ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ NHK

ドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 シシド・カフカ)

更新日:

2020年NHKドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~(毎週金曜22時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演にシシドカフカ、共演は間宮祥太朗 池田成志 津田寛治 板橋駿谷 松尾貴史 中村靖日 大後寿々花 浦上晟周/
中村梅雀 ほか

NHKドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

■第1話 ネタバレ解説

世界一不運な探偵と呼ばれるハムラアキラ。家族の中の黒い羊であり、厄介事しか持ち込まない3番目の姉...

↓【第1話】のネタバレの【詳細】はコチラ

■第2話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ解説

第2話 公式あらすじ

“不運”が取り柄の私に、ツキが舞い込んできたと思ったら・・・

暑い夏の日。“不運な探偵”と自認している葉村(シシド・カフカ)のもとに久しぶりの依頼が舞い込む。早速調査を開始するが、その調査対象が何者かに襲われあっさり終了。調査費をあてにしていた晶はガッカリするが、そこにまた別の依頼が・・・。そんなことが二度三度と続き、晶は違和感を抱く。うだるような“炎天”のせいかと思う晶だったが、町内会長(長谷川初範)の母が救急車で運ばれる事態に遭遇し、違和感の理由を突き止める。そんな時、書店の常連の警視・岡田(間宮祥太朗)が現れ、晶は自らの推理を岡田に聞かせることになる。

『出典:第2話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』あらすじ

第2話 感想
30代女性
以前は、探偵に捜査を依頼するというのは、特別なこととか、ちょっと他の人には相談できない重大な秘密というイメージがありましたが、今は、こんな風に、意外と気軽に相談する人が増えているのかもしれないなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
ハムラアキラさんが本当に不運すぎて笑えました。探偵のお仕事が調子よく入ってきたと思ったら、ことごとくすぐに解決してしまい、入るお金がなかなか入らなかったですが、次々に依頼がきていたのは、実は町内会長の仕業だというオチには、驚きました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
最近は、雪が降るほど寒いので、ドラマの設定が8月で、気温は39.5℃ということに違和感がありました。本当は、半年ほど前に放送するつもりだったのか、逆に、半年後に放送するつもりだったのか、何か大人の事情があるのかなと気になってしまいました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
古書店の常連客の野々村と柿崎にアケミたちが、葉村の探偵としての仕事で着たウサギの着ぐるみで仕事で内容をそれぞれの趣味嗜好で様々思い浮かべる発想力には驚かされ、行き着いたのが着ぐるみだけに子どもの誘拐とトンでもない事を簡単に言ってしまう所に下世話な事が好きで堪らない人たちとよくわかり、彼らにとって探偵の葉村は楽しいネタだろう。 【5段階評価-5.面白い】
30代男性
事務所に寝泊りする事になっても涼しげな雰囲気にはなりません。昭和レトロな空間が好きな人にはたまらない演出です。今回の事件は偶然の積み重ねで終わってもおかしくない事件でしたが、晶だから気がついたとも言えます。こんなにテンポよく話が進むとは意外でしたがなかなか見所があるドラマです。【5段階評価-5.面白い】

■第3話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ解説

第3話 公式あらすじ

枕元に自殺した友達の幽霊が!? その影にひそむ悲しい真相とは・・・

葉村晶(シシド・カフカ)のもとに、慧美(三倉佳奈)という女性が奇妙な依頼にやって来る。7年前に自殺した親友・香織(藤井美菜)が枕元にたつので真相を暴いてほしい、とのこと。最初は乗り気ではなかった葉村だが、周りの勧めで渋々ながら調査を開始。自殺直前のSNSの写真を手がかりに、大学時代同じゼミ仲間・環(松本まりか)らを調査していく。実は依頼人・慧美は香織に嫉妬していたという証言が。また香織が、不妊が原因で離婚してことも分かり、ますます混迷していく中、葉村はある仮説を導き出すのだが・・・。

