ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ東京

【第4話】ドラマ『左ききのエレン』ネタバレと視聴率。天才モデル・岸あかり(八木アリサ)が

更新日:

左ききのエレン

左ききのエレン

2019年秋ドラマ『左ききのエレン(毎週火曜25時28分/TBS)(毎週日曜24時50分/MBS)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に神尾楓珠× 池田エライザ。

ドラマ『左ききのエレン』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT』がオススメ!!

放送中の最新ドラマや新作映画が視聴可能!
現在、31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『左ききのエレン』あらすじ、キャスト、原作(主演 神尾楓珠× 池田エライザ)

【第4話:視聴率】近日更新予定。

『左ききのエレン』第4話 ネタバレ

近日更新予定。

『左ききのエレン』第4話 感想

ポテトチップスのCMに演歌歌手を起用したいという上長の意向に光一は反発する。光一は演歌歌手を使いたくないと営業部の流川に相談するが、あえなく却下される。流川はそもそも、クリエイティブという名のもとに、大した努力もせずに創られた企画を嫌っており、逆にちゃんとやれと光一を叱咤する。そんな流川も昔はコピーライターを目指しており、評価の高いCMを手掛けていたこともあったが、周囲から陰口を言われたことを機に、営業の仕事に邁進するようになったらしい。そして光一は由利奈と話すうちに、制作の初期段階ですぐダメ出ししてしまう自分の制作プロセスに問題を感じ始める。迫りつつある締切日と現実に追われながら、光一はがむしゃらにCMのコンテを描き始める。後日開かれた会議で、光一は膨大な数の絵コンテを披露する。神谷は、クライアントを最も理解している流川に案を絞ってもらおうと提案。流川も光一のことを見直すのだった。一方のエレンはキャンバスに向かって絵を描いていた。しかしエキセントリックな言動に拍車がかかり、そばで見守るさゆりの手に負えなくなっていた。そんな中、モデルのあかりがエレンとさゆりの元を突然訪れる。

『左ききのエレン』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@eren_drama

【第4話】ドラマ「左ききのエレン」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.