ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ朝日

【第6話】ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6シーズン)』ネタバレと視聴率。資産がある六角橋は病気の少女の支援を申し出ており・・

投稿日:

ドクターX

2019年秋ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6シーズン)(毎週木曜21時/テレビ朝日)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に米倉涼子。共演は内田有紀、岸部一徳、勝村政信、遠藤憲一、鈴木浩介、西田敏行、市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、戸塚純貴、河北麻友子 ほか。

ドラマ『相棒 Season18』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT』がオススメ!!

放送中の最新ドラマや新作映画が視聴可能!
現在、31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6シーズン)』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第6話・視聴率】15.9%

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6シーズン)』第6話 ネタバレ

未知子や麻酔科医の博美たちがいる名医紹介所に実業家の六角橋が現れる。資産がある六角橋は病気の少女の支援を申し出ており、早速未知子の執刀で少女の手術が行われる。手術中、未知子は博美の忠告を無視して、術式を大幅に変更して、未知子と博美は口論になる。その後、六角橋がガンであることが分かる。彼の治療を巡り、未知子と博美は口論となるが、六角橋の手術を未知子が結構する。そして、博美の助言の通りに手術した未知子は手術が成功する。手術が成功した六角橋は博美に感謝する。晶は、蛭間院長にいつも通りにメロンと請求書を請求するがあっさりとOKする。副院長の丹下に不正をしたことを忠告した。最後にいつもどおり仲直りした未知子と博美だった。

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6シーズン)』第6話 感想

20代女性
城之内が手術でピンチになり、「執刀医交代!」と叫んだら、まさかの蛭間が出てきてビックリしました。でも、その横から未知子が出てきたので、やっぱり未知子カッコいいー!と思いました。やっぱり未知子と、城之内のコンビは最強だなぁと思いました!【5段階評価-5.面白い】
30代女性
未知子が食べに行きたかった5つ星のシェフの料理が堪能できるレストランに、子ども向けのビジネスで成功した六角橋の資産が1000億円と、成功者の証のように執筆した著書の夢を叶える六つの金言と、やたらと数字が並びお金が絡むドクターXらしさが満載だった。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
麻酔科医が主導権を握る手術というのは、実際にはないと思いますが、本当にあのように実力のある2人の意見が食い違うと、現場は困るだろうなと思います。しかも、米倉涼子さんより明らかに腕の劣る遠藤憲一さんに難しい手術を任せるのは、病院としてもかなりのリスクだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
六角橋社長のオペにはりきる海老名先生の必死な姿が、面白かったです。また、手術方法をめぐっての城之内先生と、大門のバトルは女同士特有の迫力がありこわかったです。最後は六角橋社長の手術も成功し、仲直りもできて良かったです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
博美と未知子の対立がリアルな女性の対立みたいで怖かったです。
自分の意見を貫く姿と言うか、仕事に誠実なのはわかるのですが…。
自分があのように言われたら絶対に負けてしまいますね。
でも、今回のオペも未知子が助けてくれるのかな?なんて期待を持って見ています。【5段階評価-5.面白い】

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6シーズン)』第6話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@DoctorX_tvasahi

【第6話】ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜(第6シーズン)」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, テレビ朝日
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.