ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ テレビ東京

ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 古舘寛治 滝藤賢一 )

投稿日:

2020年冬ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦(毎週金曜24時12分/テレビ東京)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に古舘寛治 滝藤賢一。

ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題♪独占配信作品も多数配信!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』あらすじ、キャスト(主演 古舘寛治 滝藤賢一)

■第1話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ解説

元予備校講師の兄・一路(古舘寛治)は、現在無職で独身。ある日、8年前に勘当したはずの弟・二路(滝藤賢一)が家に転がりこんで来るが、来る途中に事故を起こしたという!慌てて現場に向かうと、倒れていたムラタという男(宮藤官九郎)に“レンタルおやじ”の代理を頼まれる…

→【第1話】『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじの【続き】はコチラ

■第2話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ解説

「レンタルおやじ」の新たな依頼は…親戚のフリをして結婚式に参列すること!しかも、新婦・手毬(岸井ゆきの)のお腹には新しい命が宿っており…

→【第2話】『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじの【続き】はコチラ

■第3話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第3話】公式あらすじ

「三、曠夫受苦」
無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)が始めたレンタル兄弟おやじに、ムラタ(宮藤官九郎)から新たなお仕事が。今回の依頼は、男子大学生からの恋愛相談!坂井君(望月歩)は、女性との初デートの場所に悩んでいた…A案は「水族館」、B案は「耳をすませば」!?迷える若者のため張り切る兄弟のアドバイスだが、モテない兄とモテる弟で意見は真っ二つ。さっちゃん(芳根京子)も巻き込む大騒動に?

出典;第3話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第3話】感想
[st-kaiwa36]「コタキ兄弟と四苦八苦」第03話を観て、さっちゃんが、モテようがモテないようがうまくいっていないと発言しており、コタキ兄弟にとっては、辛い言葉だったのではないかと思いました。大学生の恋愛相談として、付き合うとかモテるとか考えるのではなく、デートを楽しめば良いのかなあと思いました。一路、二路がちゃんとした仕事に就けることを期待したいと思いました。【5段階評価-5.面白い】[/st-kaiwa6]
40代男性
今回の依頼、坂井君の恋愛相談は、さっちゃんが大活躍でした。コタキ兄弟の恋愛観は、両方向に偏りすぎていたので、反面教師としては役に立ったかも知れませんね。一路と妻の仲を疑っていたニ路だけど、勝手にいなくなって勝手に帰って来て勝手に妬いているだけの駄目駄目な夫で父親です。奥さんが離婚したがるのもしょうがない。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
喫茶シャバダバにやって来たレンタルおやじを営む代表のムラタが頼んでいたのがカレーライスだったが、看板娘のさっちゃんがムラタの前に出す時にハッキリとレトルトカレーというあえて言わなくてもいい事を言ってしまうのが可笑しく、積極的に利用しているのは古滝兄弟位で利用しかないほどんな時間帯にも極端に少ない喫茶シャバダバはボロ儲けだなと感じた。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
今回は悩める大学生の恋愛相談に乗る依頼でしたが、コタキ兄の恋愛経験が少ないながらも真面目に考える姿が面白かったです。なんとも説得力がない助言だけど、私は兄の恋愛感には同感できるところも多かったです。それに引き換え弟の軽いこと、最後に別居中の妻にも詰め寄られていましたが、夫としては問題ありなタイプだなとやっぱり思ってしまいました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
一路が初ダートで牛丼屋に行ったのが面白くてよかったです。一路が初デートが大学生でみんなにいじられているのが笑えてよかったです。初デートで彼氏ができたと一路が言われたのがビックリしました。デートが水族館か家でのDVDの二択でビックリしました。二路のプレゼンがすぐに終わったのが面白くてよかったです。一路がデートをするだけで彼女と言っていたのがビックリしました。【5段階評価-5.面白い】

■第4話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第4話】公式あらすじ

「四、死苦」
無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)にまたもや「レンタルおやじ」の依頼が!今回の依頼は少し長期になるからと、依頼人・島須弥子(樋口可南子)との面談から始まったのだが、須弥子は「あと3か月したら世界が終わる」と言い出す。兄弟にあれこれ買い物を頼むなどまるで奴隷のように扱う須弥子に一路は不信感を抱くが、二路は「その分大金を稼げる」と大喜び。謎が多い須弥子の本当の依頼とは…?

