ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ フジテレビ

第3話『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』ネタバレと視聴率。路上で腹部を刺された御子柴は目を覚ますと・・

投稿日:

 

悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

2019年秋ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~(毎週土曜23時40分/フジテレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に要潤/ベッキー/玄理/本村健太郎/田中こなつ/奥菜恵/勝野洋/津田寛治

ドラマ『リカ』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FODプレミアム』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

第3話 ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第3話;視聴率】近日更新予定です。

『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』第3話 ネタバレあらすじ

過去の事件での恨みから路上で腹部を刺された御子柴は目を覚ますと病院のベッドの上にいた。どうやらしばらく眠り続けていたようだ。目を覚ましてすぐ、隣のベッドからニュースの音が聞こえてきた。老人ホームで入所者の男性が介護士を殴り殺したらしい。御子柴は表情を曇らせてすぐに自分のベッド脇のテレビを点けた。加害者として逮捕されたその入所者というのは、少年時代の御子柴の担当教官をした男性だった。退院許可も出ないうちに病院を抜け出した御子柴は、裏社会の人間を使った強引な手法で元教官の弁護を担当するはずだった国選弁護人を辞退に追いやり自らが元教官の弁護を担当することに。現場となった老人ホームに聞き込みにいくと、そこでは入所している高齢者への虐待が発生していることを突き止めた。そして遂に、裁判が始まるのであった。

『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』第3話 視聴者の感想

30代女性
ドラマとは言え、人生の最期の時を過ごす場所になりそうな特別養護老人ホームの介護士に、暴力を振るうような人がいたら、無念な思いのまま死ななければならず、こんな状態を解消するには、介護士の仕事に見合うだけの額の給料にしなければ、痛ましい事件は無くならないだろうなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
特別養護老人ホームに勤めている介護士が、入居している高齢の男性に、無理やり食事をさせようとしているシーンがありましたが、実際に介護士として仕事をしている人が見ていたら、反感を買いそうなシーンだなと思いました。でも、介護士による殺人などが事件になることもあるので、こんなことが起きているのかもしれないなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
今回の要潤さんの弁護士事務所でのシーンは、ベッキーさんが、ブラウスをスカートにインしていても、お腹がまったく目立たないので、早い時期に撮影されたのだろうなと思いました。ドラマ撮影は、ストーリー通りに撮影されるわけではないと聞いてはいましたが、大変だなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
御子柴が意識を取り戻したのがとてもよかったです。稲見が人殺しで逮捕されたのがとてもビックリしました。御子柴に警官がすごくひどい態度をとっていたのがビックリしました。御子柴の事務所が嫌がらせを受けているのが驚きました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
御子柴は誹謗中傷を全く気にしていないようでした。また御子柴は宝来から弁護を奪い取っていてかわいそうでした。老人ホーム内で口裏合わせがあって、稲見がかばったのかな、と思いました。事件の真相が気になります。【5段階評価-5.面白い】

『悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~』第3話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@tokaitv_dodra

【第3話】ドラマ「悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.