ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ フジテレビ

【第6話】ドラマ『ラジエーションハウス』視聴率とネタバレ。ドラマに出て来た『 IVR(画像下治療)』に視聴者は興味津々。IVRの解説あり!

更新日:

2019年春月9ドラマ『ラジエーションハウス(毎週月曜21時/フジテレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝。ヒロイン役に本田翼。
共演に広瀬アリス、鈴木伸之、遠藤憲一、山口紗弥加、浅野和之、和久井映見、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人ほか。

ドラマ『ラジエーションハウス 』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FOD』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『ラジエーションハウス』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 窪田正孝)

【第6話】視聴率:13.2%(番組最高視聴率達成!!)

<前回>第5話・視聴率:9.1%

第6話『ラジエーションハウス』ネタバレあらすじ

たまきたちは、杏の父親は杏とは大違いで、病院中のスタッフみんなに慕われていたと話していた。
偶然通りかかった杏は、メンバーに色々と注文を付けて去っていった。

鏑木は院長に放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があると言う。しかし院長は、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎないと答えた。
もし問題が起きた場合は、院長が責任を取るという約束を取り付けた鏑木は、技師の軒下に接触し、唯織の行動を監視するよう命じた。

同じ頃、唯織は杏がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木が取材協力した医療小説だった。唯織は早速その小説を読み始めた。

そんな中、公園で遊んでいて腹部を強打した沙里が救急搬送されてきた。
CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、沙里の将来を考えて傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR(画像下治療)による止血を提案した。
沙里の母親も、傷が出来ないと聞いて安心していた。
裕乃らも沙里への負担が少ないIVRを期待していたが、鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じたのだった。

沙里の母親は開腹手術になったことを知って「話が違うじゃないですか」と怒りを露にした。

唯織は、沙里が開腹手術になって落ち込む杏と悠木を心配していた。
たまきは、前院長はIVRが上手かったと言って残念がっていた。

それを聞いてしまった杏は、辻村に辛い気持ちを話していた。

唯織は、杏があまりに落ち込んでいたため、声がかけられなかったと言うが、院長は法に触れる可能性があるから気を付けるように言った。

裕乃は、落ち込む杏に「いつか出来ると良いですね」と励ました。

唯織はIVRの勉強をしていた。少しでも医師の不安を和らげてあげたいのだと言う。
杏は帰ろうとしていたが、ラジエーションハウスに人影が見えたので覗いてみた。そこには、IVRの勉強会をしているメンバー全員の姿があった。

そんな中、入院中の大腸がんの患者が急変した。その患者は心筋症を併発しており、大きな手術には堪えられないと言う。担当医の田中は、IVRが妥当だと言うが、杏には任せられないから鏑木を待つしかないと言う。
しかし、唯織はこのまま放置したら命の危険があると言って、杏がIVRをするのが最善だと話した。

杏は、唯織たちのサポートでコイル作戦を成功させたが、何故か患者は急変してしまった。

唯織は、小説の金閣寺の松から、問題は大腸ではなく小腸からの出血だと気づいた。

杏は唯織たちのサポートで出血点を発見し、そこに心配した院長が顔を出し、先天性の静脈奇形だと言う。杏は無事に出血を止めることが出来た。
杏は唯織とハイタッチして、周りを驚かせた。

今頃やって来た鏑木は、杏が見事にIVRを成功させたと聞いて悔しがっていた。

唯織は鏑木にお礼を言い、小説を誉めちぎった。

杏は、いつかもっと上手くなって沢山の人を救うと言い、裕乃にお礼を言った。

視聴者からの感想

30代女性
いきなり子供が救急車で運ばれるシーンから始まったので少し緊張感がありましたが、今回のテーマはIVRという画像を使っての手術だったようで、違う手技ですがその子供はすんなり助かってよかったと思いました。甘春先生がIVRに挑戦することになった時は成功するのかドキドキしましたが、技師たちとのチームワークもあり成功して患者さんを助けることができてほっとしましたし、感動しました。これからもっとチームワークがよくなっていくのを期待したいです。【5段階評価-3.普通】
30代女性
甘春を助ける技師達がとてもかっこよかったです。甘春が五十嵐にハイタッチしたのがとても笑えてよかったです。医療には限界があるのはとても大変だと思います。信頼できる人がいるのは医者としてとても大事なことだと思います。【5段階評価-3.普通】
30代女性
今回はカテーテル治療についての話で、杏の成長ストーリーでした。たまきに言い訳している杏が痛々しかったですが、自分を正当化して納得させようとしている姿は医者としての不甲斐なさを自覚しているのだなと思いました。その姿がいじらしくて、もどかしくてという感じでした。【5段階評価-3.普通】
40代女性
今回はカテーテル治療についての話で、杏の成長ストーリーでした。たまきに言い訳している杏が痛々しかったですが、自分を正当化して納得させようとしている姿は医者としての不甲斐なさを自覚しているのだなと思いました。その姿がいじらしくて、もどかしくてという感じでした。【5段階評価-5.面白い】
50代男性
第6話はこれまでの画像診断と異なり、IVR(血管内治療や画像支援治療と言われています)に焦点が当てられていましたね。IVRに関して経験不足を痛感して落ち込む甘春先生(本田)を見かねて、技師チームがIVRの勉強をしていつでも行うことができるように準備していたシーンが素敵でした。また実際にIVR対象の患者が現れた際、不安そうな甘春先生に対する技師チームの声かけに感動しました。あそこまでサポートすると言ってくれるチームメンバーがいれば、自信を持って頑張れますよね。本当に良いチームだと思いました。そして甘春先生が患者の止血に難渋した際の五十嵐(窪田)の冷静で的確な助言がかっこよすぎました。患者への止血が成功した後、甘春先生が五十嵐にハイタッチをして微笑むシーンは見ているとこちらもとても微笑ましかったです。【5段階評価-5.面白い】

『ラジエーションハウス』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@radiation_2019

 

『IVR』画像下治療って・・?

IVRはインターベンショナル・ラジオロジー(Interventional Radiology)の略で(注)、画像下治療という和名があり、X線透視やCTなどの画像でからだの中を見ながらカテーテルや針を使って行う治療です。また、当センターでは、内視鏡を用いて同様の治療を行う内視鏡インターベンションも、必要に応じてX線透視やCTなど各種の画像を組み合わせて行っています。いずれも、低侵襲であるためからだへの負担が少なく、高齢の患者さんも安心して治療を受けられます。また、迅速性が高く、治療の結果としての効果がすぐに現れるのも特徴のひとつです。IVRによる治療が適応となる場合は、長く続く薬物療法にかかる費用などと比べて廉価で済むため、医療費削減への貢献が期待されています。当院では、がん自体に対して行う治療はもちろん、さまざまなつらい症状をやわらげる緩和的な治療も積極的に行っています。

出典;『国立がん研究シアター中央病院ホームページより

『IVR』に関しての視聴者からの口コミ↓↓

【第6話】ドラマ『ラジエーションハウス』無料視聴リンク

  • 【第6話】ドラマ『ラジエーションハウス』見逃し動画無料フル視聴はコチラ

▶︎【第1話〜全話】ドラマ『ラジエーションハウス』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 窪田正孝)

-2019春ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.