ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第11話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。戸田恵梨香15歳演じても違和感ないと話題に

更新日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第11話 視聴率】:近日更新予定です。

<前回>【第10話 視聴率】:19.9%

第11話 ネタバレ解説

昭和28年2月、15歳となった喜美子は信作の自転車を借りて坂を下る。自転車を押す喜美子と一緒に歩く信作は高校は行きたくないと言う。そんな信作を見て喜美子は、金賞を取った絵を見せて励ます。喜美子は丸熊陶業に就職することが決まったため、秀男に挨拶をしに行く。熊谷秀男が営む丸熊陶業は信楽焼の火鉢としての生産量が一二を争うようなっていた。照子と話をした喜美子は、秀男と話をするが男の職場に15歳の女の子を入れるのは難しいとのことで、就職の話は無かったことになってしまう。傷心の思いで家に帰った喜美子だったが、父常治が近所のお婆ちゃんの孫2人を雇うことになったり、信楽の人々が喜美子の就職祝いでブラウスやスカートを作りにきてくれたりと、就職の話が無かったことが言い出せず、ついに泣き出してしまう。父常治は飲み屋で大野雑貨店の店主忠信と喜美子の就職で盛り上がっていたが、居合わせた秀男から就職の話が無くなったことを言われ、しばらく帰ってこなかった。秀男はお詫びの品を持って照子の家へ出向く。そんな中洗濯物を取り込んでいた喜美子のもとへやってきた照子は、みんなを説得すると喜美子に言う。それから数日後、父信作が帰ってきた。理由は働き口を見つけてきたという。そこは荒木商事という大阪の会社だった。

第11話 感想

40代女性
喜美子は女ってだけで首になって、男の人はすんなり働き口がみつかるなんて不条理だなと思いました。喜美子の両親は、喜美子をあてにしすぎです。もっとしっかりしてほしいです。早く本当のこと言えばいいのにとヤキモキしました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
喜美子は普段はズケズケ物をいうのに、肝心な就職無くなった話をさっさと言わなくてイライラしました。照子は憎まれ口たたきながらも、さりげなくて優しいですね。大阪に働くので一人暮らしになるけど、喜美子にとってプラスになりそうな気がします。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
前回の「なつぞら」が終わってしまい、待ちに待った「スカーレット」が始まりましたね!幼いキミちゃんの母親と妹思いな姿に胸を打たれる毎日です。北村一輝さん演じるキミちゃんのお父さん役にも時折キュンとしています。佐藤隆太さん演じる草間さんがキミちゃんに、しがら焼きを作ったかたへの対応が酷いと教えていた言葉が胸に響きました。明日からは戸田恵梨香さんが演じるキミちゃんへと変わるようなので、また新たな楽しみが増えました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
みんなそれぞれが年を重ねて、キャストもいよいよ変更してこれから本番です。しかし15歳を演じるのは多少無理があるなぁというのが正直なところですね。就職に失敗したことが伝えられない喜美子、周りが見事なほど話を勘違いして進めるのはかわいそうでした。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
一度内定していたのに、卒業間近で内定取消された喜美子が哀れだった。周りが盛り上がってしまい、なかなか言い出せない喜美子が不憫だった。勉強が好きでも家計の事情で進学できない喜美子と勉強嫌いで就職したいのに進学する信作。それぞれの事情が切なかった。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第11話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.