ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ テレビ朝日

ドラマ『科捜研の女 Season19』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 沢口靖子)

投稿日:

2019年春ドラマ『科捜研の女 Season19(毎週木曜20時/テレビ朝日)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演・沢口靖子。共演に内藤剛志、若村麻由美、風間トオル、金田明夫ほか。

ドラマ『科捜研の女 Season19』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 沢口靖子)

■第26話『科捜研の女 Season19』ネタバレ感想

【第26話】公式あらすじ
新年を迎え、初詣に訪れた神社で、榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研メンバーたちは、宮司の妻・深守教子(平井三智栄)の遺体を発見!
教子は御神燈(石灯籠)の台座の一部で頭部を殴られ死亡したとみられる。凶器となった石から指紋は出なかったが、代わりに手袋痕が検出された。
今回の事件は捜査一課ではなく、広域サイバー捜査係の蒲原勇樹(石井一彰)と堀切徹(中村俊介)が担当することに!事件の起きた神社に住み込みで働く浜内詩帆(高田里穂)の動画がネット上で拡散された後、彼女を狙う悪質な人物による脅迫文が神社のホームページに書き込まれていたからだ。
書き込みをした人物により、詩帆と背格好や髪型の似た教子が間違われ、殺されたのではないか?
実は、夫からのDV被害に悩み、神社にかくまってもらっていたことを打ち明ける詩帆。一方、夫でトラックドライバーの浜内通彦(山根和馬)は、ネット調査会社に詩帆の調査を依頼していたらしい。妻を狙うストーカーと化した夫の凶行を物語るように、現場からは大型車用のエンジンオイルが染みた布も見つかっていた。
嫌疑は十分な通彦だが、下手に接触して刺激をすれば、詩帆を危険にさらしてしまう…。さじ加減の難しい捜査を蒲原はどう乗り切るのか?
やがてマリコは重要な手がかりをつかみ、大きく真相に迫る!! 科学鑑定により見えてきた、事件の背後に隠された恐るべき悪意の正体とは…!?
ゲスト:中村俊介、高田里穂、山根和馬
【第26話】感想
近日更新予定です。

■第27話『科捜研の女 Season19』ネタバレ感想

【第27話】公式あらすじ

老舗フレンチ『シェ・オバタ』総料理長の池住政司(横堀悦夫)が厨房で殺害された。榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研メンバーが調べたところ前頭部に挫創があり、鈍器で殴られたものと見られた。
実は、社長交代騒動が起きていたという『シェ・オバタ』。創業者の息子で現社長の小畑常治(浅野和之)が退任して、池住が社長に就任する予定だったという。2代目社長の小畑に料理の才能はなく、ひたすら事業拡大を推進。その経営方針に反発する従業員も多く、被害者の池住が“クーデター”を起こしていたのだ。
そんな中、従業員たちが池住と口論する小畑社長の姿を目撃しており、疑惑の目は彼に注がれる。
クーデターにより社内で孤立無援となった小畑は、“PyuuTuber”に転身し、毎日、自作の料理動画を配信しており、犯行時刻にも動画撮影を行っていたと証言。撮影はカメラを止めず、ノーカットで配信されていたため、アリバイは完璧だった…。 しかし、本当にアリバイが成立しているのかを検証する為に、マリコは、本当に実証実験を試みる! なんと自ら被害者と同じ料理を作り、“PyuuTuber”に…!?
果たしてアリバイを崩すことはできるのか?
一方、土門薫(内藤剛志)は、『シェ・オバタ』にまつわる新たなスキャンダルを掴み…!?
やがて明らかになる予想外の犯行動機と、事件の背後に隠された思いとは?

