ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ フジテレビ

【第2話】ドラマ『ラジエーションハウス』視聴率とネタバレ。影の主役?遠藤憲一さんが理想の上司と話題に!

更新日:

2019年春月9ドラマ『ラジエーションハウス(毎週月曜21時/フジテレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝。ヒロイン役に本田翼。
共演に広瀬アリス、鈴木伸之、遠藤憲一、山口紗弥加、浅野和之、和久井映見、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人ほか。

ドラマ『ミラー・ツインズ』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FOD』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『ラジエーションハウス』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 窪田正孝)

第2話『ラジエーションハウス』ネタバレあらすじ

ラジエーションハウスの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)は職場にまで、離婚届を送りつけられていた。
五十嵐唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院院長の大森渚(和久井映見)に放射線技師として働く決意を伝える。
千葉健太郎(石田星空)は右足が痛いと訴え、小野寺がレントゲンを撮る。そのレントゲンを見た辻村駿太郎(鈴木伸之)と甘春杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとして、経過観察とする。

一方で、広瀬裕乃(広瀬アリス)は、MRI室に携帯電話を持ち込もうとする金田富恵(宮田早苗)に手を焼いていた。富恵は、愛犬が一緒じゃないとMRIには入れないという。それを聞いていた唯織は、犬が杏と自分との共通の思い出であり、杏は自分のことを思い出すかもしれないと考える。富恵は無事にMRI検査を終えるが、病院の外に繋いでいた愛犬が逃げていることに気がつく。唯織が無事に捕獲したものの、犬を連れ去ったと疑われ、裕乃もなぜか部長の鏑木安富(浅野和之)から叱られる。富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。

健太郎と美佐子がバスを待っていると、美佐子が倒れてしまう。病院で美佐子のレントゲンを撮るが、杏は目立った所見はないと言う。しかし小野寺は、“副腎皮質ガンで治療を終えた小山美佐子に似ている”と言う。唯織は美佐子にCT検査を受けるよう説得。しかし美佐子は、会社の正社員試験が終わり次第、受けにくると言う。杏や健太郎から心配された美佐子は検査を受けることに。検査の結果、ガンの再発所見は見られないが膵炎が原因と判断され、しばらく入院が必要となった。唯織は健太郎の膝を心配していた。

ある少年が唯織に、小野寺俊夫を知っているか聞いた。俊夫の息子が、離婚届を持ってきたのだ。黒羽たまき(山口紗弥加)は、息子に離婚届は自分で渡すよう話す。院長の大森が、ラジエーションハウスで健康グッズをオススメしている。そのころ美佐子の病室に杏が訪れていた。美佐子は、夫と別れる時、いつ再発するかわからない君に子育ては無理だと言われたことを杏に話す。杏は、焦らずゆっくり治していきましょうと。その会話を病室の外で、小野寺が聞いていた。

唯織は、健太郎のレントゲンを現像する。リフラウメニ症候群を疑っていたのだ。小野寺と鏑木が廊下で話していると、整形の医師から電話が入る。唯織がフィルムのレントゲンを見ていて邪魔だという苦情の電話だ。小野寺は鏑木に謝り、その様子を小野寺の息子が見ていた。

小野寺の息子がラジエーションハウスに忍び込む。唯織は、健太郎の病気が命に関わる可能性があるとしてMRI検査をしたいと願い出た。そのかわり、後回しにする人間ドックの患者は、金田夫人だ。周りが良しとしない中、小野寺は調べて病気がなければ、それでいいじゃないかと言う。そのやりとりを小野寺の息子が聞いている。

小野寺は、部長の鏑木に頼み込むが断られてしまう。その様子を見ていた杏がフィルムのレントゲンを確認することに。健太郎のMRI検査を行う唯織たち。会長の金田は検査を待たせていることに腹を立てている。怒りをあらわにし、検査をやめるように指示する鏑木に「責任なら私が取ります。邪魔しないでいただきたい。」と小野寺が言った。そこに杏がやってくる。杏は病変が隠れている可能性は否定できないと。鏑木は苦虫を噛み潰した顔で会長の金田の元へ。

検査の結果、健太郎は骨肉腫であることが判明する。美佐子に健太郎の病気が告げられる。さらにリフライメニ症候群の疑いがあると。美佐子は、ガンに怯えながら生きていく現状に肩を落とす。そんな美佐子に杏は、一緒にがんばりましょうと声を掛けた。謝る健太郎に、美佐子はかけがえのない存在だと言った。小野寺は、お母さんはすごい人だと。君も負けるなと声を掛けた。

