ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ東京

【第1話】ドラマ『孤独のグルメSeason8』ネタバレと視聴率。舞台は、横浜中華街からスタート!!

投稿日:

2019年秋ドラマ『孤独のグルメSeason8(毎週金曜24時12分/テレビ東京)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に松重豊。

ドラマ『孤独のグルメSeason8』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

『孤独のグルメ』シリーズ・スペシャルも配信中♪

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題独占配信作品も多数!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

【第1話】ドラマ『孤独のグルメSeason8』視聴率とネタバレ、感想、口コミ

【第1話】視聴率:近日更新予定です。

『孤独のグルメSeason8』第1話 ネタバレ解説

五郎は横浜の中華街で肉まんを食べながら、肉まんが上手い季節になったと言う。又、ふかひれと、おこげのスープを堪能する。五郎は仕事をたのまれたワン先生を訪ねる。そこは占い易所だった。ワンはインテリアの相談に来た五郎にアメリカンスタイルの自宅のインテリアの相談をしたいと言う。中華風の店とのギャップに驚く。おまけに占い師の競合が厳しいと相談され、五郎の運勢を見させろと言い、カード占いで食欲がないとか肝臓がどうだとか占いをされる。五郎はビンテージを扱っている業者を当たると答えて逃げて出てくる。お腹がすいた五郎は、さんざん迷い広東料理の店に入る。女将役が榊原郁恵で客に元ベイスターズの佐々木がいた。中華釜飯の看板メニューにひかれ腸つめ干し肉貝柱釜飯と、あひるのパリパリ揚げ、海老ワンタンメンとウーロン茶を頼む。あひるのパリパリ揚げは、美しい飴色で劇的に、ハオツーで、美味しく本日の勝利確定だと思う。甘い梅ソースをつけると更にうまい。さらに香港海老入りワンタンメンの麺はラーメンとは別物で上手く、ワンタンが、ずっしりの、雲を咀嚼するワンタンだと堪能する。釜飯は貝柱を、ごはんに混ぜ、腸つめ肉と食べると、和風の釜めしとは全く違う美味さだ。土の釜の中で肉料理と中華貝料理が灼熱の闘いを繰り広げて、そのエネルギーが母なる大地のコメに乗り移り、新たな生命を誕生させたとの巧みな表現をする。丸鳥の蒸し焼きは、塩気が絶妙で羽ばたく美味さだ。この広大な中華料理にジャングルで諦めずに、この小さな1軒を発見した自分を誉めたいと五郎は思う。4710円を払って土産を貰い、大吉を当てたと満足する。南粤美食という店の名前を見て、東南に吉兆ありとの占いを思い出して五郎は、にが笑いする。

『孤独のグルメSeason8』第1話 感想

近日更新予定です。

『孤独のグルメSeason8』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@tx_kodokugurume

https://twitter.com/kodoku_jouhou/status/1180144104371408898

【第1話】ドラマ「孤独のグルメSeason8」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.