ゲスト:浅野和之、丹羽貞仁、横堀悦夫、坂西良太、大竹悠義、大松絵美、はるあん、山﨑萌香

【第27話】感想
近日更新予定です。

■第28話『科捜研の女 Season19』ネタバレ感想

【第28話】公式あらすじ

テレビ局のアナウンサー・七海真友(野呂佳代)が自室で殺害され、榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研メンバーが臨場する。
“痩せられない女”こと七海はバラエティー番組のダイエット企画に挑戦中で、腕には消費カロリーなどを計測するスポーツウォッチも装着していたが、何故か死亡直前に大量の出前を発注しており、部屋にはピザ、寿司、中華などの配達員が押し寄せていた…。さらに、現場からはプロテインの成分も検出されていた…。これは犯人が残したものなのか?
七海を指導していたのは、厳しさが売りのジム『Queen-body』で、“絶対に痩せさせる女”の異名を持つトレーナー・二宮美音(青山倫子)。美音は、七海と口論する様子も目撃されており、疑惑の目が向けられることに。
しかも七海は『Queen-body』とライバル関係にあり、「無理せず、ゆったり」をモットーにしたジム『からだゆーとぴあ』にも通っていたことが判明!
なぜ被害者はジムを掛け持ちしていたのか。マリコと土門薫(内藤剛志)は、『からだゆーとぴあ』のトレーナー・辻井弘明(賀集利樹)からも話を聞くことに。
やがて美音のとんでもない疑惑が発覚!? そこでマリコが行う鑑定とは?
さらにスポーツウォッチのデータに関する疑問も浮上し、橋口呂太(渡部秀)、涌田亜美(山本ひかる)、蒲原勇樹(石井一彰)が体を張った実証実験に挑む!
被害者が生前、SNSに『嘘つきは嫌い』という言葉を残していたことも判明するが、その意味とはいったい?
マリコの鑑定が驚きの真相をあぶり出す!!

ゲスト:青山倫子、野呂佳代、賀集利樹、なかやまきんに君、今藤洋子

【第28話】感想
近日更新予定です。

■第29話『科捜研の女 Season19』ネタバレ感想

【第29話】公式あらすじ

スーパー銭湯アイドル・十文字政宗(柏原収史)の楽屋で白骨化した頭蓋骨が見つかった!
榊マリコ(沢口靖子)と涌田亜美(山本ひかる)が臨場。頭蓋骨は成人男性のもので他の部位の骨も見つかる。刃物で傷ついた骨もあり、殺害が疑われる状況だが、DNAデータベースに該当者はいなかった。
18年前に歌手デビューし、すぐに表舞台から姿を消した十文字。3年前からアルバイトをしている銭湯でまた歌い始め、人気者になったが、それまでの足取りは不明。骨と共に2人の男が映る不鮮明な写真も見つかり、うち1人は十文字と顔の特徴が一致。謎多き歌手には濃厚な嫌疑がかけられる。
白骨化した男性には、通常12対の肋骨が13対あるという特徴が。さらに外科手術痕を手掛かりに、風丘早月(若村麻由美)が身元を調査する。
一方、マリコら科捜研メンバーは骨を持ち込んだ人物を突き止めるため、楽屋から検出された女性の“素足痕”を元に、なんと十文字のステージを見に集まった女性客全員から足裏の痕を採取! だが堀之内希和(左時枝)がその場から逃げてしまい…!?
マリコらは希和を追い、自宅を訪ねて風呂場から素足痕を採取するものの、本人は依然、行方不明。
さらに白骨の身元は14年もの間、音信を絶っていた希和の息子、堀之内寛太郎(西尾塁)だという驚がくの事実も判明する!!
しかも寛太郎には十文字とつながりがあったことも分かり、土門薫(内藤剛志)が厳しく追及するのだが…。
十文字と寛太郎の間に何があったのか? そして骨を持ち込んだ犯人の意図とはいったい?
複雑に入り組む事件の真相に、マリコが科学鑑定で光を当てる!!