小野寺がラジエーションハウスに戻ると、息子がデスクに座っていた。そして、書いたら持ってきてと、離婚届を渡す。小野寺は、病気は検査のたび再発に怯えて、辛いことを思い出すと言った。それを聞いた唯織は、検査のたび、命の大切さを感じることができる。そう信じてやっていくしかないと返す。小野寺は離婚届を書き、息子に渡す。そこには“バーカ、離婚なんてするか!”と書いてあった。バカは、どっちだよと息子はつぶやき、離婚届を破り捨てた。

杏は、父から聞いていた技師の大切さを忘れていたと、院長の大森に話す。そして、唯織は何者なのかと聞く。院長の大森もよくわからないと。でも困ったら頼るといい、必ず力になると言った。

杏は唯織に礼を言いたいが、強がって言えずじまい。そんな杏を見た院長の大森は、唯織に杏の兄が20年前に亡くなったと教える。犬を連れ戻そうと工事現場に入った兄は、事故で亡くなった。それ以来、昔の話は一切しなくなったという。唯織は、杏を支えようと強く思う。しかし、目の前で辻村が杏を食事に誘い、行くと答えているところを見てしまう。

視聴者からの感想

50代女性
杏ちゃんが五十嵐の事を思い出してくれないのはには、お兄さんが亡くなったいきさつで、思い出を封印してしまった様で、五十嵐は院長にその事情を聞いて、自分の事を思い出してくれなくても、技師としてずっと支えて行く事を胸に誓った様ですが、それでいいのでしょうか?ハッキリと言えば良いのに!ネ~!と思います。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
息子の膝が痛いのは成長痛だと医師から言われ安心したのもつかの間、母親が倒れて不安になる中息子も骨肉腫とわかり辛すぎる現実だと思いました。母子家庭で育つ子は優しく、母親のことを心配して自分の膝が痛いのに、ごめんなさいと母親に謝っていてなんていい子だと思いました。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
小野寺技師長は妻からの離婚届けにサインをしないで破り捨てていた。息子が離婚届けを持って来た。息子は父親に会いたくて離婚届けを持って来たのだと思いました。会う理由が離婚届けだったのかも知れない。父親の働く姿を隠れていたが見ることが出来て良かったと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
今回幼なじみの記憶を蘇らせようとやっきになっている窪田正孝君のシーンは毎回ボケボケしていて母性本能くすぐられます。遠藤憲一さんの上司の圧力と部下の熱意に挟まれているなんとも辛い立場の室長が一番かっこよく温かい方だなと思いました。このドラマは音楽とCTやレントゲンをとっている時のシーンがマッチしていて吸い込まれそうになることがあります。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
犬がいなくなったのがとても面白くてよかったです。五十嵐がビンタされたのがとても笑えて面白くてよかったです。病気がもし再発したらとても嫌だなと思いました。子供のために一生懸命働くお母さんはすごいと思いました【5段階評価-4.少し面白い】。

『ラジエーションハウス』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@radiation_2019

エンケンこと遠藤憲一さんが理想の上司だと話題に!

遠藤憲一さんがドラマのなかで『かっこいい!!』と話題になっています。

もはや影の主役になりつつあるそうです!

健太郎の母・美佐子(中越典子)の病歴から、健太郎自身にも重大な病が隠されている可能性に気づいた唯織は、医師からのオーダーのない膝のMRI検査を実施しようとしました。小野寺は「調べて病気がなけりゃ、それでいいじゃねーか」と唯織の判断を支持をします。しかしMRI検査を強行する唯織たちの前に鏑木(浅野和之)が乗り込み、「急患でもない患者の検査なんか許可した覚えはありませんよ!」と激昂。これに対して小野寺は「責任なら私がとります」と話すと、続けて「この検査に1人の少年と母親の未来がかかっています」と言い放つ。

SNS上には「上司の鑑」「小野寺さんの上司としてのカッコ良さが最高」などの声が殺到しました。

【第2話】ドラマ『ラジエーションハウス』無料視聴リンク

  • 【第2話】ドラマ『ラジエーションハウス』見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第1話〜全話】ドラマ『ラジエーションハウス』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 窪田正孝)

-2019春ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.