ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第101話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。地域の女性や子ども達が集まりクリスマス会を

更新日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第101話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第101話:視聴率】近日更新予定

第101話 ネタバレ解説

ちあ子さんの家では、地域の女性や子ども達が集まりクリスマス会をしていた。その人達から今やっている地域活動の働く母の会のことをちあ子さんが記事にして紙面で取り上げた話を聞いた。今は共働きの家庭が増え鍵っ子が多いから、鍵っ子を減らしたいと学童保育女性願書の署名活動をしているこというだった。そこに美術館職員の女性がやってきて、ちあ子さんが喜美子の事を陶芸家の川原八郎さんの奥さんと紹介すると、その人は八郎さんの事を有名な陶芸家だとわかっていて喜美子は驚いた。喜美子の様子がおかしいのに気づいた女性が、中華料理を食べに行こうと誘い、喜美子は中国酒を飲んでほろ酔いでちあ子さんの家に戻った。ちあ子さんに、お父ちゃんの影響でお酒はあまり飲まないが、今はお酒を飲むお父ちゃんの気持ちがわかると言った。百合子から喜美子を大阪へ行かせる連絡を貰ったちあ子さんは驚いたと話すと、昔、ちあ子さんが信楽に来たとき喜美子が自分もやりたいこと見つけたと泣いたことを覚えていて、喜美子にとってちあ子さんはお姉ちゃんだといった話をした。ちあ子さんは何かあったか気になったが深くは聞かなかった。ちあ子さんは取材があると外出する際、10時になったらラジオを聞くようにいった。ラジオから流れてきた声は「信楽太郎」だった。喜美子は驚いていた。

第101話 感想

30代女性
荒木荘がもう無くなっていることに驚き寂し気持ちになりました。さださんや大久保さんの名前や、雄太郎さんが頑張っている様子が分かって懐かしく感じられました。大阪は喜美子にとってとても大事な場所だから、この地で何か新しい発見や原点に戻ったりと気持ちが落ち着いたらいいなと思います。
30代女性
八郎が喜美子のいない隙を狙ってきたのは、武志に大阪に遊びに行く話を聞いたからこの日に来たのかなの思いました。マツがお茶碗を渡そうとして八郎も一瞬悩んだのは、出来れば帰ってきたい気持ちもまだあるのかなと感じました。早く帰ってきてほしいです。
30代女性
陶芸家川原八郎の名前が世の中に広まっているのがよく分かりました。八郎のことを知っている人なら喜美子が奥さんだと知ってさぞ驚きになったことだろうと思います。もし喜美子の名前も少しでも知られていたら、また違った反応が見られたのかなと思いました。
40代男性
ちや子に言われてラジオをつけると懐かしいゆうたろうの声が聞こえてました。公務員から俳優、歌手へと夢に向かっていましたが、紆余曲折の人生だったと思います。ラジオにゲストとして呼ばれる位に活躍しているのだったら凄いです。明日、大阪時代のメンバーが次々出て来て貴美子の固まった考えが少しでも柔軟になって行ったらと思います。
40代男性
ちや子が仕事で出かけていて待っている間、大阪時代絵を描いていたように、絵を描いていました。子供と男性が夕日に向かっている絵です。八郎とたけしだと思いますが貴美子がいません。今後の事を考えているのでしょうか?八郎との関係が今後気になります。

『スカーレット』第101話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第101話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.