ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ東京

【第8話】ドラマ『左ききのエレン』ネタバレと視聴率。ドラマはいよいよ最終章に突入!

投稿日:

左ききのエレン

左ききのエレン

2019年秋ドラマ『左ききのエレン(毎週火曜25時28分/TBS)(毎週日曜24時50分/MBS)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に神尾楓珠× 池田エライザ。

ドラマ『左ききのエレン』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT』がオススメ!!

放送中の最新ドラマや新作映画が視聴可能!
現在、31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『左ききのエレン』あらすじ、キャスト、原作(主演 神尾楓珠× 池田エライザ)

【第8話:視聴率】近日更新予定。

『左ききのエレン』第8話 ネタバレ

久しぶりに横浜の地に降り立ったエレンは、かつて通っていた馬車道美術学院へ向かう。懐かしく教室を眺めていると、久しぶりだなあと塾長が来る。久しぶりに再会したエレンは、塾長から、あの頃は面白かったなあ、二人ともうちの出世頭だ、と言われ光一のインタビュー記事を見せられる。それを見たエレンは「なんか違う」と呟くのだった。あかりはモデルとして活躍しており、対談相手を自分で決めることになり光一を指名する。久しぶりに光一に電話するが、断られる。そして、あかりのがモデルをしていた製薬会社のポスターもあかりではないモデルを使うことになる。次にその製薬会社の広告を担当するのが光一だと聞かされる。新しいモデルを決めるオーディションが行われていた。そこにあかりが近づいて来ていた。

『左ききのエレン』第8話 感想

50代女性
柳のチームで働くようになり、柳化した光一にがっかりしてます。エレンやあかりのような才能が自分にはないと感じながらも、以前のような悩みながら頑張る光一が好きでした。日本に帰ってきたエレンとの再会はなだのかと期待ししながら観ています。エレンと光一のお互いの影響力を感じたいです。
50代女性
エレンが、前に偶然見た光一の広告では笑顔になり、今回見たインタビュー記事には、何か違うと呟き、エレンは何を感じ取っているんだろう、と思いました。光一をそばで見ていて心配している会社の仲間たちは変わってしまった光一をどんな想いで見ているんだろうと思いました。柳みたいな上司だと、自分の人格まで変えられてしまいそうで、絶対に出会いたくない人物だと思いました。
30代男性
前半ではすっかり仕事に慣れ、得意げになっていた凡才の光一の姿が描かれていました。一方エレンは美術館に行き、光一の作品を見て違和感を感じていました。光一は間違った方向に行ってそうなので、エレンに正して貰いたいと感じました。
50代男性
前回柳ジュニアになってしまっていた光一も、今回は昔の一生懸命だった姿に戻りつつあるように見えたので、安心しました。あかりから電話が掛かってきた時の光一はかなり苛立っていて怖いと思いましたが「エレンもあかりも俺にとってはイチローなんだよ」と言ってしまった気持ちは、何となく理解できる気がしました。
30代男性
ラストシーンで来期のモデルの契約が更新されない事を知ったあかりが、担当が光一になったと聞いて不敵な笑みを浮かべ新しいモデルのオーディション会場へ乗り込んでいく姿に、これからとんでもない事が起こりそうな予感がして、次回が楽しみになりました。

『左ききのエレン』第8話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@eren_drama

https://twitter.com/niyaniadrama4/status/1204564289694007296

【第8話】ドラマ「左ききのエレン」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.