ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ テレビ朝日

ドラマ『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 速水もこみち、松井愛莉)

投稿日:

2020年冬ドラマ『この男は人生最大の過ちです(毎週土曜26時30分/テレビ朝日)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

W主演に速水もこみち、松井愛莉。共演は、 田中道子 入江甚儀 片山萌美 平岡祐太ほか

ドラマ『この男は人生最大の過ちです』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの「Hulu」がオススメ!!

月額「933円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題です♪追加料金なし!!

現在、2週間無料キャンペーン実施中!!

→『Hulu』無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

■第1話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第1話 公式あらすじ
天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井愛莉)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。「生き返る薬、開発しろよ~」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。
「死んだものは生き返らない」。その代わりに、過剰摂取すれば、すぐにでも犬に会える薬を教えると言う。さらに「無駄吠えは家でやれ」と、容赦ない言葉を連射。すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせると、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。その男が、自社の社長、天城恭一(速水もこみち)であることも知らずに…。
翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。しかし、天城が唯に告げた言葉は「僕を奴隷にしてください」だった。

【出典;第1話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第1話 感想
40代男性
今回見ていて1番笑ってしまったのは、天城社長が階段を滑り降りた時の妙なポーズでした。普通に降りて登場すればカッコいいはずなのに、無駄に訳の分からない行動をとる所も個人的にはこのドラマの魅力だと思っています。実はあんな格好で階段を滑り降りようとすると意外と難しいように思うので、さすがだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
社長室でのシーンが一番面白い。奴隷にしてください宣告で一発きめて、からの別のシーンを挟んで奴隷と主人の構図でありながら、奴隷になってない、失格です見たいなこと言ってる段階でその主従関係受け入れてるやないかと突っ込んでしまう。最後の私に二度と近づかないでという宣言を忠実に守っているのかと思いきや、一波乱ありそうです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
派遣社員の佐藤さんが、バーで会った派遣先の社長に一目惚れならぬ奴隷志願される先が読めないドラマのスタート。奴隷志願されてから、社内では色々優遇されるがその待遇に社長に対して逆ギレ奴隷志願のくせにやっていることはご主人に奉仕しているのでなく、奉仕することを強要していると社長に切れ、社長に対して気持ち良い攻撃しご主人様命令で「二度と関わるな」と強く発言すると命令通り社長は係わらなくなるがその反応に対して寂しい気持ちなってそうな佐藤さん、近付くと嫌になり距離を置かれても嫌になる我が儘な女心の変化楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
愛犬が病気で亡くなったのをやけ酒で紛らわしたその日に運命を変える時間が一瞬にして訪れるとは。自社の社長の顔を知らないのは契約社員なのかな、速水もこみちさんのドMの演技がフラットなのがこの世界観を引き立たせていて見ていて面白いです。結ってるのは正しいけど会社を私物化するなと思ってしまうのは私だけでしょうか。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
正直私の印象としては、微妙というのが一番に残る。なぜなら、いかにもありきたりな展開だってからだ。花より男子でもなんでも、気の強い女子に惚れてしまう身分の高い男の人とその女の子の恋愛ってよくありすぎる、ありきたりすぎる!と思ってちょっとがっかりした。タイトルはめちゃくちゃかっこいいのに、内容でがっかりしたのできっとこれからは見ない!!!【5段階評価-5.面白い】

■第2話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第2話 公式あらすじ
天城恭一(速水もこみち)が佐藤唯(松井愛莉)の言い付けを守り、唯に関わらなくなって数日、唯は愛犬を亡くして初めての誕生日を迎える。一人きりの寂しさに襲われ、なかなか寝付けない唯。よりによって外は嵐。窓に打ち付ける風が気になり唯がふと外をのぞくと、そこには風雨の中、花束を手に立ち続ける天城の姿が!無視を決め込む唯だが、しばらくしてサイレンの音が響き渡り…!?
後日、唯は先輩の石川麻美(片山萌美)に誘われ合コンに出かける。相手はライバル製薬会社の宮川(ショーゴ/東京ホテイソン)と姫田(たける/東京ホテイソン)。店の片隅には、またしても恭一の姿が!気持ち悪さを紛らわそうと酒をあおる唯。しかし、その酒にはある罠が仕掛けられていて…。

