ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ 日本テレビ

【第2話】ドラマ『DASADA』ネタバレと視聴率。ゆりあ(小坂)は沙織(渡邊)に「ダサいから」一緒に組みたくないと・・

更新日:

2020年冬ドラマ『DASADA(毎週水曜24時59分〜25時29分/日本テレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演は日向坂46(小坂菜緒、渡邉美穂、齊藤京子、加藤史帆、佐々木美玲、佐々木久美、富田鈴花、潮紗理菜、丹生明里、東村芽依、松田好花、河田陽菜、金村美玖、上村ひなの、高本彩花、宮田愛萌、高瀬愛奈、井口眞緒)

ドラマ『知らなくていいコト』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの「Hulu」がオススメ!!

月額「933円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題です♪追加料金なし!!

現在、2週間無料キャンペーン実施中!!

→『Hulu』無料視聴するにはコチラ☆

【第2話】ドラマ『DASADA』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

■【第2話:視聴率】近日更新予定です。

第2話『DASADA』あらすじ

ゆりあ(小坂)は沙織(渡邊)に「ダサいから」一緒に組みたくないと、ブランド立ち上げ協力は得られませんでした。
その反骨心からか、ゆりあは「自分はダサくない」「自分は可愛い」と息巻く所は、非常にかわいらしく、声が出た視聴者も多かったと思います。
第2話のダイジェストになるのが、沙織が「ダサい」と同じFACTORYファンのキラリ(高瀬愛奈)に言われたシーンだと思います。実際、決してセンスがあるとは思わなかったですが…。
FACTORYのメンバーも実際日向坂46で楽曲披露するようですが、ぐいのみ(東村)・おちょこ(松田)・トックリン(河田)って何てネーミングだと笑わずにはいられませんでした。
一方で、沙織がやる気になった展開は、少し疑問も残りますが、恐らく最初は対立しながらドタバタ劇を繰り広げてくれると思います。

第2話『DASADA』感想

20代女性
ゆりあが落ち込んでいるのがとても面白くてよかったです。先生が心配しているのが優しいなと思います。ゆりあがダサいと言われたのがとても面白くてよかったです。外国人が無職の看板をぶら下げていたのが笑えてよかったです。ゆりあが服を作っていたのがとても面白くてよかったです。ゆりあが服を一万円で売っていたのが笑えてよかったです。
40代男性
まさか佐田洋裁店に取り立てにきていた丑岡の娘が沙織だったとは驚きでしたね。ゆりあは借金返済の為に沙織と組んで一攫千金狙いでブランドを立ち上げるのだけれども何も知らないゆりあはこの事を知ったらどう思うんだろう。コンビ解散いやゆりあの事だから承知の上で継続かこの先が気になります。その前に沙織はゆりあに事実を告げるのでしょうか。

『DASADA』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@dasada_project

https://twitter.com/Akb0825kaito/status/1220229412911599618

【第2話】ドラマ「DASADA」を1話から最終回を見逃し動画無料フル視聴

 

-2020冬ドラマ, 日本テレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.