ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ 2020冬ドラマ NHK

【第99話】連続テレビ小説『スカーレット』視聴率とネタバレ。喜美子と八郎はミカンを食べながら二人で「今やから言うけど大会」

投稿日:

2019年NHK朝ドラ『スカーレット(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に戸田恵梨香。共演は北村一輝、桜庭ななみ、大島優子、林遣都、佐藤隆太、溝端淳平 ほか。

NHK朝ドラ『スカーレット』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第99話】ドラマ『スカーレット』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第99話:視聴率】近日更新予定

第99話 ネタバレ解説

マツがミシンを借りて内職をする、と言う。穴窯に40万かかると喜美子は言うがマツは「お父ちゃんで慣れてるさかい。次は上手く行くとええな」と言ってくれる。八郎が「信作が手伝いに来てくれるいうてたで。穴窯を辞める事告げてないんか?」と言うが、喜美子は「辞める事は納得してない。ハチさんが言うから受け入れました」と工房を出る。百合子と信作が喜美子に結婚の挨拶をしに来たがバタバタしてしまう。信作の言葉に喜美子はボーッとしながら聞き、突然泣き出す。二人を見送り、喜美子と八郎はミカンを食べながら「今やから言うけど大会」をする。喜美子は「穴窯をやりたい」と言い八郎に頭を下げる。「うちの事信じて下さい!」と言いその場を去る喜美子。通帳を持って八郎に「薪は山で拾うからほんの少しだけお金を使うだけ」と言うが、八郎は「武志を連れて出ていくわ」と本当に家を出て行ってしまう。喜美子は一人、山から薪を拾うのであった。

第99話 感想

50代男性
何かうまくいかないことがあったり、人生の節目のときには、必ず、小学生の時から持っている信楽焼のかけらを見る戸田恵梨香さんを見て、私にはあんな風に何十年も大事に持っているものはあったかな?と思いました。心の支えになるようなものがあれば、辛い状況も乗り越えられそうだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
信楽の山から採った薪で焼いた作品は、まだ生活雑器を焼いていた古代の窯での焼き物作りにどんどん近づいていくようです。穴窯での作陶に執念を燃やす喜美子は八郎と武志がいなくなったことでもう誰も自分を止めるものがいない状況で猛然とその挑戦に乗り出します。鬼のような形相が物語る精神は余人には理解のできない境地であるような気がします。視聴者としてもそれを応援していいものかどうか苦しみながらの毎日です。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
この時代の40万円は今で100万円以上だと思うので、穴窯ってお金がかかると驚きました。おかあちゃんは内職して喜美子を支えようとする姿はジーンときました。今までの倹約な喜美子を思えば、今回の博打のような考えが意外でした。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
どんな職業についていても、お金は大事ですが、芸術家がお金のことを気にしていたら、良い作品はできないだろうなと思いました。それを富田靖子さんが、もうかなり年をとったのに内職をして支えようとしてくれるのはありがたいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
心ここにあらずな喜美子の気持ち、このタイミングで結婚の挨拶。癒し担当の信作だけど今日ばっかりはあまり力にならない気がしました。結婚はスムーズにできそうですが穴釜に執着して周りが見えなくなっている喜美子と八郎の思いは平行線で喜美子へははやく目を覚ましてほしいと思います。そして八郎、はやく帰ってきてほしいです。【5段階評価-5.面白い】

『スカーレット』第99話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_bk_nhk

【第99話】ドラマ「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, 2020冬ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.