出典;第4話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第4話】感想
40代男性
一路の性格は、どうにかならないのでしょうか。いつも理論的過ぎて周りに煙たがられる彼が、あんな簡単に終末論にハマるとは思いませんでした。家の中に、夜中に叫んだり押入れから飛び出したりする人がいるのは恐怖でしかありません。適当な性格の方が同じダメ人間でも、生活するには楽しそうです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
毎回どんな内容でもコメディーの要素があって、楽しめるドラマだと思います。今回はシャバダバに冷凍食品のピラフがメニューとして存在していて、そんな冷凍食品やレトルトのお陰で時短とランチのお客さんを1.5倍増やす事に成功したというあり得ない話が面白かったです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
4話を見て1番切なかったのは、真夜中にコタキ兄弟が人類や地球は滅びる日に多少の誤差はあっても滅びるものだから…と依頼者を励まして笑わせたシーンでした。樋口可南子さんの演技が素晴らしく、声に出した切ない笑いや表情に心を揺さぶられました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
もうすぐ来る世界の終末まで一緒に過ごしてほしいというすごい変な依頼からまるで奴隷かのようにこき使われる姿が面白かったです。しかし、実は依頼者の本当の願いが見た目の印象とは違って意外だったのもこのドラマらしい展開でよかったです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
二路は行方不明の父親にのイケメンと誇らしげに語るのが可笑しく、兄の一路は地味な顔立ちな上にお嬢様育ちの母親にも似ていないからと養子ではないかと疑って戸籍まで実際に調べる事までしていたとは驚く程に変わった考え方の持ち主で面白すぎる。【5段階評価-5.面白い】

■第5話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第5話】公式あらすじ

「五、愚慮弄苦」
無職の兄弟、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)は喫茶シャバダバで依頼人・後藤を待っていたが一向に現れない。そんな中、一路はさっちゃん(芳根京子)がレジから3万円を盗む瞬間を目撃してしまう!混乱する一路がさっちゃんを改心させる為にとった“ある行動”が、今度は二路を混乱させて…。疑惑が疑惑を呼ぶ心理戦の行く末は!?

出典;第5話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第5話】感想
40代女性
今回のぐるぐる回り回っての展開は凄く面白かったです。三河屋がお爺ちゃんに「22000円」と言って来た時に「基本レンチンの店なのに、その仕入れ額は高すぎないか?」と思っていたら、無事最後に回収されてスッキリしました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
勘違いが勘違いを呼んで・・・みたいなところが笑えた。結局一郎のお金は返ってこないのか?さっちゃんも案外腹黒いよな。店乗っ取ろうとして。まあ、あの兄弟と仲良くなれるんだから、くせ者なんだろうけど。レンチンピラフがメニューになるぐらいだし。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
さっちゃんへの疑惑は、一旦無くなったと思いたいけれど、毎月時給50円アップの話はやっぱり怪しすぎる。しかも、焼き鳥屋さんとの会話中に出た「お店貰えるかなと思って」の発言。実はもっとデカい獲物を狙っているのでは…とザワザワしました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
一路と二路がシャバダバで依頼人の後藤を待つと、さっちゃんがレジから3万円を抜き取るのを一路が見てしまい、一路は子供時代に母親のサイフから金を盗んでいたことがあると思い出し、さっちゃんに思いを寄せる一路がさっちゃんに悪いことだと自覚させる為に、自宅に帰り通帳を取り預金を引き出してきたのは滑稽だった。一方、二路は自分のせいで一路が金を盗んでしまったと後悔する。一路はわざと、カップを割り、そのスキに3万円をレジに戻した。しかし二路は2回も一路が金を盗んだと思う。レンタル兄弟が泥棒兄弟になってしまうと二路が心配しレジにお金を補充するのが、またまた滑稽だ。さっちゃんは何故、お金が増えたのか不思議に思い、自分のポケットを叩くとレジの金が増えていると思う様が可愛らしい。さっちゃんは盗みの為ではなく店主の為にATMに入金していたので安心したが、そうとは知らない一路と二路は、なけなしの7万円を店主が依頼人の後藤だと知らずに逆に、お金を店のレジに貢いでいたとは笑える。愚かしい配慮をして翻弄されて苦しむ愚慮弄苦の笑い話に楽しめた。後藤がとぼけたふりをして一路と二路を、はめたなら大した役者だと思った。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
コタキ兄が、勝手な思い込みから、結果として7万円をさっちゃんにあげてしまうという、太っ腹かつ哀れな結末に同情を禁じ得ない。レジ内のお金をめぐる3人の思惑が全然かみ合っていなくて笑える展開だった。さっちゃんはレジにお金が補給されて行く様にたいそうびっくりしただろうな。今回はさっちゃんが主役でとてもうれしかった、今後もさっちゃんを多めに出してほしい。【5段階評価-5.面白い】

