ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第48話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子は騒がれると思わず周りに言われるがまま新聞記事に載ってしまった・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第48話 視聴率】:近日更新予定です。

第48話 ネタバレ解説

新聞記事には、やはりふか先生の話は一言も載っていなかったが、ふか先生達はきれいな写真やと笑ってくれた。八郎さんが絵付け作業場にきて、この間会った時と雰囲気が違うので喜美子はなんで怒っているのか聞いた。すると八郎さんは新聞記事の深野先生の事が全く載ってないことや喜美子がマスコットガールでホットケーキが食べたくて絵付けを始めたこと等で怒っていると話した。喜美子は騒がれると思わず適当に周りに言われるがまま載ってしまった自分が悪いと言った。新聞記事のお陰で火鉢の発注が増え喜んだ社員が食堂に来てそのことを報告し、ふか先生の時代からみっこうの時代だと言ったが、そこにはふか先生もいた。絵付け作業場に八郎さんがきてふか先生に言い忘れて事があると伝えにきた。自分の実家にあった深野先生の絵をずっと大切に飾っていたのに、闇市で売って食料にかえたと涙ながらに話しお礼をいった。深野先生はやさしく忘れないでいてくれてありがとうと頭を下げた。

第48話 感想

40代女性
八郎が、深野先生と対談する。八郎の祖父が大切にし、自宅に飾っていた深野先生の日本画を、子どもの頃に米と卵に変えてしまったとのこと。先生が描いた大切な絵を売り飛ばしてしまったことへのお詫び、そのおかげでおいしいご飯や卵が食べられたことへの感謝を述べる姿に、彼の誠実さがにじみ出ていて好感を持った。
40代女性
イッセー尾形さんのセリフを言う口調は、ご自身の発案なのか、演出からの指示なのか、知りたくなりました。「ええよー」というセリフには、とても優しくて、すべてを許してもらったような気がして、心が軽くなります。
30代男性
前社長の秀男と新若社長の敏春は喜美子の嘘の新聞記事でやたらと花が届けられて上機嫌とイヤらしい経営者の考え方が露骨に出ているのが面白く、結局金儲けしか頭になく商品に対するプライドもへったくれもない自ら証明したのだろう。
50代男性
新聞の影響で火鉢の発注が舞い込み、喜んだ丸熊陶業社員がふか先生の時代から新しい時代とふか先生の前で言うなんて非常識だと思った。喜美子もいたたまれない気持ちだったと思う。八郎さんが実家にあったふか先生の絵を食べ物に換えてしまった後悔を話したが、ふか先生はやさしく忘れてなくてありがとうと言ったがふか先生の人間性が素晴らしいと感じた。
30代男性
八郎の態度がなんだかおかしい。日本画を代表する深野先生の存在は全くなく、絵付師になった動機も不純そのもの。散々な新聞記事の内容に腹を立てていたのだった。記者に適当に書かれたものだと知って誤解がとけた時はホッとした。

『スカーレット』第48話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第48話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.