ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第115話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。一人寂しく暮らしている喜美子は、アンリに・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第115話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第115話:視聴率】近日更新予定

第115話 ネタバレ解説

喜美子はアンリが神戸まで行って買ってきたワインを一緒に飲んだ。翌朝喜美子は二日酔いとなり、アンリはカバンを置いていなくなっていた。一方武志の窯業研究所では穴窯の女性陶業家喜美子の陶芸と八郎が信楽を去った話が今でも付いて回っていた。八郎は久しぶりに信作に呼び出され、信楽のアカマツで一緒に飲むことになり、気心の知れた八郎にどうでもいい話をして過ごしていた。アンリがようやく喜美子の所に戻って来て、甲斐甲斐しくお世話をする姿があり、昨夜は一人寂しく暮らしている喜美子は、アンリに部屋が余っているから一緒に暮らそうと告げていた。そしてアンリから泣いて「ハチさん」と言っていたと聞かされ唖然とする喜美子だった。

第115話 感想

30代女性
武志は母親で女性陶芸家の喜美子と、喜美子に陶芸を教えた陶芸家だった父親の八郎という両親の元に生まれて、両親と同じように陶芸家の道を進むために大学に入っただけに職員たちは才能に恵まれているという思いから話が弾み、陶芸家を辞めて信楽から出ていった八郎の話に流れていくのは人間の品の無さを感じてしまい、そんな事を毎回聞かされる武志を気遣い諭す指導者の掛井は最も人として目指すべき存在に思え、武志は良い出会いをしている。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
アンリの持ってきたワインを飲み過ぎて記憶が全く無い喜美子の醜態を間近で見ていた息子の武志の気持ちを思うと辛くなり、実の親の情けない姿ほど辛いモノはないと喜美子自身が亡くなった常治で経験していたのにやってしまう所に遺伝的なモノがあるのかもしれない気がする。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
地域で知らない人はいないそんな両親から生まれた武志はきっと生きづらさを感じているだろうに武志が武蔵丸先生を尊敬し普通を意識して生きているのがとてもよくわかりました。そして久しぶりの八郎、喜美子はずっとずっと八郎が好きなことがよくわかる回でした。切ないです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
常治がお酒を飲んだらベロベロになってしまう人でしたが、ワインを飲んで顔を真っ赤にしている喜美子もさすがに常治の血を引いているなと感じました。40歳を超えて初めての二日酔いということは、今まではお酒はなるべく避けていたのかなと感じました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
何かしら喜美子と八郎の復縁の匂いがしてきました。晋作とアンリが結託して何かを企んでいるような気がする。喜美子とアンリが飲み明かして、喜美子の八郎への思いに対して、アンリを突き動かしたような気がします。復縁は中々出来ないと言われている世の中で、復縁をすることも物語としては有りののかなと思っています。明日が楽しみです。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第115話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

 

 

 

 

 

 

 

【第115話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.