ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第120話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。武志は『亜鉛結晶釉』のカケラを・・

更新日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第120話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第120話:視聴率】近日更新予定

第120話 ネタバレ解説

喜美子と八郎はハグをしながらお互い意識し合う。八郎は武志と約束した大皿を持ってきていた。賞を取った大皿で「陶芸を始めた頃のドキドキ。恋やな。もうあの感じがない」と言う。喜美子は「なら壊して前に進み」と言う。武志は「ええの?」と聞くが「聞いてたやろ。前に進むんや」と言われる。武志は自分が大皿を割ろうとして、うっかり落としてしまう。そこに「面白おじさんやでぇ」と信作が現れる。掃除をする八郎と信作。そこに喜美子が怒って「カレー食べへんの!」と怒鳴りこんでくる。4人で食事をしながら釉薬の色の事を楽しそうに話す武志。喜美子は「熱くなる瞬間やね。ジョージ富士川の言葉や。うちはそれが穴窯なんや」と言う。別の日。アンリがやって来て、喜美子は「誰かの為にうちの作品で人生を豊かにしてあげたいんです」とパリの誘いを断る。アンリは「芸術の他に、誰かの人生を思う事が自分の人生も豊かになるんや」と言ってパリに行く。その頃、武志は『亜鉛結晶釉』のカケラを「雪や花が咲いたみたいや」と見つめていた。

第120話 感想

30代男性
夕食を食べている時に、喜美子と八郎が、陶芸について楽しそうに語っているのが見れてとても嬉しかったです。自分にしかできない、胸が熱くなるものがあるといっていたけど、武志にもそれが早く見つかるといいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
信作はいつもいいところで空気読めない感じで登場してくるなとおもしろすぎました。おもしろおじさんだなんて、もう40すぎたおっさんが何言ってるんだろうかと爆笑です。だけど、八郎にとっては本音が話せる信作が来てくれてよかったのかもなと感じました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
八郎が新たに歩み始めるために陶芸家として知名度をあげたコンテストで新人賞を受賞した真っ赤な大皿を破壊すると心に決めた事を、工房の外で聞いていた息子の武志が八郎の大皿を手にして出ていった瞬間に、お前がしたらダメだろと思っていたら本当に地面に落として壊すとは思い込みの激しさは家系の血筋の証しとは思うが冷静に動いて欲しい。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
武志は八郎が新人賞をとった赤いお皿を壊したくないんだと思っていました。だから自分で持って工房の外へ走っていったのかと思ったら、あっけなく手を滑らせて割ってしまって笑えました。だけど、八郎もすっきりしたようすだったし、これで前に進めるといいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
アンリからパリ行きを誘われ逡巡する喜美子。アンリは、喜美子の陶芸への気持ちと、八郎への本当の気持ちを再認識させてくれた、貴重な存在だった。互いに独り身であることから意気投合した二人。パリ行きは断ったが、これからも交流は続くのだろうと思わせるほどに濃密な時間を二人は過ごしたと思う。八郎との新たな関係を築くことができたのも彼女のおかげ。今までのモヤモヤが払しょくされた回だった。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第120話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

https://twitter.com/kuzumikuzu2/status/1231628988805607425

【第120話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.