ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第122話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。「京都で信作さんの事を知ってる人に会ってきた」と言う敏春

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第122話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第122話:視聴率】近日更新予定

第122話 ネタバレ解説

敏春が出張からの帰りに寄ってきた。バナナを食べながら「京都で信作さんの事を知ってる人に会ってきた」と言う敏春。それは昔やった『お見合い大作戦』の時に出逢った「よしこで、敏春の友達の奥さんが「よしこ」だった。百合子は「思い出した。13番目の人がよしこさんやなぁ」と言う。そして数々の女性が信作に水や靴などでしばいてきたが、「結局は何でも笑顔で聞いてくれて上手いコーヒーを飲ませてくれる女性が一番強いです」と敏春は百合子に言う。百合子が信作に「うちらは結婚して何年目?」など聞くが信作は「記憶にございません」を繰り返す。「喜美子姉ちゃんの事は覚えているのに」と拗ねる百合子。そこで敏春は和ませようと照子の話をし出す。「カレーにコーヒーやチョコレートを入れると美味しいですよ」と百合子が言い、味見をする敏春。そして「照子のとはまるで違います。丸熊の従業員達よりも泥臭くなってて」と笑いながら話していると、後ろに照子が睨んで立っていた。

第122話 感想

30代女性
ハチさんと恋したてのきみこ、あーー懐かしい。2人ともかわいらしかったよね。誰にもあんな甘酸っぱい時期ってあったよね。まぁ信作みたいなどうしようもない思い出もあるけどさ。百合子はやきもち焼いてるみたいだけど、あんなしょうもない恋愛体験は無視していいよー。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
百合子と信作がお店を切り盛りする中に訪れた敏春との会話のやり取りの中で出てきた13人目の女をめくっての回想シーンは面白かったです。そして、敏春が百合子のカレーと照子のカレーを比べて、照子のことを文句言っているそばで、後ろからこっそり登場した照子には家族で大笑いするほど、楽しいシーンでした!【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ゆりちゃんと信作夫婦の日常見てみたかったんだー。信作はゆりちゃんと年が離れてるしツンデレなのかなー。きっと2人きりなら違うはずと思って見ています(笑)それにしてもまだ昔の彼女のことでやきもちが焼けるなんて羨ましい。おっとりした口調で攻めてくゆりちゃんは信作の何枚も上手だよね。それにひきかえ、照子よ!ほんとに琵琶湖に沈めそうな顔するんじゃないよ!怖すぎる。まぁ他の女の作ったカレーにデレデレしてる旦那も嫌だけどあれじゃ100年の恋も覚めるわ。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
照子の旦那さんが、百合子が作ったカレーを味見してたけど、よっぽど照子は料理が下手なのか、べた褒めしてた。照子の味付けが濃いみたいで料理が雑なのかなって思った。まさか照子が喫茶店に来ていて、会話を聞いているとは思ってなかったでしょうが。夫婦げんかになりそうな予感がした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
敏春の話から出てきた過去に信作が考えた地域活性化のプランだったお見合い大作戦はすっかり忘れていたために懐かしさが湧いていたが、信作本人は散々な目に合ってばかりで思い出させるのは可哀想な気がしたが、信作も言い寄る女性に対して微妙な割合で付き合う姿勢があったのは自業自得だったなとハッキリと思い出しいい加減な性格だったなと感じた。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第122話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

https://twitter.com/345Sayatora/status/1232083387583565824

【第122話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.