ゲスト:柏原収史、左 時枝、しゅはまはるみ

【第29話】感想
30代男性
スーパー銭湯アイドルだったから純烈のゲスト出演での登場かと思いましたが、まさかの柏原崇で意外にも似合って違和感が全くありませんでした。しかし、ストーリー自体は今回はあまりミステリー感があまり感じられなかったのがちょっと残念でした。
30代男性
人骨らしき頭蓋骨をプレゼントされた張本人の歌手である石川政宗と刑事の蒲原に言われた事を訂正して、政宗が自身の事をスーパー銭湯アイドルの十文字政宗とカッコ良く言い直す所に天狗になってしまった心理が露呈していて謙虚さに欠ける所が情けない。
30代男性
今回は過去に殺された遺骨を調べるのがメインでしたが、まさか殺していたのがお義兄さんで、過去に借金を返すためのお金が欲しいがために殺害したという、かなり身勝手なことをしていた上に、バレなかったことをいいことに、普通に生活していたことに驚きました。
30代男性
真犯人の判明の仕方が唐突だったように感じました。希和の家の風呂場から希和以外の素足痕が出て来たことは、真犯人相手に謎解きする時まで話に登らず、伏線にはなっていません。政宗の楽屋でスープをこぼした希和が床まで綺麗に拭いたようには見えなかったのに、座布団にしか素足痕がなかったのも不自然です。動機の描写もいきなり感があって、そこからラストのちょっといい話までの一連の流れにはガッカリしました。
30代女性
十文字政宗を演じていた柏原収史さんのとても素敵な歌声に驚きました。私が知らなかっただけで、歌の活動もされているのかもしれないと思いました。雰囲気も抜群で純烈を彷彿とさせる本物の銭湯アイドルに見えました。

■第30話『科捜研の女 Season19』ネタバレ感想

【第30話】公式あらすじ

公園で女性の殺害遺体が発見され、榊マリコ(沢口靖子)らが臨場。状況から殺害現場は他の場所と考えられた。
被害者はブログで人気を誇る“節約の達人”柴崎佐江(菊地美香)だと判明。だが実は贅沢が大好きな佐江は、儲けるためにブログを書いていた“ビジネス節約家”であり、節約情報を提供していた“ゴースト”の存在も浮上する。
一昨日、夫婦喧嘩をし、家を出て行ったきりだという被害者。直接の死因は、後頭部を鈍器で殴られたことだが、背中や両腕にも亡くなった後についた奇妙な線があった。胃にはパン、卵、タマネギ、牛脂、胡椒が残っており、節約料理と見られたが、何の料理かまでは不明だった。
遺留品の指紋から、“本物の節約の達人”園田逸子(松岡依都美)を見つけ出す科捜研メンバーたち。逸子は、佐江と半年ほど前に出会って以来、節約の知恵を無償で提供しブログに協力していたという。家出した佐江を自宅に泊めたことも認めるが、“殺人のような金がかかる無駄はしない”という驚きの理由で殺害を否認。マリコらを追い返してしまい…!?
そんな中、新たに浮上した容疑者は、逸子の実母で別居中の園田志乃(筒井真理子)。20年前に発生した殺人事件の犯人で、なんとその罪を娘の逸子になすりつけようとしていたという。当時、母娘に何があったのか? 2人の根深い確執の裏にある真実とは…!?
被害者が最後に食べた意外な物と、思いもよらぬ殺人トリックをマリコが突き止め、現在と20年前に起きた事件の真相を解き明かしていく!

ゲスト:松岡依都美、筒井真理子、日野陽仁、菊地美香

【第30話】感想
近日更新予定です。

 

『科捜研の女 Season19』あらすじ

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描き、“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーを展開してきた「科捜研の女」。1年間のレギュラー放送ということで、そんなドラマの魅力に京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれていくことでしょう。

『科捜研の女 Season19』CAST&STAFF

沢口靖子

1965年6月11日(53歳)大阪府出身

主な作品
テレビドラマ
『新選組!』
『シングルマザーズ』
『サラリーマン金太郎2』
『古畑任三郎』
『秀吉』
『ホテルウーマン』


映画
『校庭に東風吹いて』
『ひめゆりの塔』
『竹取物語』

内藤剛志

1955年5月27日(63歳) 大阪府出身 阪口京子事務所事務所

内藤剛志 - NHK人物録
内藤剛志 - テレビドラマデータベース
内藤剛志 - allcinema

主な作品
映画
『悪役パパ』
『はぐれ刑事純情派』
『山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』


ドラマ
『ホテルウーマン』
『家なき子』
『QUIZ』
『わかば』
『科捜研の女』
『水戸黄門』
『警視庁・捜査一課長』
『十津川警部シリーズ (内藤剛志)』

『科捜研の女 Season19』Twitter

■テレ朝公式アカウント▶︎@post_tvasahi

『科捜研の女 Season19』ネタバレ・視聴者の感想(1話〜最終話まで)

ドラマ放送開始後、更新していきます。

-2019春ドラマ, テレビ朝日
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.