ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第16話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。母からの手紙を読んで気持ちを新たにした喜美子

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第16話 視聴率】:近日更新予定です。

<前回>【第15話 視聴率】:近日更新予定です。

第16話 ネタバレ解説

大阪のご飯付きシェアハウス荒木荘の家政婦として、なんとか続けることを決意した喜美子。厳しい環境だが、母への絵手紙には「楽しく働いている」と書いて送った。信楽の実家にも無事に絵手紙が届き、家族で眺める。電話番も任され始める喜美子。実家にて、泥酔して帰ってきた父が絵葉書を見て、荒木荘へ電話をかける。電話代も高額なのだが、いてもたってもいられない。電話に出たのは喜美子。受け答えする声を聞いて、父は無言で泣き続ける。喜美子にとっては、ただの無言電話であった。それから数日、親友のてる子から手紙が届く。高校生活が楽しいという内容で、写真も添えられていた。それを切なそうに見る喜美子、新聞記者をしている住人にお茶を入れて対応すると、信楽の話となる。

第16話 感想

50代女性
荒木荘での仕事もなれ、喜美子は電話の対応をまかせられていましたが、大人ぽく話すようにこころがける喜美子の姿が面白かったです。しかも聞いていたのは父親。せつないです。古い信楽の器はもしかしたら、価値があるかもしれない。喜美子は浮かれていましたが、価値がなかった時のことを考えると心配です。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
大久保さんと喜美子が電話の練習をするシーンは、コントを見ているようで思わず笑ってしまいました。また、「楽しい高校生活」を演じている照子と、それに付き合わされている信作にも愉快な気持ちになりました。手紙や写真をながめながら「照子らしいなあ」と笑う喜美子には、照子と信作の状況が本当は分かっているのではないか、とも思いましたが、喜美子が自分の荒れた指先を見つめる場面では、望んでいた高校生活を諦め、働かざるを得なかった境遇を思い、切なくなりました。そして何といっても「喜美子、頑張れ・・・」と声を殺して涙を流す父親の姿。人知れず涙を流す姿に、見ていて涙が出そうになってしまいました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
まだまだ、各家庭に電話が普及している時代ではなかったのだなと思いました。子供の頃から、きかんぼうという感じだった妹が大阪に行きたがるのは、当然だなと思います。姉妹でも、それぞれに性格が違い、母の富田靖子さんが戸惑う気持ちがわかるような気がしました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
他人のせいにせず、納得して大阪に来たと言う喜美子は偉いです。当時の子はみんな今の同年齢よりずっと大人だったんでしょうね。その反面、信楽焼ではしゃぐ喜美子が子供らしくて可愛いです。長女の喜美子にとって、ちや子さんはお姉さんのような甘えられる存在になればいいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
20代男性
北村一輝さんが、大阪の戸田恵梨香さんに電話をかけて、「荒木荘でございます」という声を聞いたぢけで切ってしまうシーンには、涙が出てきました。自分が大阪に行かせてしまったという申し訳ない気持ちと、娘の成長を感じられて、親としてはなんとも言えない気持ちになってしまったのだろうなと思うと、こちらまで泣けてきました。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

https://twitter.com/FIATMANIA11/status/1184627811761283072

【第16話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.