ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ テレビ朝日

【第5話】ドラマ『家政夫のミタゾノ』ネタバレ、感想まとめ。ミタゾノ流、大流行の”タピオカ”のレシピが公開で飯テロと話題に!

投稿日:

2019年春ドラマ『家政夫のミタゾノ(毎週金曜23時15分/テレビ朝日)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に松岡昌宏(TOKIO)。共演は伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、川栄李奈。

ドラマ『家政夫のミタゾノ』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 松岡昌宏)

【第5話】視聴率:5.9

<前回>【第4話】視聴率:7.4%

視聴者からのネタバレ解説

都市伝説、ドッペルゲンガーを利用した回。
今回のお宅は梅小路家(古くからある続く久家の家柄)

大学で考古学を教える依頼者宅には、不気味な置物がたくさん並んでいる。
不動産屋から家の売却を進められている。
少し前に、妻に先立たれている。
突然、亡き妻にうり二つの女性が訪ねてくる。コーテー不動産の筧真子。
趣のある日本家屋は古民家ブームもあって人気がある、と言われるが、売るつもりはないと断る。
(今日の小技:ストッキングの伝線には、ヘアスプレーが応急処置)
下の娘(はづき)は、うり二つの女性を母親と勘違いしてしまう。
家を後にしようとした筧に、一緒に夕飯を食べると思って多めに夕飯を作ったというミタゾノ。
他の家族は「母親じゃないから、ダメ」と言ったものの、下の娘が泣いたため、一緒に食べることに。
都合の良いように、下の娘が欲しいと言っていたクマのぬいぐるみを渡す筧。

その晩、書斎の引き出しを勝手に開けようとする筧の行動を上の娘(やよい)が見つけるが、ごまかす筧。何かを急いでいる様子。
(今日の小技:新聞紙は湿気を取るので、クローゼットに入れておくと良い)
夕食時、上の娘はタバスコを大量にかけたピザを筧に食べさせようとする。全部食べたら、家を売っても良いという上の娘からの提案に筧も受けて立つ。
(今日の小技:ヨーグルトとレモンマヨネーズで、辛さを中和させる)
父から「全部食べられたとしても、この家を売るというのは・・・」というと、取り付かれたようになった筧は「約束しましたよね。なんてね。」と不気味になかった事にした。
上の娘はオレンジジュースを筧にかけて、今すぐ家から出て行けと言うが、それが裏目に出て、ミタゾノより「染み抜きの時間がかかるから」と、泊まっていくことになる。
上の娘は母親との間に、嫌な思い出があるかもしれない。
真子さんの不動産会社はとてもクチコミが良い。
しかし、筧真子という社員は存在しない様子。
ミタゾノは筧真子のスマホをこっそりと持ち出していたが、そこに写っていたのは、梅小路家族の写真ばかりだった。
筧は寝る前の本読みをした後に下の娘から、昔から梅小路家に伝わる歌はないかと聞き出す。
歌を聴いた後、ママに会いたいか聞くと、下の娘は「ママは近くにいる気がする」と言う。
聞き耳を立てていたミタゾノはつい音を出してしまい、筧に気付かれるも、筧は「邪魔しないでね」と釘を刺す。

真夜中に見回りに出たミタゾノ、白い物体が横切り驚いた所に、同僚が後をついていたずらをする。
そこに筧が現れ、家主の寝室に入っていく所を目撃する二人。

その頃、梅小路八兵衛が作った時価8億円と言われる壺が目当てではないかと騒ぐ、家政婦紹介所の面々。

翌朝、母親の服を着て洗われた筧に怒る上の娘。
家主が良いと言ったと聞き、さらに不満を募らせる上の娘。
そんな中、急に、家を売ることに決めたと言う家主。
怒って部屋に戻る、上の娘。
家政婦二人に、「あの女を追い出して」、と頼む上の娘。
そこに童謡を歌いながら、下の娘と現れるミタゾノ。
この童謡がお宝(壺)のありかを表せるのかも知れない、と家政婦、娘達、叔母で探しに行くことに。
鳥の欄間がある部屋が「鳥の巣」
その部屋からすっと伸びる長い廊下を「千歳の道」
白い石像が見る先「白き瞳のその先に」
9歩歩く「ここのつ歩みて」
ナエ→左→左を背に→右を見る「苗を背に」
すると幽霊の掛け軸に辿り着き、その裏に隠し部屋が見付かる。

隠し部屋に入ると、すでに筧が宝物の部屋に。
家を売るように以前訪ねてきていた不動産屋が口を塞がれて監禁されていた。

壺は家主が以前、駅前の骨頭やに800円で売ってしまったらしい。

壺の写真を印刷したのは督促状の裏紙。
その督促状から、家主に多額の借金がある事が分かる。
縛られた不動産屋を開放しようとすると、母親と一緒に筧が写る写真が出てくる。

