ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第37話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。工房に向かうと知らない男性がいた。喜美子は絵付けのお仕事ができると喜んでいたが・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第37話 視聴率】:近日更新予定です。

第37話 ネタバレ解説

火鉢の絵付けに興味を持った喜美子は照子に相談して絵付けをさせてもらえることになり工房に向かうと知らない男性がいた。喜美子は絵付けのお仕事ができると喜んでいたが、その男は喜美子を見て話を聞いて喜美子を追い払った。絵付け師が皆やめてしまった為、その男性は新たに雇われた絵付け師だった。日本画家としても有名な人だったが気むずかしい人だった。社長が彼を説得にして喜美子は絵付け師として仕事を許され、絵付けの仕事をやっとやらせて貰えることになった。深野の仕事を見ながら見よう見まねで絵付けを始めた。喜美子の父は飲み屋の仲間に喜美子の縁談の話を相談していた。誰か喜美子に紹介してくれる人はいないかと紹介してほしい胸を伝えていた。

第37話 感想

30代女性
深野先生がいい人でホッとしました。これまでの絵付けの偉い先生とは違い、どこかぬけていてほんわかした人です。口癖は「ええよー」で、彼のことを好きになりました。それはきっと喜美子も同じで、これから絵付けの世界に飛び込んだ喜美子を応援したいです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
新しく来た絵付け師に最初は追い出されたが手順を踏むと訳も聞かずにすんなりと受け入れた事には少し物足りなさを感じましたが夜暗くなっても一人取り組む喜美子の姿を見ていると、うれしい気持ちと応援したい気持ちがわいて来ました。母親と信作の母親親のやり取りは笑えました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
時々、小道具や衣装が、この時代に合わないものがあるなと思います。戸田恵梨香さんが履いているもんぺもイマドキの刺繍がしてあったり、富田靖子さんが財前直見さんに預けたビンの貯金箱もピカピカ光りすぎていて、ちょっと時代がおかしいような気がしました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
焼き物の世界は、男の世界だと思っていましたが、イッセー尾形さんが、なんでも「ええよ」と言ってくれるキャラクターだったので、戸田恵梨香さんの将来が拓けてきたのかなと思うと、人との出逢いは本当に大事だなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
絵付け部屋にやって来た喜美子を黙ったままゆっくりと外に出して戸を閉めて、開けようとする喜美子と開けまいと懸命に抵抗する絵付け師の心仙の無言で対峙して、力の入った顔芸対決をする面白い光景だけで笑ってしまった。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第37話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.