的でした。あんな雑に見える処置を行なう眼科は、本当にあるのかなと思いました。【5段階評価-5.面白い】

『相棒 Season18』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@AibouNow

【第6話】ドラマ「相棒 Season18」を見逃し動画無料フル視聴しよう

 

-2019秋ドラマ, テレビ朝日
-

Copyright© ネタバレン , 2021 All Rights Reserved.