ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ東京

【第6話】ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』ネタバレと視聴率。久しぶりにジビエ料理が食べたいと言われ・・

投稿日:

2019年秋ドラマ『新米姉妹のふたりごはん(毎週木曜25時/テレビ東京)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に山田杏奈×大友花恋。共演に田中芽衣、芋生悠ほか。

ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題独占配信作品も多数!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』あらすじ、キャスト、原作(主演 山田杏奈×大友花恋)

【第6話・視聴率】

近日更新予定。

『新米姉妹のふたりごはん』第6話 ネタバレ

親同士が再婚してすぐに海外出張になり、ふたりきりで生活する子になった新米姉妹サチ(山田杏奈)とあやり(大友花恋)。はじめこそはギクシャクしていたふたりだが、料理上手なあやりが作る料理を美味しく食べる食いしん坊のサチ。料理を作るたび新米姉妹の距離は次第に近くなってくる。この日はふたりでクリームブリュレを作り美味しく出来上がったモノを食し至福の時を過ごしていると、突然あやりの叔母・みのり(芦名星)が訪ねてくる。手に鹿肉を持って、久しぶりにジビエ料理が食べたいと言われ、あやりは「鹿肉のロティ」を作ることにし、サチも手伝いふたりで料理を始める。楽しそうに料理を作るふたりを見たり、出来上がった料理をみんなで食べ会話をしているうちに、あやりが以前とは違った雰囲気で楽しそうにしてること、それがサチがいてくれるおかげだとわかったみのりは自分が杞憂に感じていた事が払拭され満足し、安心して帰っていくのであった。お土産にふたりが作ったクリームブリュレをもらって。

『新米姉妹のふたりごはん』第6話 感想

40代女性
今回の鹿肉に付け合わせで作ったローズマリーのフライドポテトはめちゃくちゃ美味しそうで一度食べてみたいと思いました。ジビエ料理も作れるあやりはどうしてこんなにも料理が得意になったのかとても気になりました。そしてサチも少しずつ料理ができるようになっているのは面白かったです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
今回はあやりのおばさんのみのりが登場、しかも猟師さんというかっこよさで驚きました。みのりが持ってきた鹿肉をあやりがロティにするといい料理が始まりますが、鹿肉を焼いてるシーンとバルサミコ酢のソースを作っているシーンは最高でした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
みのりは姪っ子のあやりに姉妹が出来たと叔母だから知っているのは当然だが、あやりと姉妹となったサチはみのりの存在自体を知らないだけに初めて出会った瞬間のサチの父親の愛人という冗談は恐怖以外の何ものでもなく言っていいことと悪い事があると認識すべきだ。【5段階評価-5.面白い】

『新米姉妹のふたりごはん』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@tx_shinmai

【第6話】ドラマ「新米姉妹のふたりごはん」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.