【出典;第2話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第2話 感想
近日更新予定です。

■第3話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第3話 公式あらすじ
天城恭一(速水もこみち)の誕生日会が大々的に催される。招待を受けた佐藤唯(松井愛莉)は頑なに出席を断るが、社長秘書の名取蒼(入江甚儀)から、パーティーで天城のメンツに泥を塗れば、天城との縁を切れると言われ、しぶしぶ出席を承諾する。
会場に到着した唯は、招待客の多さと各界の要人が居並ぶ雰囲気に圧倒される。その中には天城の父で会長(渡辺裕之)の姿も。天城は父に、唯を「僕の大切な女性です」と堂々と、かつ一方的に紹介。周囲が一瞬静まり返ったところで唯はすかさず、恭一の事を「心の底から気持ち悪い!」と言ってのける。再び訪れた静寂に、唯は「立派にやらかした」と確信。さらに、天城の首を締め上げたり、顔に水をぶちまけたり、十分に天城のメンツを潰して会場を後にする唯。だが、その胸中にはひとつ心残りがあった。それは…。

【出典;第3話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第3話 感想
30代男性
天城の秘書・名取が、パーティー後に唯を送り届け、姿を見送った後に、何故あんなに慌てて走り出したのかが謎のままだった。何度見返しても判らなかったけれど、彼のキャラ設定的に「突然意味も無くそんな事をしちゃう人」なのかも知れない。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
最初は本当に嫌だったのかも知れないけれど、天城が自分本位なだけのストーカーとは違う事に唯も気付いているだろう。だからこそ、他の女性に言い寄られた姿を見てイラッとしてみたり、理由を付けて携帯に掛けたりしているんだろうと思いました。【5段階評価-5.面白い】
50代男性
今回も天城の行動は気持ち悪かったです、首を絞められて最高です!左藤さん最高の誕生日プレゼントをありがとうございますと喜び唯に噛みつかれ感激興奮したりかなりきもくて笑えます、でもこの天城こう見えて製薬会社社長とすごい人なんです、次回秘書名取も加わってますます面白くなってきます。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
原作漫画を読んだことがあるが、ドラマも忠実にとても楽しめています。速水もこみちの愛情表現の異常さが面白いです。パーティーでワインを頭からぶちまけたり、松井愛莉が水をかけたり漫画で分かっていても、見入ってしまいました。次回も楽しみにしています。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
またもや最高です!速水もこみちさん、どれだけカッコよくて、どれだけ面白いの!?と、もう感動の域に達しています。声を出して笑ってしまうわ、胸キュンさせられるわ、視聴するのがこんなに楽しいドラマはそうそうありません。3話では社長秘書も佐藤さんの事を好きになっちゃって、ますます面白くなってきました。【5段階評価-5.面白い】

■第4話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第4話 公式あらすじ

佐藤唯(松井愛莉)は再び社長秘書の名取蒼(入江甚儀)に懇願され、天城恭一(速水もこみち)との温泉旅行に駆り出される。今回は唯と名取が恋人になったふりをして、天城を諦めさせるという作戦を計画。石川麻美(片山萌美)もその仲間に加わる。
旅行当日。唯は名取の雑な距離感の縮め方に嫌悪感を抱くも、作戦を全うすべく必死に堪え続ける。しかし、その甲斐なく天城には何の変化も現れない。
そんな中、酔っ払った麻美の介抱をするために名取が中座。間が持たない唯は天城に酌をし続ける。その結果、天城も泥酔。唯が注いだ酒で死ぬなら本望と、天城は恍惚感とともに寒空の外廊下に倒れこむ…!?
さすがに放って置くこともできず、唯は天城を部屋まで連れて行く。そこで図らずも、唯は天城と二人きりになってしまい…。

【出典;第4話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第4話 感想
30代男性
今回の放送を見ていて1番気になったのは次回登場するエレベーターの中で唯にアゴクイした男性と、天城社長に親しげに抱きつくサエという綺麗な女性でした。2人は社長の同級生みたいでしたが、2人が加わる事で唯と天城社長の間にどんな変化が起きるのか楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
名取と唯が恋人になったと思わせることで、恭一に諦めさせようとしました。しかし、恭一が本物の奴隷気質ならば、完全に作戦は裏目に出ます。主従の繋がりがしっかりできていれば、直接の痛みだけでなく精神的苦痛でさせ喜びになってしまうのです。【5段階評価-5.面白い】
50代男性
最初から最後まで天城社長が唯の気を引くために考えた作戦だったという事に驚きました。名取は最初はクセが強くて厄介な奴だと思っていましたが、実は天城社長の命令に忠実に従っていただけで、今回も言われるがままに動いていただけだったという事が分かって、ちょっと可哀想になりました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
今回は唯の隠れSっぷりはあまりでませんでしたが、襲われそうになってきめた背負い投げは鮮やかでさすがだなという感じがしました。天城社長は相変わらずの変態さで、考え方も行動も全てがぶっ飛んでいるので、見ていて面白かったです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ゆいちゃんと付き合っているフリをしてゆいちゃんにベタベタする名取さんに、いつ社長が切れてしまわないかそわそわしてしまいました。先輩である麻美さんがナイスキャラクターすぎて、とてもいい味を出していて良かったです。【5段階評価-5.面白い】

