ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第145話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子は武志の大皿をじっと見つめ・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第145話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第145話:視聴率】近日更新予定です

第145話 ネタバレ解説

武志が作った大皿をみて喜美子は「胸いっぱいや」と喜ぶ。武志は病院に診察に来て、同室だった智也の手紙を理香子からもらう。武志が家に帰ると八郎が卵焼きを作ろうとしていた。そこに大崎から電話があり、武志は味が感じなくなっていて『味覚障害』かもしれない、と告げられる。食事中に何も知らない八郎は卵焼きの味を武志に聞く。武志は「ごめん。味がせえへん」と答える。八郎は「少し休んだらまた味がわかる様になるわ。あのお皿凄いな。お父ちゃんを超えたな」と言うと、武志は「この先何年経っても味がわからんかもしれん!お父ちゃんは越えられて悔しくないんか!」と怒ってその場を去る。武志が鰻をもって武志の元に行くと、智也の手紙を見れられる。そこには「武志さん、おれは」で終わっていた。武志は「本当は色々やりたいことがあったのに『おれは』で終わってんで。俺は終わりたくない」と泣き出す。喜美子は武志の大皿をじっと見つめるのであった。

第145話 感想

40代女性
喜美子と八郎さんが仲良くお料理しているシーンを見て、ほっこりしました。武志の病気のシーンが続いていたから、皆でこうやって笑いあって楽しく過ごしている姿を見ると病気なんて吹き飛んじゃうんじゃないのかなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
たけしの「生きたい!」という気持ちが痛いほど伝わりました。同じ病気の仲間が亡くなったり、味覚障害という症状が出てきたりで本当に不安でいっぱいだと思います。そして、同じように喜美子と八郎も息子のことがとても心配なんだろうなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
武志の新しい作品が無事に出来上がって良かったです。水面に波紋が広がる感じがキレイですね。医者に食欲はあるけれど味が分からなくなってきたと言う武志が、八郎の作った卵焼きを「うまい」と嘘をつくのが切ない。どれだけ本人が前向きで、周囲が支えていても病気は容赦がないです。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
いよいよ最終週。今回の登場人物の少なさが家族のまとまりを感じさせてくれました。武志は少しずつかもしれませんが病気が進行しているということがわかり、その描写が切ないです。八郎さんが語る希望が、武志にとっては辛かったのでしょう。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
武志が探し求めいた水の色合いと息づいた動きを感じさせる陶芸作品が見事にこの世に誕生させた事はとても素晴らしく生きる気力にはなる反面、これをきっかけにして武志自身の体が着実に病が進行している時間経過の証しでもあると思うと切なすぎる。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第145話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

https://twitter.com/your_ollove2315/status/1241995150739439616

【第145話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.