ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第68話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子は泣きながら「十代田さんの言う事は正しい、と・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第68話 視聴率】:近日更新予定です。

第68話 ネタバレ解説

喜美子は泣きながら「十代田さんの言う事は正しい。人前で出す(コーヒー茶碗だ)から。でも私もムチャしたかった。私も作りたかった」と八郎に訴える。八郎は喜美子に「信作の所に電話をして、おじさんに喜美子に手伝わせると言った。ええよと言っていた」と言う。喜美子は一生懸命にコーヒー茶碗作りに没頭し、八郎は見守る。中々八郎と同じ様な物を作るのは簡単な事ではなく、八郎に「1個作るのに3か月はかかりそうやな。人と同じ物を作るのは難しい」と言われる。喜美子は陶芸の神様と戦っていると言うが、八郎に「茶碗を使っている人を想像して作って下さい。深野先生も楽しそうだっただろ」と諭す。八郎が作品作りをしている間、喜美子はコーヒー茶碗を必死で作る。夜遅く、川原家では直子が福笑いをしながら笑っていて、マツが喜美子の電話を受ける。「遅くなる」という喜美子に常治は機嫌が悪くなるが、そこに直子が「うち、来年からお給金が上がんねん」と言い出す。肩やお腹を指差し「ここにお父ちゃん、ここに百合子、ここにお母ちゃん。そしてずっと先にお姉ちゃんがおんねん」と語る。夜中、マツはコッソリと喜美子に差し入れを持っていく。八郎は寝ているが喜美子は寝ずに頑張っていて、マツは嬉しそうに側で見る。朝まで喜美子は作り続けるのであった。

第68話 感想

30代女性
コーヒー茶碗を主人公も作れる事になった。八郎がお客さんに言ってくれたから。八郎は本当に優しいと思った。職人だけど、そこまで職人気質ではないみたいな感じ。コーヒー茶碗が出来なかったので、徹夜する事になった。お母さんも夜食の差し入れをしてくれて本当に優しいと思った。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
2人で結婚までの障害を乗り越えたかったと泣く喜美子の気持ちを八郎が汲んでくれてよかった。八郎はすぐに行動するので男らしい。喜美子も真剣に制作に取り組んでいた。2人の作った珈琲茶碗がどのように仕上がるのか楽しみだ。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
喜美ちゃんの駄々をこねる姿、そしてそれをしっかりと受け止めてくれる八郎さんの優しさが身に染みました。あと、個人的には直子が東京でしっかり成長していたことを知れて、嬉しい気分になりました。パーマあてた姿を見れるのが楽しみです。可愛いだろうな~【5段階評価-5.面白い】
40代男性
貴美子が八郎の湯呑み茶碗を作る手伝いをしていた時、貴美子が絵付けと陶芸は違うと言った言葉に八郎はどちらも一緒、作っている者の心が伝わるもの、と言った場面では共感が持てました。毎回心に響く言葉をいう八郎にこんな人が身近に居てくれたらなぁ…と思います。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
喜美子のバイタリティはすごいです。コーヒー茶碗がつくりたいという思いが八郎を動かしました。徹夜して、渾身の10セットが出来た喜美子の笑顔が何ともいえない幸せな表情で、嬉しくなりました。女性陶芸家誕生の瞬間だと感じました。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第68話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第68話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.