ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第114話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。ある日、喜美子はアンリから作品の注文を受けていた

更新日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第114話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第114話:視聴率】近日更新予定

第114話 ネタバレ解説

ある日、喜美子はアンリから作品の注文を受けていた。アンリは急に喜美子の5万円の作品を簡単に買っていこうと言い出して喜美子はそんなアンリに少し困惑していた。5万円というお金の価値に対する考え方に大きな差があると喜美子は感じた。喜美子の様子がおかしいと気がついたアンリは美味しいワインを飲んだらどんな人が作ったか気にならないかと例え話を始める。値段がいくらしようと作品に対してもどんな人が作るのかと知的好奇心が働き、喜美子の作品に一目惚れしたから今自分はここにいられると言うのだった。また、話をしていく中で喜美子が八郎と別れて一人だと分かると自分と同じだと呟く。すると、アンリは何かを思いついて、すぐに戻ると言って工房を出て行く。しかしアンリは翌朝になっても帰ってくることがなかった。窯業研究所では掛井の奥さんが妊娠したりとおめでたい話題が出る中、敏春が竜也の様子を見に来ていた。竜也が丸熊陶業の跡継ぎだから土を触る必要はないと皮肉を言う人間もいたが掛井が「皆で丸熊陶業の跡継ぎを育てよう」と明るく振る舞ってくれたことによって竜也も頑張る気になり敏春も涙を流すほど喜んでいた。その頃、喜美子はアンリが戻ってこないのを気にしていた。家の入り口が開くとアンリだと思うが武志だったため少し残念そうにする喜美子。武志が喜美子の様子がおかしいと気になっていると、今度こそアンリが5万円のワインを持って帰ってきた。アンリが無事に戻ってきたことに喜美子は泣いて喜ぶのだった。

第114話 感想

30代女性
皆で丸熊陶業の跡継ぎを育てようと敏春がそれを聞いて涙するところを見ると、子供の成長が嬉しいんだなと思いました。親はいつも子供の事を思ってくれているんだなと思うと、竜也がどんな風に成長をするのか楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
喜美子にとっての5万円とアンリにとっての5万円の価値に大きな違いがあるのが分かりました。喜美子は貧乏な時代が長かったからこそお金の価値や大切さが身にしみていますが、女優や旦那が不動産のアンリにとっては大したことがないと生き方の違いで価値観も変わることがよく分かりました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
アンリって「5万って安い?」って聞く位なので、やっぱり世間知らずの女優さんなんでしょうか?でもスキャンダル女優と言われながら「これは何で出来てるんやろ、って知的好奇心がウズウズしてる」って少女みたいな所もあって。面白い人だな、と思いましたえ。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
掛井先生が電話を切った後、叫んでいたが何がなったかと思ったら、奥さんが妊娠したと聞いてからの叫びだった。よっぽど嬉しかったと思う。実感が湧かない感じがよくわかった。おめでとう!照子の長男のことをみんなで育てようといってくれるって掛井先生は本当に素敵な先生ですね。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
小池といろいろと話をしていてお金持ちの人達とは違う人生を送っていると言うと、貴美子の作品があったから違う人生を送っていた人が出会えたと言われる。本当にそうですね。人との出会いは本当に重要で人生がそれで変わったりするので不思議ですね。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第114話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第114話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.