■第5話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第5話 公式あらすじ

佐藤唯(松井愛莉)は、天城恭一(速水もこみち)の車に落としたイヤリングを受け取るため、ある会議場を訪ねる。そこで唯は、エレベーターで二人きりになった男から、いきなり“アゴクイ”をされてしまう!
男は医師の藍田航之郎(平岡祐太)。手術成功率100%を誇るスーパードクターで、天城の大学時代の同期。また、同じく同期でノーベル賞候補の研究者、三島冴(田中道子)までが登場し、唯は彼らの超高スペックさに圧倒される。
そんな2人に、天城は唯を「僕の恋人」と紹介。だが、冴は唯の否定を待たず「恭一は私のもの」と宣言する!
その後、3人に巻き込まれて一緒に食事をすることになった唯は、冴と天城の親しい関係を目の当たりにする。
一方唯は、「犬好き」という共通点を持つ藍田と徐々に親しくなり…。

【出典;第5話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第5話 感想
30代男性
ノーベル賞候補の研究者の三島冴が天城恭一に積極的に近付いて抱きついたりキスをしたりする場面での佐藤唯の冷めた反応は印象的でした。天城恭一への嫉妬心もなくただ冷め気味という状況を見て佐藤唯が天城恭一への気持ちは現状ないなと感じました。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
新しく2人登場人物が増えましたが美男美女だなと感じました。変わり者が入ってきてまた荒らすんだろうなと感じました。医師の藍田が天然でドアにぶつかったりするがむちゃくちゃ渋いコメントしたりとギャップが印象的で好きな存在です。5段階評価-5.面白い】
30代女性
エレベーターで見知らぬ人と二人きりで、いくら自分が医学博士だからといって顔色が良くないというそれらしい理由でアゴクイして顔色チェックとは。さすが、社長の同期、類は友を呼ぶってこのことかな?と思ってしまった。
40代男性
藍田航之朗と三島冴が加わり、ますます面白くなっときたなと感じました。そして、冴の恭一に対するアピールが凄いのに驚きました。唯の前でキスをされたときに、恭一にはもっと全力で怒ってほしかったなと思いました。
30代男性
佐藤がイヤリングを探していたのがとても面白くてよかったです。社長が佐藤のイヤリングにキスをしていたのが笑えてよかったです。佐藤が社長を引きずっていたのがとても面白くてよかったです。三島が社長に抱きついていたのが驚きました。

■第6話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第6話 公式あらすじ

犬の情報を交換するため、連絡を取り始めた佐藤唯(松井愛莉)と藍田航之郎(平岡祐太)は、天城恭一(速水もこみち)を含む3人でドッグランに出かけることになる。
ところが当日、天城は予定をキャンセル。代わりに三島冴(田中道子)と過ごすと藍田に告げる。それを知った唯は、心にざわつきを覚えながらも、藍田の愛犬とともに久々にストレスフリーの時間を過ごす。
その間、天城からの不在着信は100件以上に!かけ直さなければ永遠にかかってくることを知っている唯は、嫌々ながら天城に電話をかける。すると、電話にはホテルにいるという冴が出て…!
後日、冴は多能性細胞開発成功に関する記者会見で、意中の男性が天城であることを公に宣言。隠し撮りされた二人の親密な写真も流出!
それまで、自分以外の女性と何かあるわけがないと確信を抱いていた唯だったが…。

