ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第80話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子は「明日は大事な話があるから」と伝え・・

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第80話 視聴率】:近日更新予定です。

第80話 ネタバレ解説

八郎の弟子たちが工房から出る時に喜美子は「明日は大事な話があるから」と伝える。喧嘩し合う弟子たちを「喧嘩しない!」と怒る喜美子。工房には柴田がいて「弟子はいらんのか?」と八郎に話していた。それを聞いていた信作。次の個展では銀座なので綺麗な格好をするようにと喜美子に言う柴田。対応する奥さんは銀座なのでそれなりの格好と言葉が話せないと、と言う柴田に「家は大阪弁と関西弁と、何なら他の言葉も話せますぅ」と喜美子。柴田が帰った後、信作が半年後の火祭りの事を伝えに来たが怪しむ喜美子。「最近あかまつで飲んでるらしいな。百合子と」と、信作と百合子の仲を疑う。「結婚して、夫婦になってな」との信作の言葉に二人が上手くいっていると思った喜美子と八郎だが、実は喜美子達夫婦の事を話していたのだ。「この2年半。喜美子は来るたびにお茶を入れて、お客さんの相手をして。ここは『川原工房』やない。『八郎工房や!』と言う信作。「余計な事をベラベラ話すな」と喜美子。信作が帰った後、喜美子の作品を見ていた八郎は「この作品を次の陶芸次世代会に出そう」と提案する。「それよりもあの花瓶の釉薬はどうする?」と喜美子。いつの間にかと陶芸の知識を勉強していた喜美子に驚く八郎であった。

第80話 感想

30代女性
あぁー喜美子がついに八郎を追い越してしまった…と思ったのは私だけではないと思います。いつまでも女は自分よりも下にいると思っている男からすると追い抜かれたときに愕然として絶対にいい結末はむかえないだろうと勝手に予想しています。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
喜美子は夫の八郎が長年かけて研究を続けて見つけた陶芸に必要な膨大な知識をたったの2年半で覚えてしまっている事を笑顔で追い付きたいからと話したものの、八郎には衝撃が大きくて意識はないものの心の奥底で喜美子の学歴が中学校までという事で、大学を卒業した八郎自身には追い付けないと考えていた感じを受け、夫婦間に溝ができた気がする。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
物語が進む毎に新しい人間関係ばかりになってしまうのは仕方がない気がするものの、同じ信楽の土地に住んでいて幼い頃から仲の良かった信作が久しぶりに登場するのが嬉しく、絶妙な場面で出てくる所から喜美子の人生の岐路を与える存在になる程の年齢になったのかとしみじみと感じた。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
喜美子が弟子に仲良く帰れと促したり、八郎の支援者の要望にユーモアで言い返す様子が面白いし、たくましいと感じました。八郎が出したい色を、喜美子がユウ薬の内訳を言い当てるところは、八郎は感心しながらどこか喜美子に恐れを抱いてるような気がしました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
個展に向けて喜美子がどう関係するのかと思いきや、信作と百合子の恋バナがメインに。信作の言葉は重いですね。夢に向かって頑張る妻としての喜美子と本来の喜美子のギャップに一番気が付けるのが信作なんですね。今回は何もありませんがこれからどのように進展するのか、気になります。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第80話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第80話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.