■第6話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第6話】公式あらすじ

「六、世間縛苦」
レンタル兄弟おやじ、初めてのソロ活動!二路(滝藤賢一)はタワーマンションで開催されるホームパーティのゲストとしてレンタルされることに。ワインやごちそう、セレブたちからのもてなしに浮かれる二路だったが天国も束の間、そこへ現れたのは、離婚を言い渡された別居中の妻・有花(中村優子)だった!一方、一路(古舘寛治)の元に現れた依頼人・ハナ(川島鈴遥)は、高校生の女の子!子供が苦手な一路は接し方に戸惑うが…?ソロ活動は地獄絵図!兄弟おやじ、修羅場の結末は!?

出典;第6話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第6話】感想
30代男性
真面目だけが取り柄の一路が愛しいと想いを寄せるさっちゃんが喫茶シャバダバのレジからお金を盗んでいると思い込み自分自身の金を入れていた一件はそのまま終わるのかと思ったら、資金難の一路が素直に話して返してもらい良かったものの、なんとも後味の悪さは一路の人生のようで笑える。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
一路のレンタルの仕事は「女子高生の宿題を見る」でしたね。しっかりした子で、英語を教えているうちに二人が意気投合していく様子にほっこりしました。でも気が合い過ぎてちょっと一路がドキドキしてたのに、実は二路の娘だったとは。ドキドキを返して~でしたね(笑)【5段階評価-5.面白い】
40代男性
今回の「レンタル兄弟」は珍しくソロバージョンですね。二路は豪勢なタワーマンションでのセレブなパーティーで楽しそう!社交的な二路にぴったり、かと思ったら奥さんの由香が来てビックリしました。由香が普段、二路の事を悪く言ってたので皆から「社会不適合」と皆に言われて・・二路の顔が笑えました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
一路、(先週の)7万円が戻って来てよかったですね!ちゃんと正直にさっちゃんに言えたんですね。しかしムラタさん、なんでさっちゃんに『地獄と極楽の本』を貸しちゃったんでしょう。物凄いハマっていて、顔が怖かったですよ(笑)【5段階評価-5.面白い】
40代男性
「これが地獄の立体図だ」と描かれた本を見せた、さっちゃんの居る「喫茶シャバダバ」から「タワーマンション」の下に立つニ路へ。その後の「自称・意識高い系住民」との展開を判っていたかの様な「地獄の立体図」にゾッとしてしまった。【5段階評価-5.面白い】

■第7話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第7話】公式あらすじ

「七、病苦」
レンタル兄弟おやじ一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)、新たな依頼は「音信不通の女性の安否確認」。兄弟が家を訪ねるも、一向に返事がない。動く電気メーター、ポストには大量の郵便物…孤独死が一路の脳裏をよぎるが、開いていた扉を開けるとそこは足の踏み場もないごみ屋敷!ますます孤独死の恐れが高まる中、怖々ごみ屋敷を進み兄弟が見つけたのは“女の手”!?ごみに埋もれていた神野あかり(門脇麦)は何やら面倒くさい病の女で…?