『出典:第3話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』あらすじ

第3話 感想
30代女性
今回の依頼は慧美が「香織が出てきて夢でうなされる」との事でしたが、友達の環や華子の話を聞くうちに、わたしもハムラと一緒で慧美が自殺に導いたと思っていました。女性同士って嫉妬や『優越感を持ちたい』など色々と複雑ですね・・【5段階評価-5.面白い】
30代女性
白熊探偵社は面白半分でやっていので楽しい雰囲気です。晶にとってはお金になれば探偵業はついでと言った感じでもいいのでしょうが。今回の依頼は緻密さよりも人間関係の複雑さが怖いお話でした。晶も一度はトラップにひっかりましたが、最終的には真相にたどり着きました。難しい依頼でやはり後味の悪い結末。今のところこれが特徴のようです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
今の犯罪には、もう必ずと言っていいほど、SNSが何らかの形で関わっているんだなと思います。街の中には、いたるところに防犯カメラが設置してあるし、これだけ、いろいろな証拠が残る時代に、なぜ事件はなくならないのだろうと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
お揃いの水色のシロクマTシャツかわいいですね。クールなアキラさんにも着て欲しかったりします。カオリの夢を見たという中山さん、なんか感じ悪い人ですよね。子育て経験のないアキラさんに、何気に嫌み言ったりして、性格悪そうたなと思いました。 【5段階評価-5.面白い】
30代男性
今回、初めて見ました。オープニングがレトロでおどろおどろしい感じだったので、怖い感じかと思っていたらそれ程重くない感じですね。特に葉村晶の「白熊探偵事務所」の名前やスタッフ(?)のT-シャツには笑えました。【5段階評価-5.面白い】

■第4話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ解説

第4話 公式あらすじ

「死にたい?」という悪魔の囁きに、あなたならどうする?

セレブなフラワースタイリスト・詩織(武田梨奈)を2週間ボディーガードするよう依頼された葉村晶(シシド・カフカ)。「誰に狙われているのか、なぜ2週間なのか」と問い詰める葉村に詩織は「悪魔に自分を殺して、と酔った勢いで依頼してしまった」と話す。そんな馬鹿なことと思う葉村だったが、次々と事件が起こり、結果的に詩織は死んでしまう。そんな時、「姉・珠洲の真相を知りたくないか」という連絡が謎の男(野間口徹)から葉村のもとに届き・・・。

『出典:第4話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』あらすじ

第4話 感想
30代女性
シシドカフカさんが今回もかっこよくてステキでした。やじろべえが大きな意味合いを持っているアイテムですごく気になりました。催眠術なのか、見張られているからなのか、シシドさんの周りの方が事件に巻き込まれていて、辛くなりました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
武田梨奈さんもかわいいのですが、シシド・カフカさんと並ぶと、いかにも日本人という感じで地味な顔立ちなので、エキゾチックな顔立ちのシシド・カフカさんの美人度が高いのが際立つなと思いました。謎めいたところも素敵です。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
詩織が出会ったという濃紺の悪魔は死にたいという詩織のカードから300万円を勝手に引き出しあらゆる手で彼女を苦しめますが、全て詩織が仕組んだ狂言だと探偵の葉村は疑います。詩織に振り回される葉村だが本当のことが知りたいだけというその裏にはどこか人間的な温かみが見えてちょっと嬉しいです。探偵役のシシドカフカのクールで投げやりな演技には、ここ最近のドラマにはない面白さがあり最後まで見なければどんな結末なのかわからない脚本も優れものです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
武田梨奈さんが、『ワカコ酒』の時と比べると、随分、印象が変わって、あか抜けて、大人っぽくなったなと思いました。フラワーデザイナーという職業に就いている役ということで、鮮やかな色づかいのファッションのせいもあるのかな?と思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
ハムラアキラ、探偵というよりも、どんな相談にでも乗る何でも屋みたいな感じだな。今回の客も、自分に対する殺害依頼をする変態だ。客は自殺したのに、自殺の真相を教えるとかいう男が出てきて気持ちが悪いです。なんと、この男は裁判官だったとは、意味が分からないドラマだな。【5段階評価-5.面白い】

■第5話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ解説

第5話 公式あらすじ

「死にたい?」という悪魔の囁きに、あなたならどうする?

「ハムラアキラ」第2章・・・。女子高生失踪事件が誘う、世にもおぞましい事件の結末とは・・・。3話連続。若竹七海、こん身の傑作をドラマ化

たび重なる不運に見舞われ、探偵を辞めようとしていた葉村晶(シシド・カフカ)だったが、先輩探偵の村木(池田成志)からの強引な誘いでリゾート会社会長・滝沢(大鶴義丹)から新たな依頼を受けることになる。家出した彼の娘・美和(田中珠里)の行方を友人の女子高生・平ミチル(井頭愛海)から聞き出してほしいという。奇妙な依頼に戸惑う葉村だったが、ミチルと接触する。なぜか挑戦的なミチル。そんな中、ミチルの友人で女子高生・綾(小野花梨)が殺されるという事件が起きてしまい、この依頼がただ単なる家出人捜索ではない、と葉村は思い始め・・・。

