ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ 日本テレビ

【第1話】ドラマ『DASADA』ネタバレと視聴率。借金返済にオリジナルブランドを立ち上げ?!

更新日:

2020年冬ドラマ『DASADA(毎週水曜24時59分〜25時29分/日本テレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演は日向坂46(小坂菜緒、渡邉美穂、齊藤京子、加藤史帆、佐々木美玲、佐々木久美、富田鈴花、潮紗理菜、丹生明里、東村芽依、松田好花、河田陽菜、金村美玖、上村ひなの、高本彩花、宮田愛萌、高瀬愛奈、井口眞緒)

ドラマ『知らなくていいコト』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの「Hulu」がオススメ!!

月額「933円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題です♪追加料金なし!!

現在、2週間無料キャンペーン実施中!!

→『Hulu』無料視聴するにはコチラ☆

【第1話】ドラマ『DASADA』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

■【第1話:視聴率】近日更新予定です。

近日更新予定です・・・

第1話『DASADA』あらすじ

私立マロニエ女学院2年生の佐田ゆりあは、容姿端麗だが天然な性格のせいか何故かモテない。ゆりあは平穏な日々を過ごしていたが、ある日実家が営んでいる「佐田洋裁店」に借金取りの丑岡たちがやってくる。実はお人好しの父親が、馴染みの中華料理屋「七龍」の店主の借金の連帯保証人になってしまっていたのだ。丑岡は店を手放すように話すが、両親が大切にしていてる店を守りたいと思ったゆりあは、1000万円を返済すると言い放つ。ゆりあの勇気に免じて、丑岡は半年で返済すれば利息もチャラにすることを約束する。ゆりあは豪語したものもお金を稼ぐ方法を見つけられずに落ち込むが、同じクラスの篠原沙織の洋服のデザイン画を偶然見て、洋服のブランドを立ち上げることを思いつく。

第1話『DASADA』感想

40代男性
ドラマ内の配役が日向坂46のメンバーそれぞれのキャラを考慮した役が割り振られているのが多く、自然に見れる感じがした。演技面でも特別下手な人もいなく、様々なキャラクターの登場もありこれからのドラマの展開が楽しみ。小坂菜緒のぶりっこキャラも可愛くファン目線からしたらたまらないと思う。日向坂メンバー以外の出演者も見たことのある人が登場して楽しめた。
20代女性
物語がよく分からない。2.5次元みたいな制服が違和感でしかなかった。 そして、借金返済のため、稼ぐため、服を作り売ろうとするのは、アニメっぽいというか 突拍子というか。見てて変な番組だなぁ と思ったのとアニメっぽいなと思ったのであまり面白くなかった。そのため、次見ようかとかという感情は なくなり、失せてしまった。
40代男性
日向坂46が初出演したドラマ「DASADA」。私は最初つまらないドラマだと思っていました。しかし、2を開けてみると、非常に面白く、続きが気になるほど見入ってしまいました。特に、メインで出演する、小坂菜緒のぶりっこ役が普段の彼女からは想像できないものであったので新鮮でした。これからDASADAと言うブランドをどのようにして作り上げ、1000万の借金を半年で返すことができるのか非常に気になりました。
40代男性
女子高生ゆりあが自宅の借金による転売を防ぐ為に半年間で1000万円稼ぐだなんて非常に難しい課題を背負いましたね。それも中華料理屋七龍の連帯保証人になっていただなんてゆりあも驚きますよね。ただゆりあが1000万もの大金を稼がないといけないのに何故かポジティブなのは好感が持てますね。あれはどこからくるものなんでしょうかね。そして次回以降沙織との本格的な絡みに注目ですね。
40代男性
1回目から小坂さんと渡邉さんの演技力と可愛さが爆発していて非常に良かったです。しかし上村ひなのさんの演技や表情が作中でも少し固かったかなと思いましたし、佐々木美玲さんの演技も少し無理があるかなと思いました。しかし、加藤史帆さんと丹生明里さんと潮紗理奈さんの3人組と齋藤京子さんの絡みのシーンが意外と良かったです。普段の丹生さんとはうって変わって高貴で彼氏持ちである設定の丹生さんは新鮮でした

『DASADA』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@dasada_project

【第1話】ドラマ「DASADA」を1話から最終回を見逃し動画無料フル視聴

 

-2020冬ドラマ, 日本テレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.