ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第143話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子が患者の会で知り合った母子に手作りの皿をプレゼントする

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第143話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第143話:視聴率】近日更新予定です

第143話 ネタバレ解説

喜美子が患者の会で知り合った母子に手作りの皿をプレゼントする。ところが子供が急変し、医師の大崎がやってくる。家にいた八郎に荒木さだから電話が入る。家に帰った喜美子は八郎に、武志と同室の安田智也が亡くなったが武志に伝えるべきか、と相談した時にさだと圭介が訪ねてくる。驚く喜美子。そこに八郎と武志が来て挨拶する。懐かしい話に花が咲く喜美子一同。武志は作陶をするからと席を外す。圭介は和歌山の医者になり、さだはがん患者の肌着のデザインをしている、という。圭介は、ちや子から武志の事を聞いて信楽に訪ねて来たと告げる。「医学の進歩は凄いねん。いつか白血病が治るもんやって日がくると思います」と喜美子達を励まし、さだと圭介は帰って行った。武志に智也が亡くなった事をつげた喜美子に武志は「智也のお母さんにいい作品が出来たらプレゼントする」と言う。武志はバイトを減らしながらも働きつづけ、作陶もしていた。バイトに行く武志を喜美子は「無理せんでな」と笑顔で迎えるのであった。

第143話 感想

40代女性
やっぱり、戸田恵梨香さんは、大阪の荒木荘で働いていた頃が、一番イキイキしていたなと思いました。会えばすぐに、その当時に戻って、懐かしい話に花が咲く様子が、よくわかりました。あの場にいなかった水野美紀さんの姿も眼に浮かぶようでした。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
かわはら工房で瓶に入った水に指をつけて水の雫の動きで発想を浮かべようとする武志の行動はまさに陶芸家そのもの、陶芸家の喜美子と元陶芸家の八郎と同じような動きを始めただけに才能が開花するもの近い気がするだけに白血病の発症は辛すぎる。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
病気と闘いながら武志はバイトに陶芸に頑張っています。バイトは日数、時間が少なくなりながらも今出来る事やりたい事を全うしたいと思う気持ちに強さを感じます。八郎が病気と闘う我が子を力付かないといけないのに中々それが出来ないのに歯がゆいです。この充実した時間が続きますように願わずにはいられません。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
羽野晶紀さんは、年を取っても、オシャレで、とてもかわいいおばあちゃんになっていて、これまでの重苦しい雰囲気が和らぎました。『おもろい話、たんとさせていただきます」と言うセリフも、羽野晶紀さんにぴったりでした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
サダさんと圭介さんが喜美子達の家に訪ねてきて懐かしくて嬉しかったです。がしかし現実はとても厳しくて同室だったともやくんの死を受け止めて前に進もうとする武志の気持ちを考えるとつらいです。サダさんや圭介さん方面で武志を救うことができないかと最後の望みではないけど思ってしまいます。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第143話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第143話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.