ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第113話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。常連客の住田が「あの人はスキャンダル女優や」と言う・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第113話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第113話:視聴率】近日更新予定

第113話 ネタバレ解説

アンリは100万円を持て来て、喜美子は「売る気はありません。ほな、300万、600万、800万や」と言う。別の日にアンリが800万を持ってくる。喜美子は「なんぼ持ってきても、これは初めての作品なんで譲れません」と断ると、アンリが作品をなぞりだし「作品と会話出来る」と言い出す。「先生の作品は音を奏でます」「去年、先生の作品を見て心を掴まれてしもうて・・これでも半年我慢していたんです」と言い、喜美子が「そんなに好きなんですね。有難うございます」と言う。アンリは作品ごとにカントリーブルースやワルツ・演歌やピアノ協奏曲などが聞こえると言い楽しそうに歌い出す。「また来ます」と上機嫌で帰っていくアンリであった。夜、電話で武志と話す喜美子。照子の長男の竜也が窯業研究所にいる事を知った武志は、一生懸命に面倒を見る。工房では照子が喜美子に達也の話をしながら敏春の事をのろける。そこにまたアンリがやってくるが、常連客の住田が「あの人はスキャンダル女優や」と言う。

第113話 感想

30代女性
小池アンリってすごい。余程花瓶がほしいのか800万持ってきた。喜美子が初めて焼いた穴窯の作品だから売れないといって断ったら、以外にアンリさんはわかってくれてた。器が大きいと思った。音を聞かせて貰うだけでと言ったアンリさんってどんな人がとても興味が湧いた。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
穴窯が成功して初めての作品をアンリが買いたいと高額のお金を持って来ました。作品から出る音を楽しむという不思議な事を語っていますが作品を愛している事だけは感じとられました。これから、このアンリとの絆が出来て行くのが感じられます。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
アンリさんが800万円持ってきたのには驚きました!変な人だと思ったけれど、喜美子のファンだということで純粋に作品が好きなんだろうなと思いました。そして、照子の息子が不良かと思いきや、いい子だったのでホッとしました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
貴美子はお客様で、初めて自分の思いや芸術に対する思いを理解する人に会いましたね。作品に惚れ込み、向き合って本当に貴美子の気持ちを動かしましたね。たかが物ですが、自分の作った物が人を動かすって本当に嬉しいものですね。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
女性陶芸家として有名人の喜美子の作品がどうしても欲しく堪らないアンリは足を運んだだけに、お金がいくら掛かろうと手にいれたい気持ちが強くなるのは当たり前で、陶芸家として生活ができている喜美子は理解しておくべきだった。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第113話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第112話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.