ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第109話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。武志は大学に合格し、大学の寮に入ることになり・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第109話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第109話:視聴率】近日更新予定

第109話 ネタバレ解説

武志は大学に合格し、大学の寮に入ることになり信楽を去って行った。旅立つ日、武志は喜美子に「大学に行かせてくれてありがとう」とお礼を言い旅立った。武志の大学の資金は八郎が毎月送ってくれていたお金を使わせてもらうことにした喜美子。それをマツに伝えるとマツは何も言わず、電話番号が書かれた紙を喜美子に渡した。それは八郎の連絡先だった。その番号に電話をかけると女性の声がして喜美子は少し動揺してしまった。電話の後、照子が家庭菜園の野菜のお裾分けを持ってきてくれて電話の話を聞いてくれた。照子が話を聞くと、その電話の女性の声は留守番電話のアナウンスだったと分かり留守番電話を知らない喜美子に照子は呆れてしまった。直子と鮫島、百合子と百合子の娘達が川原家に集まり改めて留守番電話の話を聞いてもらい、それがなんなのか教えてもらった。結局まだお礼の電話が出来ていないことを聞いてもらうと百合子は親としてちゃんとお礼の連絡と合格の連絡をした方が良いと言う。電話をする気がなくなった喜美子は後日百合子経由で信作に住所を聞いてお礼状を送ることにした。そして百合子の手作りパウンドケーキを楽しく皆で食べながら談笑し、夜にはマツと喜美子、直子、百合子の4人で縁側で並びお喋りをしながら穏やかな時間を過ごすのだった。

第109話 感想

30代女性
息子の武志が大学の寮に行ったので、母と二人暮らしになった。家を出ていく時に武志が主人公に「おばあちゃんの布団ひいてあげて。」と。とても優しい息子になったなと思った。「大学に行かせてくれてありがとう。」と。離婚した家庭なのに大学に行かせてもらって良かった。八郎も毎月仕送りをしていたなんて、すてきな元旦那だと思った。照子の話を聞いていると、主人公は本当に世の中に遅れているなと思った。久々に母と姉妹三人で話をしていた。こういう時間も必要だなと思った。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
八郎は、喜美子と別れた後にずっと仕送りを続けていた所に性格の真面目さと我が子の武志を思う優しさが伝わり、大学という大人になっていく旅立ちの日に息子の武志自身が御礼を伝えるべきに感じるが、喜美子がちゃんと御礼を伝えようとする気持ちの素晴らしさがわかる。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
武志が家からいなくなって喜美子とマツさんの二人きりになり、少しずつ人数が減っていく川原家。寂しくなりそうな所ですが百合子や百合子の孫も近くに住んでるから遊びに来てくれるし、直子と鮫島も気にかけてくれるから変わらず楽しい日々がまだまだ過ごせそうだなと感じられました。【5段階評価-5.面白い】
50代男性
お祖母ちゃんの布団のことを気にする武志がお祖母ちゃんのことが大好きで大切にしていたのが伝わってきました。お祖母ちゃんの布団には思い出もあるから関連付けられたのかなと感じました。マツさんも気にかけてくれて嬉しかったと思います。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
息子の武志が京都の芸大に進学する朝、喜美子は彼になんでも楽しみなさいと言います。辛いことがあったらその辛いのを楽しみなさいとは、裏を返せば単に嫌な気持ちを引きずるのではなく、前向きに捉えそれについて深く考えるということなのだと思います。まだ世の中を知らない武志にとって目の前で起こる現象がなぜ起こるのかをこれから考えることが必要になるのだと思います。彼は良い男になりそうですね。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第109話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第109話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.