出典;第7話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第7話】感想
30代男性
レンタル兄弟おやじが請け負った捜し人のあかりは既に生きる気力を全て失っていて話す内容のどれにも希望が感じられず暗いものばかりだったのに、二路が軽く考えているのに対して、様々知識がある一路は助けようと必死に説得していたが闇に引き込まれ寂しい記憶を思い出す姿が悲しいものの笑ってしまった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
音信不通となった女性の部屋に訪れた一路と二路の兄弟が開いていたドアを開けると数えきれない山となったゴミが溢れ、もしや亡くなってしまったのかと心配になったが、ゴミに埋もれたまま眠っていた凄さにビックリ、慣れというのは恐ろしい。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
神野あかりさんがゴミの中から出てきてビックリです。でも一路が心配していた『孤独死』じゃなくて良かったですね。せっかくの看護師の仕事も「気持ちの感染で辞めた」と言い、一路や二路がいくら話しても言い返してきて『面倒な女』ですね。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
レンタル兄弟おやじの兄の一路と弟の二路がレンタルの仕事を始める時は、いつも必ず行く場所が一路のお気に入りのさっちゃんが働く喫茶シャダバダだったが、今回は全く出てこない展開で始まった新鮮さは伝わってきたが寂しさも感じてしまった。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ゴミの中に埋もれていた女性が、お風呂に入った途端に元に戻ったので驚きました。彼女の悪い思考が清い水によって洗い流されたのかもしれません。確かにお風呂に入るまでは面倒に感じていても、上がってみるととても爽快な気分になります。コタキ兄弟が無理やり浴室へ連れて行ったのが功を奏したようです。【5段階評価-5.面白い】

■第8話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第8話】公式あらすじ

「八、五蘊盛苦」
ある朝、レンタル兄弟おやじ一路(古舘寛治)が自宅で目を覚ますと事件発生!なんと一路と二路(滝藤賢一)が入れ替わってる!?外見はそのままに中身だけが入れ替わり、真面目な一路が混乱する一方、能天気な二路は入れ替わりを楽しんでいた。兄弟は喫茶シャバダバの看板娘・さっちゃん(芳根京子)と一緒に原因を探すが、さっちゃんも巻き込む大騒動に!?入れ替わりの秘訣は“増えるワカメ”!?徐々に明らかになるさっちゃんの過去とは?

出典;第8話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第8話】感想
30代男性
さっちゃんの気持ち分かるな。自分が男だったらとか、もっと学歴があったらとか、無い物ねだりばっか。LGBTみたいな難しいテーマなのに、ゆるく描いてるのがこのドラマらしい。入れ替わって走ってるシーンが笑えた。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
さっちゃんは行く所がなくて困って、行き当たりばったりで、喫茶シャバダバに来て働く事にしたのかと思っていましたが、父親との思い出の場所だったとは思いもよりませんでした。さっちゃんのローマとは、シャバダバかもしれないと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
さっちゃんは、幼い時に古滝兄弟と繋がっていたことにびっくりしました。さっちゃんが、泣いてローマを探していたので、二路は狸のオブジェにローマと書いてあげて、幼いさっちゃんを笑顔にさせてあげて優しいと思いました。一路では思いつかない発想だと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
さっちゃんは、夢でコタキ兄弟と入れかわりましたが、それぞれの特徴がよく出ていて良かったです。とくに、さっちゃんが三河屋を追いかける時、一路と入れかわった時は走るのが遅かったり、二路と入れかわった時は、走るのは良かったけど、逃げる癖が出て対決しなかったりして、面白くて笑えました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
さっちゃんとレンタルおやじの過去が明らかになってきました。一路になったさっちゃんが復讐しようとしても、三河屋が強すぎました。ローマは意外なものでした。村田が怪しかったです。結局入れ替わりは夢でした。来週も楽しみにしてます。【5段階評価-5.面白い】

■第9話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第9話】公式あらすじ

「九、増上慢苦」
夫の様子がおかしいので調べてほしい…レンタル兄弟おやじの一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)は依頼人の夫が足繁く通う、年収650万のカリスマレンタルおじさま・ボブ(吉沢悠)が開催するセミナーを潜入捜査することに。大盛況で終わったセミナーだが、参加費で荒稼ぎするやり方が気に食わない兄弟は真のレンタルおやじセミナーを開催することに!ボブVS兄弟おやじ!一触即発のセミナーバトルの結末は!?更に、弟が見つけた兄の最大の秘密とは?

