ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第112話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子が外に出ると見知らぬ女性が・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第112話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第112話:視聴率】近日更新予定

第112話 ネタバレ解説

喜美子は掛井先生が喜美子の作品をいつか買いたいと思っていると話していた事を思い出していた。喜美子の作品はかなり高額なため、一般人には簡単には手が出せないほどだった。喜美子はもっと低めに値段をつけたのだが、それ以上に高額に設定され、喜美子は売れないと心配していたがそれでも売ることが出来たのだった。喜美子が外に出ると見知らぬ女性が川原家の敷地内にいた。話を聞くと女性は小池アンリといい、喜美子を訪ねに来たという。喜美子は工房の中をアンリに見せることにした。アンリは喜美子の作品を目にすると静かに触りながら値段を聞く。喜美子は非売品だから売れないと言うがそれでもその場で財布を取り出してアンリは買おうとする。喜美子は話をしても聞く耳持たないアンリに100万円だと言い追い払った。そしてその話を遊びに来たちや子にするのだった。ちや子は市会議員になっていた。それでも喜美子とちや子の関係は変わることなく夕ご飯の後は二人で横になってお喋りを楽しむ。ちや子は新聞社に居た頃と何も変わらずエネルギーが満ちあふれたままだが、喜美子は自分は変わったと言う。内職でストッキングの直しを一足12円で喜んでいたのに、今は高額でお金が入ってくる生活になったと変化を感じていた。ちや子は喜美子に、急に荒木荘の時のような生活に戻ってもやることは出来るかと問いかけると、喜美子は出来ると言い切る。そんな喜美子にちや子は喜美子は変わっていないと言ってくれ喜美子はその言葉に安心した。ちや子が帰った後、再びアンリが訪問してきた。今度は100万円を持ってきて喜美子の作品を買い取ろうとするのだった。

第112話 感想

30代女性
ちや子さんが市会議員になっていたことにビックリ。でもエネルギッシュなちや子さんにはぴったりな生き方で相変わらずステキだな、と。そしてちや子さんとの時間を通して喜美子の心からの笑顔を久しぶりに見れた気がしたのは良かったですが、落ち着くことなくまたまた強烈そうな新キャラ登場。今後の展開が楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
貴美子がまた一人になってしまいました。せっかく武志が信楽に帰って来たのに。親として寂しいのが、良くわかります。努力の甲斐あって作品が高額で取引されています。夫を失っても得た名声なのかと思うと少し悲しいです。ちや子さんは本当の姉のように頼りになって安心します。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
たけしが一人暮らしをすると喜美子に話していたけど、きちんと一人暮らしの大変さを考えていたことに感動した。立派に成長したと思った。でも、喜美子は寂しかったと思った。折角たけしと暮らせると思ったのにまた一人になってかわいそうだった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
コソコソと現れた謎の中年女性のアンリが人気女性陶芸家の喜美子の作品を売って欲しいに対して、怪しんでいる喜美子が帰ってもらうためにアンリの提示した金額よりも倍以上の値を付けて売る気もないのに話す所が巧みだったが、再び現れたアンリが喜美子の提示したお金を持ってくる事にビックリ、モノは言ってみるもんだと思ってしまった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
武志が京都で一人暮らしをすることになった。貴美子は心配ですよね。寂しいですし。そして小池と言う女性が訪ねてきた。貴美子の作品を買うと言って聞かない。一体何者なんでしょうね。つや子はとうとう市会議員になったこれからの活動が楽しみですね。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第112話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第112話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.