ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第12話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。幼馴染3人の関係性が素敵と話題に

更新日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第12話 視聴率】:22.4%

<前回>【第11話 視聴率】:20.3%

第12話 ネタバレ解説

常治から「大阪に働きにいけ」と言われる喜美子は「ほな行きます」と承諾する。頭を下げて就職先を探してきた、と言う常治。お給料でテレビジョンがが欲しいとねだる直子と百合子。中学校の先生が成績優秀な喜美子に高校の学費はタダにできるから進学しないか、と声がかかるが常治が断ってしまう。卒業式の後、照子がやってきて柔道で勝負を挑む。柔道着も待たずに勝負をする喜美子と照子。照子を背負い投げで投げ飛ばした所に信作が現れ、それを見て卒倒してしまう。「大阪に行くのは許さへん!」と泣きながら喜美子に言う照子。笑いながら「さよなら」と喜美子。風呂に入っている常治に「タヌキの話」をする喜美子。「タヌキが化かしに来なくなったのは信楽になれたからや。本当は大阪に行きとうない。お父ちゃんおかあちゃんとずっと一緒にいたい」と泣きながら訴える喜美子。「タヌキの道を真っ直ぐ行って左に曲がってみい。大阪では見られへんぞ」そこには大きな夕日と信楽焼の破片があり、喜美子は破片を大阪に持っていく事にするのであった。

第12話 感想

30代女性
大阪へ出ることを決めた喜美子の顔は真剣で、もう何も迷わないという強い決意が現れていました。まだ15歳の喜美子。これから一人大阪へ出ることを不安に思うのは本人だけではなく、常治もまた同じです。それでも大事な娘に遠い地へ行かせ、常治も切ないだろうと感じました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
きみちゃんもてるちゃんも女の子ということもあり自分の意思に関係なく親や家に縛られる時代背景が表れていて、お父さんが言ったきみこが数学が得意なのは、家計を考えて来たからとだと先生に言った時それは、自分が原因だろうと思いました。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
性格が悪いからまた友達が出来ない、きみ子がいなきゃ嫌だと泣くてる子がとても可愛かったです。家族から離れたくないと泣きたくきみ子を引き止めることなく家のお金の為、雇った男たちのためにきみ子を大阪に送る父は好きになれません。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
喜美子の就職先を大阪という遠く離れた場所に見つけてきた常治は父親として立派だが、喜美子の何でも出来そうな才能を見ていない視野の狭さが情けなく、人はいいがもう少し視野を広げる努力をして欲しいと願うが変わらないだろうと感じてしまう。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
第12話では、喜美子は大阪で仕事をするということになりましたが、家族と離れてしまうので心の整理がつかないと思いました。照子たちとも別れてしまうので、複雑だと思います。ドラマ後半で喜美子は夕日を見ますが、旅立つ前の強い決心を感じました。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

https://twitter.com/eqq_cu/status/1182826462346272768

【第12話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.