出典;第9話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第9話】感想
30代男性
今回の放送を見ていて一番驚いたのは実はさっちゃんはコタキ兄弟の生き別れた妹だったという事でした。本当ならかなり年の離れた妹になるので衝撃的でした。さっちゃんにこの事実を伝えるのかは分かりませんが次回も見逃せないなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
前回、さっちゃんとコタキ兄弟に意外な接点があり、人の縁は面白いと思っていました。しかし、腹違いの妹という設定まではいきすぎに感じます。少しくらい気持ち悪くても、一路がさっちゃんに憧れているくらいの方がドラマとしては楽しめると思います。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
さっちゃんはコタキ兄弟の妹だということを知り、かなり驚きました。だから、さっちゃんのお父さんは神社の三叉路で右に行かないように言っていたのだと思いました。さっちゃんにそのことをいつかは伝えなければならないのでしょう。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ボブこと吉沢悠さんのセミナーは絵に書いたようなインチキ感があって面白かったです。実際にもああいうセミナーがありそうでリアル感があるなあと感じました。今回はストーリーがお互いを較べるみたいな変な方向にいきましたが1話で整えるにはちょっと早すぎる感じはしました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
さっちゃんがコタキ兄弟の生き別れた妹だということにビックリしました。さっちゃんのお父さんは船乗りで死んでしまったと前回の放送で言っていたけど、それはさっちゃんのお母さんがついた嘘だったということでしょうか。次回がとても気になります。【5段階評価-5.面白い】

■第10話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第10話】公式あらすじ

「十、老苦」
5年前、一路(古舘寛治)の元へ笹谷瑞樹(手塚理美)という女性が訪ねてきた。行方不明だったはずの父・零士(小林薫)の居場所を知らせにきたのだった。それから一路は度々零士のいる介護施設へ足を運んでいるという。父親らしいことを何一つしてくれず、浮気性で母を泣かせきりだったクズ親父に対して複雑な思いを隠せない二路(滝藤賢一)だったが、一路の誘いで父との再会を果たすことに…。兄と弟、そして父。内に秘めた思いが遂に語られる。

出典;第10話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第10話】感想
30代男性
実は一路は、5年も前からさっちゃんが腹違いの妹だったと知っていたんですね。わざわざ小滝に訪ねてきていた愛人(さっちゃんのお母さん)が怖かったです。でも「行き倒れていたホームレス」が持っていた婚姻届が『20年前に書いた』とは驚きですね。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
前回、「レンタルおじさま」のボブが雇った探偵のお陰で、さっちゃんが腹違いの妹である事がわかりました。探偵って凄いですね。『小滝兄弟の調査書』が今回出ましたが、「シャバダバに通っている。特に兄はてんいんのさっちゃんにご執心のようだ」には笑いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
今回は全く笑い無しでした。老いて何も持っていないのは惨めだなと思いました。零士さんは自分の人生のツケを払って寂しく死んでいくんだなと思いました。いろいろ忘れてしまって自分では惨めに感じないのは不幸中の幸いなのかも。老苦って誰にもやってくるけど、どんな人生を送り蓄えや家族があるかないかで全然違うだろうなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
一路の言葉を聞いて感じたが、自由とは人によって苦しい時間になってしまう。老いを感じて来くると特に痛感するのではないだろうか。若い頃は何もせずただ単に時間が過ぎても至福な時間に感じていたが。なんか怖くなってきてしまった。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
さっちゃんが生き別れた妹だったって勘違いかと思えば、マジで父親が同じとは思わなかった。兄は文句言いながらも、愛着みたいなものがあるんだろうな。なんか複雑な話だったな。でも「兄貴愛してる」「気持ち悪いよ」がめちゃくちゃ笑えた。【5段階評価-5.面白い】

■第11話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第11話】公式あらすじ

「十一、生苦」
レンタル兄弟おやじ、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)今回の依頼人は、なんとさっちゃん(芳根京子)が同棲していたという元彼女!復縁を迫りに来たミチル(北浦愛)だが、さっちゃんは突き放すような態度で「嫌い」と追い返してしまう。だが、そこには深い事情があったのだ…。ところが、一路は心無い言葉でさっちゃんを傷つけてしまう。一人じゃなくて二人の幸せ。二人の為に自分たちができることは何か。兄弟どうする!?

