ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第128話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。陶芸の体験教室を行う日。照子と敏春が喜美子の元を訪れた。

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第128話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第128話:視聴率】近日更新予定

第128話 ネタバレ解説

陶芸の体験教室を行う日。照子と敏春が喜美子の元を訪れた。急に教室を行うことになった喜美子にお客さんへのお土産を持ってきてくれ、更に照子は喜美子の手伝いを名乗り出てくれた。喜美子は始める前の準備だけ照子に手伝ってもらった。その際、照子は敏春が健康診断に引っかかった話をし、心配そうな照子を慰めるように明るく振る舞った。照子は本当に一人で大丈夫か改めて喜美子に聞くと、喜美子は今まで様々な出会いを得て、これから訪れた人と陶芸を通してお互いの人生を豊かにしたいと話をし、照子には喜美子の気持ちが伝わって安心して帰ることにした。照子が帰り、陶芸教室の時間になるが誰も来ないで体操を始める喜美子。すると信作が訪れて、喜美子に謝罪をする。お客さん達は信作側の事情を知り一人がキャンセルすると皆キャンセルし、他の工場見学に行ってしまった。片付けをしようとしていると、一人の女性が来て体験教室をさせてほしいと言ってきた。一生懸命教える喜美子をそばで信作が見守っていた。すると、丸熊陶業で紹介されたという親子がやってきて更に陶芸教室は賑やかになっていった。夜になり、教室が終わった後に鳥居が来て体験した人のアンケートを見ながら、若い人でも陶芸が好きな人がいるのかと呟く。すると信作は鳥居に人を敬うよう言う。焼き物の町信楽からはこれからも陶芸家は生まれて、分からないからと言って陶芸家さんを否定してはいけない。そんな陶芸家さん達を敬うよう伝えるのだった。後日、喜美子は照子と一緒に敏春の健康診断の件で病院を訪れていた。

第128話 感想

30代女性
一日陶芸教室体験者が誰もこないとわかったときの信作はとても焦ったと思う。片付けをしてたら体験者がきてくれて本当に良かった。世間話をしながら教えている喜美子がなんだか楽しそうに見えて、喜美子は人に教えることが新鮮に思えたのかなって感じた。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
照子の夫の敏春は以前の刺々しさが無くなり丸くなった印象を強く受けていて年齢を重ねて人間ができたからとだけ思っていたが、健康診断の結果で引っ掛かり再検査が必要な事から弱気になってしまっていると思うと切なくなった。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
陶芸教室当日に、最初誰も来なかったので「これは失敗かな?」と思っていたら若い女性や子供連れが来たので「やったね!」と思いましたね!鳥居に対して信作が「敬え。ここは陶芸の街や」と言ったのが印象的でした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
冒頭で照子の手伝ってあげてもええでセリフは久々にザ、照子を見せてもらえ、陶芸体験を紹介した所や逆に喜美子が不安な照子と一緒に病院に行く所は、変わらない友情を表していて心が和んだ。体験教室の様子から陶芸は気持ちが表れると改めて感じた。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
町おこしで陶芸体験を主人公の工房で行った。二組来てくれた。アットホームな工芸体験だった。子供が作った怪獣がかわいかった。主人公は、友達思いのいい人だと思った。信作が後輩に「人を敬え。わからないからと言って否定するな。」と教えていた。立派な上司になったなと思った。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第128話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第128話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.