【出典;第6話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第6話 感想
30代男性
藍田先生と車の中で急接近したシーンにはドキドキしちゃいました。あんなイケメンとあんなに顔突き合わせたらやばいです。しかも車の中でも、佐藤さんに興味あるとか急に先生って呼び方やめてとか、思わせぶりがすごくて面白かったです。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
藍田先生が可愛すぎました。カフェに行ってパンケーキ頼むだなんて、あの無愛想なキャラクターとのギャップがありすぎて面白かったです。子供とワンちゃんと無邪気に遊ぶ姿も、怖そうに見えてすっごく優しくて素敵でした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
さえさんのキャラクターが強烈過ぎました。まさか、記者会見で社長にアピールするなんて流石過ぎます。さらによったフリをして社長に迫っちゃうあたりも、すごかったです。一瞬社長も乗ったのかと思ってびっくりしました。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
6話を見ていて思ったのは唯がどんどん天城社長の事を男として意識しているなという事でした。唯が会社で冴の会見の様子を見た時もそうでしたが、冴の言動に振り回されているようで、本人は否定していましたがもう好きになってしまったように見えました。今後どうなっていくのか楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
ホテルでの三島冴の積極果敢な天城へのアプローチは凄いなと感じました。ただやはりこういうシーンを見ると女性は控えめなほうが良いなと感じてしまいました。この三島冴の存在が天城と佐藤唯を繋げる重要な要因、要員になるんだろうなと感じました。【5段階評価-5.面白い】

■第7話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第7話 公式あらすじ

佐藤唯(松井愛莉)は、天城恭一(速水もこみち)の車に落としたイヤリングを受け取るため、ある会議場を訪ねる。そこで唯は、エレベーターで二人きりになった男から、いきなり“アゴクイ”をされてしまう!
男は医師の藍田航之郎(平岡祐太)。手術成功率100%を誇るスーパードクターで、天城の大学時代の同期。また、同じく同期でノーベル賞候補の研究者、三島冴(田中道子)までが登場し、唯は彼らの超高スペックさに圧倒される。
そんな2人に、天城は唯を「僕の恋人」と紹介。だが、冴は唯の否定を待たず「恭一は私のもの」と宣言する!
その後、3人に巻き込まれて一緒に食事をすることになった唯は、冴と天城の親しい関係を目の当たりにする。
一方唯は、「犬好き」という共通点を持つ藍田と徐々に親しくなり…。

【出典;第7話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第7話 感想
30代男性
昔のことを隠す天城を見て、過去にいったい何があったのか気になりました!そして、そんな天城の過去を知っている冴に、唯はヤキモチを焼いているなぁと感じました。昔の天城はこんな風じゃなかったんだろうなぁと思いました。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
凄腕の医師である藍田が水族館にやって来た理由を唯がいるからと呟く事で、唯の気持ちを揺さぶっていたのが凄く、藍田の愛犬に唯がプレゼントしたオモチャにジャレ合う写真を見せようとして違う写真を見せたのも上手く落とすための手段に思えてしまい、藍田のイヤらしさに感じてしまった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
唯の心の中の恭一への印象はまだ猟奇的な思考の持ち主と見ている反面、唯の事を想う気持ちに一点の曇りもなく純粋に好きで見てくれる貴重な存在と気付き始めているのがわかり、あと一歩という恭一と唯の関係性なのに、必ず現れるお邪魔ムシの冴にイライラさせられ楽しませてくれる。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
車の上からいきなり顔を出してくるなんて、かなりホラーだなぁと思いますが、天城がやると大爆笑です!ほんとにこんな役をやってもこみち大丈夫かな?と思いましたが、むしろ私の中では高感度が上がりました!これからも何をしてくれるのか楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
これまで唯に関わる人物は会社の先輩しか出て来ていない。誕生日にも天城以外からの連絡は無かった。その事が何気に気になっている。ショコラが亡くなったと泣いていた時も1人酒だった。そんな孤独を感じていても、天城に靡かない唯は凄いな。私ならきっとすぐ靡いてしまう。天城の周りにいる人みたいに。【5段階評価-5.面白い】

■第8話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第8話 公式あらすじ

残業中の佐藤唯(松井愛莉)の前に、天城恭一(速水もこみち)が現れ唯の空腹を満たすため豪華なディナーをオフィスに運び込む。
食事の最中、唯は天城が「褒められ嫌い」になった過去について話したくないと言ったことを蒸し返す。自分と天城は過去を共有するような仲ではないことにホッとしたと告げる唯。そんななか、唯に藍田からメッセージが送られてくる。2人が会うことを恐れた天城は、その過去を話す代わりに藍田と会わないという条件を唯に求め、一方的に話を始める…。