出典;第11話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第11話】感想
30代男性
今回はさっちゃんの秘密が明らかになりました。まさかのレズビアンという設定に正直びっくりしてしまいました。お互いを想う故に別れを選ぶ切なさがこっちにも伝わってきました。コタキ兄もさっちゃんの気持を尊重できるようになって良かったです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
さっちゃんの元カノのミチルが店にやってきましたね。まず、元カノっていうところに驚くコタキ兄弟。さすがに驚きますよね。しかし、さっちゃんにそのままの自分でいいと不器用ながらに伝えるところに感動しました。なんていい人なんだろう。ミチルの国家試験の応援にも行けて、お互いにいい笑顔でしたね。自分らしくいてもいいんだって勇気をもらえました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
みんながさっちゃんの仕事をフォローしていたのが優しいなと思います。ミチルの親にさっちゃんが酷い目にあわされたのがとても可哀想でした。さっちゃんが女が好きだったのがとてもビックリしました。さっちゃんが親にカミングアウトしていたのがすごいと思います。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ミチルがさっちゃんに抱きついたのがとてもビックリしました。ミチルがレンタル兄弟に依頼していたのがとても驚きました。さっちゃんがミチルに冷たくあたったのがとてもビックリしました。さっちゃんがいきなり泣き出したのが驚きました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
なんと、さっちゃんがレズビアンだったとは衝撃の事実です。昔気質のコタキ兄がショックだったのは正直うなずけます。その一方で、コタキ弟はLGBTに関してフランクで、さっちゃんとその彼女を理解する立場です。最後は、兄弟2人でさっちゃんを応援しています。少し感動しました。【5段階評価-5.面白い】

■第12話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレ感想

【第12話】公式あらすじ

「十二、愛別離苦」最終回
母の旅館を手伝うため、さっちゃん(芳根京子)が喫茶シャバダバを辞めることになった。突然の妹との別れに動揺を隠せないコタキ兄弟。肩を落とす一路(古舘寛治)を尻目に二路(滝藤賢一)が提案したのは“古滝家一泊二日ツアー”!?驚きの提案に慌てる一路だが、さっちゃんは快諾!一つ屋根の下、兄妹で過ごす最初で最後の一日。遂に最終回!
兄弟はさっちゃんに真実を告げるのか?更にレンタル兄弟おやじも解散の危機?

出典;第12話『コタキ兄弟と四苦八苦』ネタバレあらすじ

【第12話】感想
30代男性
一路はさすが、さっちゃんを楽しませるためにスケジュールを夜なべしてたてて・・いかにも『らしい』ですね。二路がさっちゃんに『今日は妹の設定』って本当は妹なんですが・・仕方がないですね。さっちゃんがのりのりで、可愛い笑顔で玄関を「ただいま!」って入ってきたのをみていて、こっちまで嬉しくなってしまいました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
一路に初めてのリピーターが出来、その人が「血だらけで離婚届に署名を頼みに来た一番最初の女性だった」と言う展開は、さすが野木さんだなと唸ってしまいました。彼女が正式に離婚出来た事も判り「一度会ったら二度と会わない関係」では無い。だから、さっちゃんともまた会えるかもしれないと言う望みが見えている温かい終わり方でした。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ミチルちゃんが国家試験合格で良かったですね!それにミチルが『両親よりもさっちゃんの方を選んだ』ってホッとしました。でもその為にさっちゃんが実家の旅館に帰る事になるなんて・・。せっかく古滝兄弟がさっちゃんが『妹』だと分かったのにこれじゃあ離れ離れになってしまいますね。と思ったら二路の『古滝家1泊2日ツアー』!素晴らしい提案だと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
テレ東「コタキ兄弟と四苦八苦」第12話を観た感想として、ついに最終回だと思い、さみしくなりました。母の旅館を手伝うため、さっちゃんが喫茶シャバダバを辞めることになった。突然の妹との別れにコタキ兄弟にとって受け入れることが難しかったのではないかと思いました。一路と二路がそれぞれの人生を頑張ってほしいと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
最終回、湿っぽく終わらなくて良かった。一路と二路のどちらかがたまらず告白してしまうのではないかとハラハラしていたが兄弟のチームワークで回避。一泊二日の兄弟ごっこも楽しそうだったし。お腹の部分にローマと書かれたタヌキの置物の思い出なんかで過去から3人は繋がっていたことも判明してさっちゃんの心の中に一路と二路が強くインプットされたことだろう。さっちゃんはまたいつか二人の前に現れそう。また、二路が父親が子供の名前に数字を入れている推理から3番目4番目の弟か妹が何処かにいるのではという期待感を喜んでいたことから続編があるのではと期待してしまう。【5段階評価-5.面白い】

