ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019夏ドラマ TBS

【第1話】ドラマ『ノーサイド・ゲーム』視聴率とネタバレ。ラグビーは喧嘩じゃない、仲間の為に闘うスポーツだ。君嶋はラグビー部の部員と一緒に戦うことを決めた。

投稿日:

2019年夏・日曜劇場ドラマ『ノーサイド・ゲーム(毎週日曜21時/TBS)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演 大泉洋、共演に松たか子、高橋光臣、笹本玲奈、大谷亮平、中村芝翫、上川隆也

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題独占配信作品も多数!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』視聴率・ネタバレあらすじ

【第1話・視聴率】13.5%

第1話 ネタバレ解説

経営戦略室の君嶋次長が上司から府中工場の総務部長の内示を受ける。2週間前にカザマ商事買収案件は滝川常務が企画書の書き換えを命ぜられるが君嶋は反対するが、勝負に負け君嶋は滝川に左遷させられる。君嶋は工場の講堂で拍手で迎えられる。又、弱小ラグビー部のアストロズのマネージャーになる。
部員の浜畑は常務がチーム潰しに君嶋が派遣されたと勘繰る。チームの維持費に14億円かかっているが、チームはリーグ最下位、監督不在だった。しかし島本社長の肝いりのチームだった。真希は負けて勝つのだと夫を励ます。君嶋は予算を減らすと言い、収益がほとんどゼロで客が入っていないとが言う。岸和田は社会貢献だというが、地元の人気もない。佐々が仕事の発注ミスも起こしていた。佐倉は君嶋にラグビーを嫌っているのかと問うと、嫌いだと言う。
しかも、滝川常務が君嶋にアストロズの存在意義について意見書を書いて役員に披露せよと命じられる。君嶋の息子は学校で父親がラグビーをしていると虐められる。
君嶋が監察すると練習には遅刻する選手がいて、勤務実態が記録と異なり自主練習をしていた筈の佐々がサービス残業をしていた。浜畑は会社に迷惑かけているから仕方ないと言う。吉原は何故、ラグビーが嫌いなのかと言うと、大学の同期に勉強しないのに持てはやされたのが気に入らなかったというと、その負けず嫌いが良いと吉原は言う。
君嶋は廃部が相当と意見書を書く。すると息子の博人がラグビーをやりたいと言うと、真希子は危ないからダメだと怒る。君嶋は息子が初めてラグビーをやりたいと言ったので佐倉にラグビー初心者は何をしたらいいのかと尋ねると、君嶋はユニフォームを着せられ、浜畑はタックルも出来んやつはダメだと言われ、タックルをするが肩を痛めてしまう。ラグビーは怪我をするからダメだと君嶋は言う。そこに社長が来て、チームの印象を問われると、高齢化で新戦力の加入もなく価値はゼロ以下で存続に反対だと言う。社長がオールブラックスがマオリ言葉で私は死ぬと言いながら自分を鼓舞をして命を懸けて戦う姿に魅せられたと言う。しかし君嶋はアストロズに未来はないと言い切ると、社長は、君嶋がそう言うならと論しなかった。カザマが買収額を下げて来たと脇坂が君嶋に言う。滝川に君嶋は自分が買収に邪魔だったからだと言い、ラグビー部廃部の意見書まで出したと言う。滝川は、礼として府中工場に冷房を入れるのが礼だと君嶋が言う。本社に戻る筈だったのが思い込みだったとわかり、君嶋は愕然とする。
雨のグランドで君嶋は浜畑からタックルもできない人間が邪魔と言われ、どこに行けば良いと叫んで何回もバッグめがけてタックルをして倒れる。
博人は虐められたので、真希子が怒っていると、君嶋はラグビーは喧嘩じゃない、仲間の為に闘うスポーツだと博人に言う。君嶋は自分で闘う息子の覚悟を尊重したいようだ。君嶋は部員の前で30円の食費値上げのお知らせのほうが重要でラグビー部は無視されていると言う。部位は怒り、君嶋は本社に戻りたいのかと言われるとその通りだ、勝ったものが正義だ。今のチームは負け犬の目標しかない。サービス残業や仕事のミスを押し付けられて文句も言えない情けないチームだとこき下ろす。
廃部にするつもりだったが、君嶋はサラリーマンとしての自分は死んだと思ったが、何度も地面にたたきつけられて、このまま終わるのは嫌だ。このまま役に立たず、荷物として終わるのは嫌だ、ドン底のラグビー部員と戦いたいと言う。明日の役員会で廃部の意見と戦うと言い、キャプテンに意見を問うと浜畑は、もう負けは嫌だ優勝したいと言う。君嶋がフィールドで寝ていると部員が練習に現れ優勝を狙うと言う。そして役員会で社長が1年の様子を見るべきとの君嶋の意見書を尊重しようと言う。一方、城南大学の3連覇にもかかわらずチームの監督が更迭された。

『ノーサイド・ゲーム』感想

30代女性
池井戸潤さんの原作小説を読んでいたので、ストーリーは追いかけやすくて、わかりやすかったですが、ドラマが初見なら少し難しいのではないかなと思うような構成でした。ルーズベルトゲームと似たようなお話ですが、君嶋の人柄が良いので、共感しやすいです。【5段階評価-4. 少し面白い】
50代女性
左遷人事で本社から地方の工場に飛ばされた君嶋が総務部長とラグビーチームのGMを兼任するが、ラグビーチームに14億もかかっていることを知り、予算案を作ることになるが、君嶋は、ラグビーのことが嫌いで、バカにしていたが、滝川は君嶋を利用してラグビー部を潰そうと企んでいたのだ。君嶋が雨の中、メンバーと一緒にタックルした時、情熱が伝わったのだ。君嶋は、アストロズを優勝させたいと、誓っていた。廃部にさせたくないと。感動的な君嶋の演説に感動しました。【5段階評価-3.普通】
30代女性
"社会人のスポーツチームの世界は爽やかなだけではなくいろいろと大人の事情が絡んでいて大変ですね。 大泉洋さんのクールな演技はイメージなかったですが、よくハマっていたと思います。家族の前でだけ見せるやわらかい表情とのメリハリも素敵でした。"【5段階評価-4. 少し面白い】
30代女性
"ラグビーばかりのストーリーかと思いましたが、戦略的な部分もあり楽しめそうです。 働きながら、練習をしたり試合に出たりするのは並大抵のことではないと思います。 社会人チームがどれだけスポーツで、社会貢献ができるのかも見どころだと思いました。 ラグビーのことを少しでもわかる内容を期待しています。"【5段階評価-4. 少し面白い】
40代女性
左遷された男が再起をかけて勝負する話ですが、赤字寸前のラグビー部の存続を社長から託されましたが、君嶋はラグビー部の廃部を後押しするような提案をしたのです。でも本音は今の状況を部員にしっかり把握させ、奮起させようとしていたのに感動しました。「このまま終わるのは嫌だ」と自分は全力でサポートすると言ったのが、凄く凄く感動してまた見たいと思いました。そして、部長の言葉に皆の目に力が戻ったのも良かったです。【5段階評価-4. 少し面白い】

『ノーサイド・ゲーム』twitterの反応

■公式アカウント▶︎@noside_game_tbs

ドラマ主題歌、無告知解禁で話題に

https://twitter.com/moka_mn77/status/1148032805546237952

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の見逃し無料視聴はコチラ

 

-2019夏ドラマ, TBS
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.