ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ テレビ朝日

【第8話】ドラマ『科捜研の女 Season19』視聴率とネタバレ。少女のリュックの中に隠した“大切なもの”

投稿日:

2019年春ドラマ『科捜研の女 Season19(毎週木曜20時/テレビ朝日)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演・沢口靖子。共演に内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、金田明夫ほか。

ドラマ『科捜研の女 Season19』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 沢口靖子)

【第8話】視聴率:12.1%

<前回>【第7話】視聴率:12.4%

【第8話】ネタバレ解説

少女連れ去り事件の犯人・新浜が京都で殺されているとの連絡を蒲原から受け、マリコ達は急ぎ京都へと戻った。
新浜殺害へと繋がる証拠を探すため、指名手配されるきっかけとなった強盗傷害事件の現場を調べ直すこととなった。
強盗傷害の被害者とされる顧問税理士の結城隆司の転落実験を繰り返し、ケガの仕方がまるで自分から転落したように不自然であることが判ってくる。
また、強奪されたとされるタクシーのドライブレコーダーから、タクシー運転手・永井孝良の供述にも嘘があったことが明らかとなった。
調べていくと、新浜、結城、永井の3人は同郷であることが判明する。
短い間ではあったが、熊谷刑事も同郷であった。
被害に遭った少女・桃香から新浜が彼女のポーチに忍ばせていた物がUSBメモリであったと聞かされていたマリコ達は、新浜達3人の狙いが経営コンサルタント会社から金を奪うこととは別にあると睨む。
また、防犯カメラの解析の結果、新浜が殺害される前に駅以外で唯一写っていた映像に、大して経たぬうちに熊谷の姿も写っていたことも判り、マリコは熊谷から話を聞くために、蒲原と共に和歌山へと向かった。
熊谷は新浜殺しは否定したが、新浜と知り合いだったことは認め、昔のことを話し始めた。
新浜が大切にしていたスタンプカードの「米田」は、空腹のあまりおにぎりを万引きしようとした3人を止めた熊谷が連れて行った食堂だった。
あまりお金を持っていない彼らに、米田の主人夫婦は皿洗いなどの手伝いをする代わりに食事をさせてくれたのだ。
スタンプは、その証だった。
しかし、熊谷が引っ越した後、米田夫婦は借金に追われて全てを失い揃って命を絶ってしまった。
そうなる前に新浜から電話で助けを求められた熊谷だったが、自分に何が出来る訳でもなく、「地元の大人達に話せ」と応え、結果的に新浜達を見捨ててしまったという傷を抱えていたのである。
話を聞き終えたところへ、永井の他殺体発見の知らせが入る。
遺体の傍からは水没したUSBメモリが見つかり、更に現場の近くには3人がアジトにしていたとみられる建物も見つかった。
その建物を調べたマリコは、そこで爆弾が作られた痕跡を発見した。
マリコに呼ばれて日野所長以外の全員が臨場し、科学捜査を進めていく。
一方の日野所長は、新浜が持っていた血だらけの紙の鑑定を進め、そこから図面を浮かび上がらせる。
京都と和歌山の両方の科学捜査の結果、そして熊谷の持っていた情報から、結城が爆弾で狙う場所と相手が割り出された。
場所は「米田」の跡地に建てられたホールで、そこでは正に米田夫婦を死に追いやった議員と県警幹部が招かれているイベントが開かれていた。
蒲原と熊谷はボランティアとして入り込んだ結城を探し出し取り押さえようとしたが、もみ合った末に爆破スイッチを押されてしまった。
しかし、爆発は起きなかった。
マリコ達が爆弾を特殊なシートで包み、起爆の信号を遮断していたのである、
それからマリコ達はステージ上で議員と県警幹部を糾弾し、蒲原は新浜および永井殺害の実行犯を取り押さえたのだった。

『科捜研の女 Season19』あらすじ

20代男性
科捜研が爆発を防いだのがとてもすごいと思いました。爆弾を巻くだけで爆発を防ぐとかすごいことを考えたなと思いました。ゆうがおのために今回のことを考えたのがとてもすごいと思います。熊谷とマリコがいいコンビでよかったです。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
"パンダリュックの威力はすごいな、と思いました。 和歌山に行きたがるマリコさんと許可しない刑事部長の背後に、佐伯本部長がカットインして来たかと思ったら、珍しくマリコさんの味方をしてくれました。 不思議に思っていたところ、その理由は、孫へプレゼントにパンダリュックを買って来てもらいたかったからでした。 公私混同もいいところです。 マリコさんには即座に断られたものの、ラストでは呂太くんが気を利かせて買って来てくれていて、ご満悦の本部長でした。 ただ、呂太くんが気を利かせた、という所長の話には少々引っかかりを感じました。 あの呂太くんは、そんな思考が働くようには見えません。 「自分のお気に入りのパンダリュックを皆にも」と沢山買って来て、受け取ってもらえなかった分が本部長のところへ回っていったのではないかと思っています。"【5段階評価-5.面白い】
40代女性
和歌山県警の指揮を執っていたあの一課長は悪の末端だと睨んでいたのですが、奴はただの組織の駒であったことに拍子抜けしました。議員と癒着している警察関係者はもっと上に居るとしても、一課長も悪の手先として甘い汁を吸って悪事に加担しているのだとばかり思っていました。しかしながら、終わってみれば、自分の考えなどなく単に上から言われたことにホイホイ従うだけの小さな男でした。そして、和歌山県警の他の刑事さん達も、上の悪事の一端が明らかになっても誰一人として全く動かなかったところは情けなかったです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
先週から続いていた事件の解決編となるお話でした。科捜研の女は1話完結のものが多かったので、1週間次はどうなるんだろう…?と待つ感覚がとても新鮮でした。引ったくりから始まった事件が次々と展開していくのも面白かったです。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
"何だか悲しい物語だった。 小さい食堂をただ守りたかった三人の男の子の気持ちを思うと、汚い大人がいる事が嫌になるなぁ。 復讐を止めたい刑事もやるせないなぁと思った。 子供の貧困の話しは見てて悲しくなってしまいます。"【5段階評価-5.面白い】

『科捜研の女 Season19』Twitterからの口コミ

■テレ朝公式アカウント▶︎@post_tvasahi

【第8話】ドラマ「科捜研の女 Season19」見逃し無料視聴リンク

▶︎第8話・ドラマ「科捜研の女Season19」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

☆ドラマ「科捜研の女 Season19」総合まとめページ

▶︎ドラマ『科捜研の女 Season19』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 沢口靖子)

-2019春ドラマ, テレビ朝日
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.