【出典;第8話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第8話 感想
30代男性
天城社長の過去を知ってしまった唯。褒められることが嫌いという理由が明らかになりました。唯はどうでもいいと思いながらもどこか気になってきているのではないでしょうか。これも全て天城社長の戦略なのかとも考えてしまいます。天城社長は藍田の存在だけが気になる様子ですが、唯としてはもう一度会わなければいけない理由があるようで、天城社長としては気が気ではありません。登場人物も増え、次回どうなるか楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
8話では唯のSっぷりと天城の変態さがほとんど出てこなかったのが少し残念で、物足りなく感じてしまいました。幼い頃から優秀で褒められてばかりの生活というのは普通ではあり得ない話だと思うので、天城社長があんな人間になってしまった事も納得できる気がしました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
冴と藍田のキャラがまだつかめてない中、天城と唯の展開が少しマンネリ感が漂っている感じがしました。しかし、松井愛莉のドSな態度が見た目のかわいらしい雰囲気とのギャップがあってかわいくてやっぱりこのドラマの見どころだと再確認しました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
冴と藍田のキャラがまだつかめてない中、天城と唯の展開が少しマンネリ感が漂っている感じがしました。しかし、松井愛莉のドSな態度が見た目のかわいらしい雰囲気とのギャップがあってかわいくてやっぱりこのドラマの見どころだと再確認しました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
副作用を強めるような薬を作れたことは技術的にはすごいことだと思います。だけど、人の命がかかっている時に、天城のことを叱らず褒めて、しかもその事実をもみ消してしまうなんて、なんて最低なんだろうかと思いました。【5段階評価-5.面白い】

■第9話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

第9話 公式あらすじ

天城恭一(速水もこみち)の過去を知った佐藤唯(松井愛莉)は、その重さに耐えかね、思わず藍田航之郎(平岡祐太)を頼る。ドッグランで藍田の愛犬・スヌープを遊ばせながら、複雑な胸の内を聞いてもらう唯。そこへ、藍田に急患の知らせが入る。藍田は病院に急行し、スヌープは唯が預かることに。 その晩、藍田がスヌープを引き取りに唯のアパートに現れる。玄関を開けた瞬間、藍田は唯をいきなり“床ドン”し…!?
一方、天城に強烈なモーションをかけ続ける三島冴(田中道子)の前には、捨てられた男、ユウキ(笠松将)が現れる。かつての遊び相手を冷たくあしらう冴。その行動が、とんでもない災いを引き起こす!!

【出典;第9話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

第9話 感想
20代男性
アメリカの研究チームからの誘いを受けた藍田は、唯の元へと向かった。そして指輪を差し出しながら「佐藤さんが好きだ。一緒にアメリカに来て欲しい」と告白。教授からアメリカ行きを打診された時、1番最初に浮かんだのが佐藤さんの顔だった。とか、すっかり天然ちゃんから男になっていた。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
唯の家に泊まった藍田が、翌朝目を覚ますと横で眠る唯の顔があって、愛おしく見つめる姿が良かった。更に、唯が立ち上がる時に、スヌープがナイスアシストをして、藍田に覆い被さる形になってしまった。そのまま強く抱きしめて「俺佐藤さんの事を…」の場面は最高でした。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
冴さんの強気キャラがすごかったです。押しが強すぎました。いきなり指輪の箱をぱかーんって空けて佐藤さんにプロポーズする藍田先生には驚かされちゃいました。付き合ってもないのにアメリカについてきてだなんて、話が急すぎて衝撃でした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
藍田先生と社長のバチバチ感が面白かったです。 社長からの電話にとりあえず無視しましょうと言う佐藤さんも、かなり笑えました。 藍田先生がすごい天然なんだけど、今回は佐藤さんに頑張ってアプローチしていてすごくよかったです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
藍田先生がついに佐藤さんに告白するのかと思ったら、いいところまで行って社長の電話に邪魔されてしまって残念でした。 このタイミングで電話してくるだなんて、まるで見ていたかのような感じで、さすがは社長だなと思いました。【5段階評価-5.面白い】

■最終回・第10話 『この男は人生最大の過ちです』ネタバレ感想

最終回・第10話 公式あらすじ

天城恭一(速水もこみち)が搬送された病院に、急ぎ駆けつける佐藤唯(松井愛莉)。病室に飛び込むと、そこには白布を掛けられ微動だにしない天城の姿が…!?
後日、藍田航之郎(平岡祐太)に会った唯は、ようやくハッキリした自分の本心を告げ、ある覚悟を胸にする…。