実は筧と母親は一年くらい前に、カフェで知り合いになって仲良くなったらしい。
その際に、何かあった時にはお互いに助け合おうと言っていたので、亡くなったと聞き、心配になって身分を偽りやって来たという。

(今日の小技:偽タピオカの作り方:水と黒蜜、片栗粉を入れて鍋で火にかけながら混ぜ、冷めたらひとつまとめ、小さくちぎって沸騰したお湯で茹で、冷水でさます。黒蜜をからめる)
実はお宝をねらっているのは、親切そうな顔で近づいていた叔母だった。
叔母のスマホには、この家の盗撮の証拠が見付かる。
縛られていた不動産屋と結託して、叔母はお宝、不動産屋は家を取るつもりだった。
逆ギレした叔母と不動産屋は家から出て行こうするが、急に光がチカチカしだし、貞子のようになった不気味な存在が二人を襲った(かもしれない)。

無実が証明された筧は、挨拶をして家を去っていった。
不動産屋を箱に監禁したのは誰という謎を残しつつ。

その後、「無駄遣い注意」と書かれていた紙の裏に、証券会社などの情報が。筧が残していったとミタゾノ。
調べると10億円以上の資産を母親が残していたことを知る。
筧が引き出しを開けたのは、この紙を入れるためだったと知る。

上の娘は、「私がお母さんを殺した」と言い出す。
母親とケンカし、その時に、仲直りするために声をかけてきた母親に買いに行かせたのがタピオカミルクティーだったため、それ以来上の娘はタピオカが嫌いになった。
筧の顔を見ると、その日のことを思い出して自分を許せなかった、と言い残し、筧に謝るため外に飛び出す。
しかし、追いかけて、謝罪した相手は実は母親の幽霊だった。
母親は自分を責めずに、笑って生きるよう、あんな父親だけどよろしく、と言い残して消えた。

ちょうどこの日は、母親の四十九日だった。
つまり、筧の正体はドッペルゲンガーの体を借りて、家族を助けに来た母親だった。

視聴者からの感想

50代男性
筧が机を開けていたのが驚きました。お姉ちゃんがピザを辛くしたのが驚きました。お姉ちゃんと筧のバトルがとても激しくて面白かったです。筧が家族を盗撮していたのが驚きました。夜中にミタゾノが怖がっているのがとても笑えてよかったです。
50代男性
筧がお母さんの服を着ていたのがとてもビックリしました。みんなで宝探しをしてるのが笑えてよかったです。お父さんが借金1億円あるとかとてもやばいと思いました。筧とお母さんが友達だったのがとてもビックリしました。【5段階評価-4.少し面白い】
50代男性
タピオカが作れるとかすごいと思いました。ミタゾノの貞子がとても迫力があってとても怖くてビックリしました。お母さんが株ですごく儲けていたのがとてもすごいと思いました。筧がとてもいい人でよかったと思いました。【5段階評価-4.少し面白い】
50代男性
お母さんが株ですごく儲けていたのがとてもすごいと思いました。筧がとてもいい人でよかったと思います。お姉ちゃんがお母さんを殺したと思ってたのがとても可哀想でした。筧が本当のお母さんでとてもビックリしました。【5段階評価-4.少し面白い】
30代女性
ドッペルゲンガーになって、お母さんが会いに来て感動しちゃいました。まさか、最後にお母さんだなんて、似ている人なのかと思ったら、四十九日で会いに来るなんて、そういうこともあるんですね。最後にみたぞのさんが倒れて終わってましたけど、誰も気がつかないの?ってなりました。みたぞのさんが毎週毎週進化していて面白かったです。【5段階評価-4.少し面白い】

『家政夫のミタゾノ』Twitter

■ツイッター公式アカウント▶︎@mitazono_desu

https://twitter.com/vbtWrfd301aeTOg/status/1130383578053787648

https://twitter.com/RenYuzuki0526/status/1130377850509332480

【第5話】のキーワードは”タピオカ”???

女子高生に人気の”タピオカ”が登場し、話題となっています!!

作り方もなんと公開!!

https://twitter.com/nico_ino_0924/status/1129401693878153217

【第5話】ドラマ『家政夫のミタゾノ』無料視聴リンク

▶︎【第5話】ドラマ『きのう何食べた?』無料視聴リンクはコチラ

☆【総合】ドラマ『家政夫のミタゾノ』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 松岡昌宏)

-2019春ドラマ, テレビ朝日
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.