『出典:第5話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』あらすじ

第5話 感想
30代女性
葉村が聞き込みをした平ミチルって色々と隠している気がします。最初はアヤを「知らない」って嘘も付いていたし。ミチルのお母さんが異常なほど心配性なのも気になりました。アヤを殺したのは薬仲間って事になりましたが、ちょっと違うんじゃないかと思います。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
綾が殺されたのは本当に小島の仕業なんだろうかと思いました。たしかに、もともと付き合っていたのを無理やり別れさせられたし、薬の売人をやっていたような男だったので怪しいけど、そんな簡単な問題じゃないような気がしました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
どうして、滝沢喜代志は、娘の美和の事を警察じゃなくて探偵の葉村にたのんだんでしょう?しかも「平ミチルに美和の居場所を聞いて欲しい」っておかしな依頼ですよね。美和はお母さんの所に行っていないし・・どこにいるのでしょうか。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
凄いストーリーにめちゃめちゃハマリました。とても魅力的でアッと言う間の1時間でした。それでいて、ハードボイルドな空気感、雰囲気は持続していて、更に凄さを感じました。ミチル,美和,アヤの運命は如何に⁉。また、まさか逮捕されたゴトウが、取り調べ中に自殺するなんて•••難儀極まりないです。あとは、岡田(間宮祥太郎)の怪しい行動には今後注目です。私は、ジュエリー店社長の辻さんが怪しいと今時点では思っています。次回が待ち遠しいです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
見るのは今回で2回目です。今までの1話完結と違って3話連続との事なんですが、今回のタイトルが『悪いうさぎ X』なんです。何でかなと思ったら「X」「Y」「Z」と続くんですね。でも黒いうさぎは出てきたんですが『悪い』とは一体・・?です。【5段階評価-5.面白い】

■第6話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ解説

第6話 公式あらすじ

女子高生殺害事件は、思わぬ展開へ。家出少女たちの暗い闇とは・・・

滝沢(大鶴義丹)の娘・美和(田中珠里)の行方捜しは進まず、またミチルの友人・綾(小野花梨)が殺された事件との関連も確かめられず、なかなか真相にたどり着けない葉村晶(シシド・カフカ)。そんな中、富山(中村梅雀)らが新たな鍵となりそうな情報をもたらす。カナ(黒崎レイナ)という若い女性が美和や綾とつるんでいたというのだ。カナのことをミチル(井頭愛海)に尋ねるが要領を得ない。そんな時、ミチルの父・義光から「この件が落ち着くまでミチルと一緒にいてほしい」と強引に依頼され、葉村はミチルと探偵事務所での同居生活を開始することになる。そしてミチルの悲しき境遇を知ることになり…。

『出典:第6話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』あらすじ

第6話 感想
30代女性
この『ハムラアキラ』の間宮祥太朗さんと、『アリバイ崩し承ります』の成田凌さんのキャラクターが、なんとなくかぶるなぁと思いました。成田凌さんのほうが、演技力の点では、若干、上回っているとは思いますが、この世代は本当に激戦区だなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
小島が取調室で自殺したのがとてもビックリしました。小島が美和を殺したと言ったのがとても驚きました。ミチルが大声を出したのがとても面白くてよかったです。ミチルが葉村の家に泊まりにきたのが笑えてよかったです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
ミチルちゃんのことをミツルちゃんと呼び続けている母親に応えるためにミチルちゃんは死んだお兄さんのふりをして、普段はカツラを使い帰るときはショートカットになる健気なミチルちゃんにちゃんと愛情を向けてあげて欲しいと思いました。誰かの代わりなんて悲しいです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
生田智子さんは、本当に口うるさい嫁という役が、ぴったりだなと思いました。NHKの「あさイチ」にゲストとして出演していたときも、結構、細かいところにまで厳しく、きつい発言も多かったので、それで、この役が回ってきたのかなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
前回の続きで美和を探しましたが、複雑な事件でなかなか進みません。今回は、晶に協力する人がたくさんいました。いつもの岡田管理官もですが、警察官、書店のアルバイト、ミステリー好きのお客さん。特にアケミはかつては家出少女だった暗い過去を持っていて、花梨やレイナに同情していました。レイナも殺されたようで、「不運が不運を引き寄せているようだ。」という晶の言葉が、次回の展開を暗示しているようです。【5段階評価-5.面白い】

■<最終回>第7話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』ネタバレ解説

第7話 公式あらすじ

手繰り寄せた真実は想像を絶する“悪意”だった・・・ 葉村がこん身の一撃をはなつ人物とは・・・。
シリーズ最大のクライマックス 葉村の怒りが頂点に!