【出典;第10話 『この男は人生最大の過ちです』ストーリー

最終回・第10話 感想
30代男性
「ずっと嫌な予感はしてて。社長と居たら駄目になって行く一方で。逃げ出せなくて疲れました。社長の過去を一緒に背負う事は出来ないし、これ以上巻き込まれるのは正直無理です。やっぱり気持ち悪いです。」何でそうなる…の?聞けば聞くほど?だった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
「何なんですか。何でいつも勝手なんですか。いつもいつもこのモヤモヤが何だか判らなくて、もしかしたら、社長の事好きなのかなとか思ったりして。でもそれが判らないからしんどくて。私の為なら何でもしてくれるって言いましたよね。災いちゃんと払って下さいよ。このモヤモヤ消して下さいよ」これでも好きではないんだ?【5段階評価-5.面白い】
30代男性
藍田が、天城のことを認めてやってほしいと言ったことがなんだかすごくいいやつだなと感じました。自分が、振られたらあんなスマートなことは絶対に言えないと思いました。そういうところが藍田のモテるところなんでしょうね。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
退職金を多く渡したのは佐藤が旅行に行くのを見越してのことだったとわかった時にはすごく頭がいいなと感心してしまいました。でも天城はなんでそんなに佐藤のことが好きなのかいまいち納得できません。サドっぽいところが好きなんでしょうか。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
天城が自分の社長室に佐藤を異動させた姿はかなりのワンマン社長という感じである意味かっこよかったです。でもそれが原因で佐藤は辞めてしまったわけで、社長は何をやっているんだという気持ちでしたが、完全に計画していたこととは見事でした。【5段階評価-5.面白い】

『この男は人生最大の過ちです』あらすじ

「僕を奴隷にしてください」―
速水もこみち演じるイケメン社長の衝撃告白からはじまる“ツンドレ”ラブストーリー!!
俳優としてはもちろん、料理の腕前でも幅広く支持を集めYoutubeにも活躍の場を拡げる速水もこみちが10年ぶりとなる、連続ドラマの主演。

今回演じる天城恭一は、顔よし、頭脳よし、家柄よしの非の打ち所がない若き製薬会社社長。

優秀な研究者でありながら経営者としても一流で、世間の注目を集めているが、天城には知られざる秘密が…。それは、一途に思いを寄せる女性社員佐藤唯だけに見せる「ドM」な一面。社長室まで呼びつけておきながら、「僕を奴隷にしてください!」と土下座する“ツンドレ”キャラは必見です。

モデル・女優として活躍中の松井愛莉がイケメン社長に付きまとわれる “隠れドS”の女子社員に。
ハイスペックキャラの平岡祐太、田中道子にも注目!
ティーン向けファッション雑誌の専属モデルとしてデビューし、女優としても活躍する松井愛莉。イケメン社長から強烈な愛を注がれる女性社員・佐藤唯を演じます。
社内でのおとなしいイメージからは想像できないような“隠れドS”という素質を持つ唯。彼女の飾らないストレートな言葉を浴びせられた天城社長は、まるで雷に打たれたかのように恋に落ちてしまう。あろうことか社長から奴隷志願されるという非常事態に、唯の心は揺れていく…。

また、天城社長の同級生で、同じく浮世離れしたハイスペックな天才外科医と美人科学者を演じるのは、平岡祐太と田中道子。ゴージャスなルックスにクセの強い2人は、天城社長と唯の恋の行方を大きく左右する重要人物として、物語中盤から登場します!

『電子コミック大賞2019』女性部門賞で1位を獲得!
今ドラマの原作は、3,500万ダウンロードを突破(※2019年11月現在)している、九瀬しきによる同名の電子コミック。2017年に連載がスタートし、コミックシーモアなど各主要電子書店で1位を獲得している超人気作品です。また、『みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019』では『女性部門賞』を受賞。
超人気コミックの実写化ということで期待も高まっています。

『出典:Re:フォロワー 公式サイト

『この男は人生最大の過ちです』CAST&STAFF

速水もこみち

1984年8月10日 東京都出身 研音所属

主な作品
テレビドラマ
『ごくせん』
『レガッタ〜君といた永遠〜』
『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』
『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
『オー!マイ・ガール!!』
『純と愛』
『浅見光彦シリーズ』
『軍師官兵衛』
『緊急取調室』
『地獄先生ぬ〜べ〜』
『5→9〜私に恋したお坊さん〜』

『この男は人生最大の過ちです』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@konodan6

https://twitter.com/konodan6/status/1228570958396452864

ドラマ「この男は人生最大の過ちです」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2020冬ドラマ, テレビ朝日
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.