ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第56話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子は八郎に「お見合い大作戦」の話を・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第56話 視聴率】:近日更新予定です。

第56話 ネタバレ解説

喜美子は陶芸に没頭する八郎を夢中で見ていた。陶芸に興味を持った様子の喜美子に八郎は大まかな流れを説明する。その後、喜美子は八郎に「お見合い大作戦」の話を聞く。信作と八郎はとても仲良くなっているようで、2人でよく飲みに行っているようだ。そのことを知った喜美子は不機嫌になる。自宅への帰り道、大野雑貨店の前で喜美子は信作を待った。喜美子は信作に自分も飲みに誘うよう文句を言った。そこで、信作にも「お見合い大作戦」に参加するよう頼まれる。喜美子が帰宅するとご飯も食べず思い詰めた表情で家族が待っていた。喜美子は「お見合い大作戦」のことだと勘違いし、参加を表明する。しかし、暗い表情だったのは東京の直子から「モウイヤ・モウダメ・モウアカン」との電報が届いていたからだった。

第56話 感想

30代女性
余った粘土で人を作って「こびと」か「妖精」かで意見が分かれたのが面白かったです。結局喜美子の「こびと」呼びが採用されましたが、喜美子を立ててくれる八郎は優しいなと思いました。せっかくなのであのこびとも焼いて喜美子に絵付けをしてほしいです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
八郎が作っていたうどん皿の陶芸に夢中になって見ていた喜美子を見て、これがきっかけとなり陶芸の道に進む事になった最初のエピソードになりそうだなと感じました。集団見合いに参加する事にした喜美子が、直子からのSOS的な電報を見て心配になっていた展開も、続きが気になる内容でした。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
小人か妖精かともめる喜美子と八郎が微笑ましかったです。陶芸の過程を楽しそうに見つめる喜美子がキラキラしていて綺麗です。信作に八郎との飲み会に誘わないのをすねる喜美子は、自分の恋心に気付いているのだろうか気になりました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
主人公は八郎と陶芸の話をして盛り上がっていた。本当に主人公は芸術が好きなんだなと思った。八郎と信作が仲良しという事を聞いて、自分もその友達の仲間に入れて欲しいと。同年代の友達は大人になってからでも、大事だと思う。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
関西弁の為か、なんだかコメディタッチでとても面白いです!今日も喜美子と八郎の掛け合いがとても楽しくて、夫婦漫才のようでした。焼き物のことを丁寧に教えてくれる八郎は優しいなーと思うし、喜美子とお似合いです。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第56話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第56話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.