ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ東京

【第9話】ドラマ『左ききのエレン』ネタバレと視聴率。光一の怒りは頂点に達する。

投稿日:

左ききのエレン

左ききのエレン

2019年秋ドラマ『左ききのエレン(毎週火曜25時28分/TBS)(毎週日曜24時50分/MBS)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に神尾楓珠× 池田エライザ。

ドラマ『左ききのエレン』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT』がオススメ!!

放送中の最新ドラマや新作映画が視聴可能!
現在、31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『左ききのエレン』あらすじ、キャスト、原作(主演 神尾楓珠× 池田エライザ)

【第9話:視聴率】近日更新予定。

『左ききのエレン』第9話 ネタバレ

光一が担当する園宮製薬の化粧品は、次回広告からブランドイメージを刷新しようとしていた。ユーザーから共感を抱かれるような広告展開を目指す光一達は、既に広告で起用しているあかりとの契約を打ち切り、新たな新人モデルを起用すべくオーディションを開く。しかし、オーディションの現場に急遽あかりが訪れ、一瞬にして審査員の心を鷲掴みにしたことで、あかりの広告起用が再び決定してしまう。その後あかりは自分を美しく撮らせるため、勝手に有名カメラマン・佐久間威風に撮影を依頼。業界のビッグネームであるあかりと佐久間のタッグを園宮製薬側も快く受け入れる。しかし二人は、光一たちの考える広告のコンセプトから明らかに逸脱していた。撮影当日になり、あかりと佐久間は周囲を無視し、独自の世界観で撮影を開始。園宮製薬の女性部長が二人の撮影を止めに入るものの、拒否されたと判明し、光一の怒りは頂点に達する。

『左ききのエレン』第9話 感想

30代男性
あかりが光一に馴れ馴れしいのが笑えてよかったです。あかりと光一が揉めているのがとても面白くてよかったです。あかりが口が悪いのが面白くてよかったです。あかりがすごく演技力があったのがとてもビックリしました。【5段階評価-5.面白い】

『左ききのエレン』第9話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@eren_drama

https://twitter.com/FUSUMER/status/1209456503427518464

https://twitter.com/rin_5_jam/status/1208074261996298241

【第9話】ドラマ「左ききのエレン」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.