ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ フジテレビ

【第6話】ドラマ『シャーロック』ネタバレと視聴率。シャーロックの宿敵モリアーティ教授の名前が明らかに!

投稿日:

2019年秋ドラマ『シャーロック(毎週月曜21時/フジテレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演にディーン・フジオカ。共演は岩田剛典、山田真歩、佐々木蔵之介ほか。

ドラマ『シャーロック』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FODプレミアム』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

【第6話】ドラマ『シャーロック』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第6話:視聴率】9.3%

『シャーロック』第6話 ネタバレ

高遠綾香が 自身の誕生日に「じゅんちゃん」という人間を自分が殺した、と言ったことから警察が動き出す。
17才の綾香のいう通り、埋めたという場所を警察が捜索すると20年以上前の遺体が発見された!
このままでは前世の綾香が殺害したことになると、江藤は獅子雄のもとを訪れて謎を解くようにと頼む。
綾香は獅子雄と若宮に、以前に男に襲われてからカウンセリングを受けていること、そして眠れないために不眠症の薬を処方されていることを話す。
カウンセリングは平田教授がしていたと聞いていたが、3ヶ月前に退任していることが分かった!
そこで平田教授の助手だった准教授の宇井を訪ねることにする。
学会の準備に追われていたという宇伊が部屋に入ってきた時、何故か車の鍵を置いた。
さらに飼っているカナリアに宇井が近づくと泣き止んでしまったのだ。
有害物質にカナリアが反応することを知っている獅子雄は不審に思うのだった。
別の日、綾香を連れて母親は宇井のカウンセリングに訪れていた。
別れの挨拶の時に宇井が高遠親子に言った「私でよければずっとお力になりますよ。」という言葉を盗み聞きしていた獅子雄は、普通なら言わないその台詞でさらに宇井を疑うのだった!

『シャーロック』第6話 感想

20代女性
ディーンフジオカさんが言っていたように、「精神科医は患者の話を聞くだけでPTSDを治せるなんて…」と、精神科医をディスるような発言をしていて、このセリフがあとで問題視されたりしなければ良いなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
獅子雄が早速買ってきたカナリアに「誉、獅子雄、天才」と覚えさせようとする行動に、若宮がカナリアは喋らないと突っ込みを入れされた瞬間に、餌を渡しながら世話をさせてしまう流れに持っていくイヤらしい行動には呆れ、一方の若宮が文句を言いつつもまんまと引っ掛かってしまって世話係りを請け負っている事に気が付いていないのが可笑しすぎた。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
17歳が20年前の遺体のあるところをいい当てたのがとてもすごいと思います。獅子雄が寝ていて変なことを言ってるのがとても面白くてよかったです。前世の記憶がある人がいるとかとてもすごいことだと思います。若宮がアヤカに優しいのが偉いと思います。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
豚が好きな野菜はキャベツだよが前世が豚だった少年の叫びだと説明した獅子雄だけど、どうやって本当なのかを調べればいいのかはわからず、獅子雄の人を翻弄して立場を有利にする単なる作り話だと思うがよく思い付くものだ。【5段階評価-5.面白い】

『シャーロック』第6話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@SHERLOCKcx

https://twitter.com/nrnsnrn/status/1194072989970530305

【第6話】ドラマ「シャーロック」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.