ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ TBS

【第1話】ドラマ『恋はつづくよどこまでも』ネタバレと視聴率。佐藤健の”どS”イケメンぶりにSNSで話題沸騰中

投稿日:

2020年冬ドラマ『恋はつづくよどこまでも(毎週火曜22時/TBS)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に上白石萌音、佐藤 健。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題独占配信作品も多数!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』あらすじ、キャスト、原作(主演 上白石萌音、佐藤 健)

【第1話:視聴率】近日更新予定。

『恋はつづくよどこまでも』第1話 あらすじ

修学旅行で東京を訪れていた佐倉七瀬は、道に倒れていた女性を見つけ必死に助けを呼んだ。そこに現れたのはジョギングをしていた医師の天堂だった。天堂に会うために七瀬は看護師を目指して勉強を続けていた。そして七瀬は天堂のいる病院に研修に行くことになった。病院でばったり天堂に会った七瀬は思わず天堂に告白してしまった。しかし天堂は5年前のことは覚えておらず、「身の程をしれ!岩石」と冷たく言い放った。病院では、天堂は魔王と呼ばれているほど、患者以外には厳しい態度だった。失敗続きで落ち込む七瀬を小児科の患者の杏里が慰めてくれた。タオルの補充をした七瀬は杏里の異変に気がついた。病室に杏里の姿はなく皆で探し回っていると、自ら命を絶とうとしている杏里を発見した。七瀬は杏里に優しく語りかけ、杏里が七瀬の手をとろうとしたときに足を滑らせ、落ちそうになってしまった。杏里の手を必死に握る七瀬は、大声で助けを求めた。そして天堂が現れ、2人でなんとか杏里を助けることができた。

『恋はつづくよどこまでも』第1話 感想

20代女性
さくらは、天道先生に会うために看護師になったと話していて、あの時と同じように頭を触られたと思ったら、まったくの別人で驚いていてかわいそうだった。天道先生は、悪魔と呼ばれるほどのSで有名だったということで、人ってすごい。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
大声で助けを読んでくれてありがとうと言われたことが嬉しくて、恋をしてしまったななせ。運命の出会いを見つけて、いつかまた会うために看護師を目指そうとする姿が面白かった。そのために、看護の勉強を頑張るってすごい。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
自転車に乗っていたおばちゃんが倒れていて、助けてと呼んでいたら、男の人が助けに来てくれてかっこよく刺したり、なにかを飲ませたりと対応がよく、アナフィラキシーということを救急隊に伝えていて、いい人に出会ったなと思った。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
今回は佐倉が2015年に天堂と出会った時、すごく天堂がかっこよかったです。クールだけど医師として助けようとするところが良かったです。また天堂が佐倉にマフラーを巻いてあげるところが思わずキュンとしました。【5段階評価-5.面白い】

『恋はつづくよどこまでも』第1話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@gsenjou_tbs2019

【第1話】ドラマ「恋はつづくよどこまでも」を見逃し動画無料フル視聴

-2020冬ドラマ, TBS
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.