ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第65話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。「陶芸を辞めないと駄目ですか?」と言う八郎に・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第65話 視聴率】:近日更新予定です。

第65話 ネタバレ解説

「陶芸を辞めないと駄目ですか?」と言う八郎に、「好きだけならええ。だからお願いします。丸熊陶業は辞めんといて下さい」と常治は頭を下げる。喜美子は「二人で美術館などに行って感性を磨いている。夫婦貯金もしている。陶芸家になるためやで」と常治に言う。八郎が「ええんや。陶芸は趣味で」と言う八郎に喜美子は怒る。常治に泣きながら「この人は思った以上に優しいんや。お父ちゃんが「辞めぇ言うたら『辞める』って答えるに決まってるがな!」と訴える。「ほな、好きにすればいいがな。丸熊陶業やめて陶芸家になればええ!」と常治が言うが、そこにマツが「駆け落ちした時、雨が降って軒下でワクワクしながら待っていたの覚えてる?。うちはアンタと一緒になって後悔した事ないで」と常治に言う。八郎が「僕は人の心を動かす作品を作りたい。僕が絵に励まされたように、僕の作品を見て励ましたり元気づけたい。僕は賞に出品して陶芸家になります。一緒にならせて下さい。十代田は他の兄弟が継ぎます。川原八郎として結婚させてください!」と常治に告げる。常治は「ほな、賞取ったら受賞祝いと結婚祝いと一緒にしたるわ」と言い、皆安堵する。「八郎さん、宜しゅうお願いします」と挨拶するマツ。八郎は賞を取る為に・喜美子は土と友達になる為に、共に頑張るのであった。

第65話 感想

30代女性
喜美子が八郎を支えると言い切っていて格好よかった。八郎が喜美子は一歩下がっていなくても良いと言っており、お似合いの2人だと思った。陶芸展に向けて協力を約束していた2人の空気が穏やかで見ていてニヤニヤしてしまった。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
「人の心を動かすような作品を作りたい」八郎は深野仙心の絵を引き合いに出して常治に陶芸家になりたいことを説明します。それがお金になることに常治は心を動かされたのでしょうね。陶芸展で賞をとったら結婚を許すと条件を出します。翌日から二人は出品作品の製作に入ります。何か手伝うという喜美子に「横にいてるだけでええよ」と優しく言います。なんて八郎はいい男なのでしょう、女性ならそんな男が好きにならないわけがないですね。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
おとうちゃんは、自分の弱さを棚に上げ八郎に要求するのに腹が立っていたので、喜美子がダメ出ししてくれて、すっきりしました。八郎の人を幸せにする物を作りたいという話は感動しました。無事結婚の許しを頂いてよかったです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
お父さんの話を受ける八郎さんは本当に優しいです。お父さんはお父さんなりに思いますがあってのことですが、喜美子と八郎さんふたりしっかりと気持ちを伝えてました。ものすごく立派です。熱い演技に朝から感動しました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
八郎は丸熊陶業をやめないと常治に約束しますが、喜美子は八郎が陶芸家になる夢を一緒に見ていると言います。八郎は仕事の空いた時間に陶器作りをすれば良いと喜美子に言いますが陶器を作るのはそんな甘い世界ではないと主張します。自分の夢を諦めて結婚することに喜美子は引け目を感じるのでしょう。八郎が夢を追いかけてこそ喜美子はそれに魅かれているのでしょうね。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第65話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第65話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.