ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ NHK

【第1話】ドラマ『麒麟がくる』ネタバレと視聴率。正統派大河ドラマと話題に。OPの演出が最高と絶賛

投稿日:

2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる(毎週日曜20時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に長谷川博己、門脇麦、岡村隆史、石川さゆり、西村まさ彦、高橋克典、上杉祥三、尾美としのり、伊藤英明、川口春奈、染谷将太、堺正章、本木雅弘 他

NHKドラマ『麒麟がくる』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『麒麟がくる』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第1話:視聴率】19.1%

第1話『麒麟がくる』あらすじ

明智光秀は、領地や田畑を荒らす野盗を撃退したときに、鉄砲という驚異な武器を目の当たりにする。光秀は鉄砲とはどういうものかを知りたいという好奇心からか、斎藤道三に掛け合い、美濃の国を守るために鉄砲の購入を進言し、堺への旅の許可が下りる。光秀は単身、堺へ向かうことになり、途中、野盗の襲撃に遭いながらも、無傷で堺にたどり着く。堺では松永久秀に出会い、光秀と久秀はともに杯を交わして意気投合し、鉄砲を手に入れる。光秀が次に向かった京は、荒れた都と化していた。そこで光秀が出会った医者・望月東庵は本当に名医なのかわからない中、大名同士の抗争によって町は大火事となる。光秀は、家事に遭った家に残された少女を助けるべく、自ら救出に向かう。光秀は無事に少女を救い出し、この火事を機に東庵は、光秀の誘いを受け、共に美濃に向かうのだった。

第1話『麒麟がくる』感想

40代男性
これが戦国時代の大河ドラマだと感じました。映像がきれいで雄大で、セットもすばらしく、衣装もあざやかでした。配役も申し分なく、十兵衛(光秀)は若々しくやる気があり、道三は頑固な様子でした。荒れ果てた京都が描かれているのを見て驚きました。架空の人物の東庵と駒が、庶民の気もちや考え方を伝え、十兵衛に影響を与える大事な役だと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
伊藤英明さんは、金曜のTBSのドラマ「病室で念仏を唱えないでください」では、僧侶でありながら医師という役で、日曜日は武士の役を演じていて、鍛え上げたカラダですが和服がよく似合うなと思いました。語りを担当している、市川海老蔵さんとは、プライベートで親しいそうなので、市川海老蔵さんも1回でも良いので、演者としても出演してくれると良いなと思います。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
いいねーかっこいいよ。見たかった大河ドラマが始まったって感じ。やっぱり大河ドラマはこの重厚な感じがないとね。それにしてもカラフルな衣装だねー。衣装の担当の人がカラフルに作りたいって言っていたけど、村人までがあんなにカラフルとは‥そこまではやりすぎだったのでは?【5段階評価-5.面白い】
40代女性
明智光秀を演じる長谷川博己さんが、若武者を演じていて、とても爽やかでいながら、強さも感じられてすごくかっこいいなと思いました。。侍や、村人たちの衣装も色鮮やかですごくきれいで、こだわっている感じがして新しい大河だなと感じました。【5段階評価-5.面白い】
20代男性
これまでの大河ドラマは、オープニングは登場人物がうつることは少なかったのですが、重々しいテーマ音楽のバックに長谷川博己さんがうつるシーンもあり、ゾクゾクするほど、かっこよかったです。登場人物の役名と役者名の字体も男らしさが感じられてワクワクしてきました。【5段階評価-5.面白い】

第1話『麒麟がくる』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@nhk_kirin

ドラマ「麒麟がくる」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.