『コタキ兄弟と四苦八苦』イントロダクション

テレビ東京金曜深夜の「ドラマ24」2020年1月クールは、「コタキ兄弟と四苦八苦」に決定!
真面目すぎてうまく生きられない兄と、そんな兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟。無職の残念な兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めることに。依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3か月後に世界が終わる…などひとクセある案件ばかり。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、様々な無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディです。タイトルにもある“四苦八苦”は、元は仏教用語で、人間である限り避けられない8つの苦しみをお釈迦様が教えた言葉。これらに4つの苦しみを新たに加えた、“12苦”がドラマの裏テーマとなっています。
脚本は、「アンナチュラル」(TBS)、「獣になれない私たち」(日本テレビ)など数々の人気作品を手掛け、市川森一脚本賞、向田邦子賞を受賞して以来となる野木亜紀子のオリジナル。野木はテレビ東京作品に初参加となります。
監督は、「ハード・コア」(2018年映画)、「リンダリンダリンダ」(2005年映画)などで広く知られ、報知映画祭最優秀監督賞をはじめ数々の受賞歴を誇る映画監督・山下敦弘。
野木と山下は偶然にも2018年度の芸術選奨文部科学大臣新人賞にともに選出された、まさに気鋭のクリエイターコンビ。どのような化学反応が起きるのか!?さらに音楽は、今年5月にアルバム「Big fish」をリリースし、数々のCM音楽も手掛ける王舟と、バンド・neco眠るなどでも活躍するミュージシャン・BIOMANによるユニット、王舟&BIOMANが務めます。ご期待ください。
そして、W主演を務めるのは、これまで数々のテレビ東京作品に出演してきた名バイプレイヤー古舘寛治と滝藤賢一。今回の企画は、古舘と滝藤が「自分たちがW主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクト。コタキ兄弟の兄を古舘、弟を滝藤が演じます。正反対な性格の兄弟を演じる2人の絶妙な掛け合いにご期待ください!

『出典 コタキ兄弟と四苦八苦 イントロダクション』

『コタキ兄弟と四苦八苦』CAST&STAFF

古舘寛治

1968年3月23日 大阪府出身 空所属

テレビドラマ
『ROMES/空港防御システム』
『リーガルハイ』
『植物男子ベランダー』シリーズ
『逃げるは恥だが役に立つ』
『突然ですが、明日結婚します』
『宮本から君へ』
『いだてん〜東京オリムピック噺〜』


映画
『南極料理人』
『キツツキと雨』
『童貞放浪記』
『マイ・バック・ページ』
『ミツコ感覚』
『シャニダールの花』
『受難』
『ほとりの朔子』
『マエストロ!』
『セーラー服と機関銃 -卒業-』
『太陽』
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』
『淵に立つ』
『勝手にふるえてろ』

滝藤賢一

1976年11月2日 愛知県出身

滝藤賢一 公式プロフィール - 所属事務所エージェントオフィスタクト

主な作品
映画
『外事警察』
『龍馬伝』
『梅ちゃん先生』
『カラマーゾフの兄弟』
『半沢直樹』
『俺のダンディズム』
『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』
『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』
『半分、青い。』
『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』
『探偵が早すぎる』
『東京独身男子』


テレビドラマ
『クライマーズ・ハイ』
『ゴールデンスランバー』
『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』
『64-ロクヨン-』
『SCOOP!』
『孤狼の血』

『コタキ兄弟と四苦八苦』twitterの反応

■公式アカウント▶︎@tx_kotaki

ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

-2019春ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.