葉村晶(シシド・カフカ)はミチル(井頭愛海)から手渡された昔の写真から調査中の事件の裏に岡田(間宮祥太朗)が暗躍しているのではないかと疑い始める。そんな折、美和の母・亜寿美(筒井真理子)から至急の電話があり、飛び出した葉村は、突然後ろから襲われ監禁されてしまう。なんとか逃げ延びた葉村だったが亜寿美が自殺したことを知り、ミチルにもつらくあたってしまう。岡田に詰め寄る葉村は、滝沢(大鶴義丹)や野中(羽場裕一)が良からぬ「ゲーム」をしていることを知るが、その詳細は分からないまま。その時、行方知れずになっていたミチルが「ゲーム」に参加するという情報を得て・・・。

『出典:第7話『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』あらすじ

第7話 感想
30代女性
最終回の事件の真相は目を背けたくなるような内容だったけどダークサイドな世界観とライブ感がある菊池成孔の音楽は他のドラマとは一線を画す。間違いなくシシド・カフカの代表作になったはず。最後は、ゾっとする話だったけど、綺麗に完結した。身近な人の日常に寄り添ったあらすじで楽しめた。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
なんといっても音楽が効いていた感じがする。
間宮翔太郎の正体が明かされスッキリはしたが、結局お姉さんが亡くなった本当の理由については闇のままというのがなんか嫌だった。
続編やる気かと期待しちゃうじゃないか。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
スタンガンを食らってコンテナ内に監禁されるはめになった葉村。危機ではあるんですけど、どこかコミカルなシーンでしたよね。富山の焼肉の誘いに「お腹すいたー!」とミチルが乗っかった直後にコンテナ内で葉村が「お腹すいた…」とか。最終的にテレビを不法投棄しにきた夫婦に発見されて助かるのも笑えました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
最終回にやっと出演できた大黒がまあ…濃いキャラ付けがされていましたね。野中からはまさに飼い犬というか猟犬扱い。その一方で娘を自分で撃った滝沢を徹底的に嘲笑っていたりと。最後は葉村にざっくり足を刺されて、たぶんそのままお縄。あの68会の親父たちはクソ野郎揃いでしたが、彼は一際ユニークなクソ野郎でした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
いつも探偵と言い張る葉村の事を、依頼が全くないと言い放ちおちょくりまくっていた書店オーナーの富山が、無事に戻ってきた葉村を心配して飲み物とサンドイッチを持参する所が優しく本当の仲間と思っているのが伝わり、葉村はなんだかんだ言いながら良い人たちに囲まれている幸せ者だな。【5段階評価-5.面白い】

『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』あらすじ

ミステリー作家・若竹七海が20年以上に渡って描いてきた
「女探偵・葉村晶シリーズ」 初のテレビドラマ化
主人公・葉村晶(はむらあきら)、34歳独身。ミステリー好き。生活は質素。訳ありの転職、転居十数回…。今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた〈白熊探偵社〉の調査員として働いている。葉村は何かと災難に巻き込まれ、周りから『世界で最も不運な探偵』と面白がられるが、事件と対じする中で、彼女自身の人生とも対じし、タフに、そして優しく生きていく。

『出典:ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~ 公式サイト

『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』CAST&STAFF

シシド・カフカ

1985年6月23日 メキシコ出身  avex trax「cutting edge」所属

シシド・カフカ|Official Website THE DRUM'N'GIRL SHISHIDO KAVKA - 公式サイト

シシド・カフカ - Facebook

シシド・カフカ (@shishido_kavka) - Twitter

シシド・カフカ (shishido_kavka) - Instagram

主な作品
テレビドラマ
「ファーストクラス」
「視覚探偵 日暮旅人」
「連続テレビ小説 ひよっこ」
「ひよっこ2」
「カンナさーん!」
「わたし、定時で帰ります。」


映画
「愛を歌うより俺に溺れろ!」
「Zアイランド」
「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
「リメンバー・ミー」

『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@nhk_kirin

ドラマ「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」を見逃し動画無料フル視聴

 

-2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.