ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ フジテレビ

【最終話・第11話】ドラマ『ラジエーションハウス』視聴率とネタバレ。ドラマは高視聴率で終了!来週は特別番組の放送が。

投稿日:

2019年春月9ドラマ『ラジエーションハウス(毎週月曜21時/フジテレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝。ヒロイン役に本田翼。
共演に広瀬アリス、鈴木伸之、遠藤憲一、山口紗弥加、浅野和之、和久井映見、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人ほか。

ドラマ『ラジエーションハウス 』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FOD』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『ラジエーションハウス』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 窪田正孝)

【最終話・第11話】視聴率:13.8%

<前回>【第10話】視聴率:13.3%

最終回にして、高視聴率という結果になりました。

第11話『ラジエーションハウス』ネタバレあらすじ

甘春総合病院の前院長である杏ちゃんの父は、うつ病ではなく、禎瑞液圧病であった。突然意識を失った杏の父のために、唯織は医師免許を持っていることをカミングアウトし、医療行為を行ってしまうのだった。その行為がマスコミにも知れることとなり、大問題となる。麗洋医科大病院から派遣されていた医師も皆戻ってしまう。大森院長に唯織を処分するよう圧力をかけてきたが、院長はつっぱねるのであった。唯織は、ラジエーションハウスのみんなに、どうして医師の資格を持つのに、技師として働くことにこだわるのか、打ち明けるのであった。それは、子供の頃の杏との約束。みんなは激しく驚く。そして、唯織の選んだ道は、甘春病院を辞めて、外国の研究機関に技師として戻ること。あくまでも技師にこだわるのだった。旅立つ日、追いかけてきた杏から、『必ず戻ってきてください。約束です』と言われ、新しい約束をかわしたのであった。

視聴者からの感想

30代男性
五十嵐がいろんな病名を知っていてすごいなと思いました。甘春に変わって手術したのがとてもビックリしました。五十嵐が医師免許あることをみんなに言ったのがとても驚きました。五十嵐が医師免許持ってることを知りチームが複雑になったのが可哀想でした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
鏑木が五十嵐の医師免許を知り驚いていたのが面白くてよかったです。技師が医療行為したとしてマスコミが病院にきたのがとてもひどいと思います。大森と辻村のお父さんとのやりとりが激しくてとても面白くてよかったです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
記事のせいで病院のキャンセルが続いてるのがとても可哀想だと思いました。五十嵐が世界一の技師になりたいとかとてもかっこいいと思いました。五十嵐にチームのみんながエールを送ったのがとてもいいチームだと思います。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
何で医者じゃなくて技師なのか、甘春と昔約束した。そのことを技師の仲間に話すと、くだらないとみんなに笑われてさすが純情ボーイ五十嵐だなと思った。迷惑な存在で振り回していた五十嵐だったが、みんなに愛されてると感じた。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
五十嵐が技師であり続ける理由を聞いてチームのみんながポカンとしていたのがとても面白くてよかったです。五十嵐が甘春に辞めることを言わなかったのが甘春がとても可哀想でした。みんなが五十嵐のことを見送りにきたのがいい病院だと思います。【5段階評価-5.面白い】

『ラジエーションハウス』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@radiation_2019

https://twitter.com/NARU02803015/status/1140790797408673792

https://twitter.com/hey_rockfan/status/1140789947630141440

最終回は4年ぶり4期連続で平均2桁の視聴率に!

https://twitter.com/wing_yrnk/status/1140609717179301888

https://twitter.com/ms21happysmile2/status/1138072607851331584

【第11話】ドラマ『ラジエーションハウス』無料視聴リンク

  • 【第11話】ドラマ『ラジエーションハウス』見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第1話〜全話】ドラマ『ラジエーションハウス』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 窪田正孝)

-2019春ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.