ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020冬ドラマ 日本テレビ

【第3話】ドラマ『知らなくていいコト』ネタバレと視聴率。野中春樹が「最低すぎる」と話題に

投稿日:

2020年冬ドラマ『知らなくていいコト(毎週水曜22時/日本テレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に吉高由里子。共演は柄本佑/重岡大毅(ジャニーズWEST)/秋吉久美子/佐々木蔵之介/小林薫。

ドラマ『知らなくていいコト』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの「Hulu」がオススメ!!

月額「933円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題です♪追加料金なし!!

現在、2週間無料キャンペーン実施中!!

→『Hulu』無料視聴するにはコチラ☆

【第3話】ドラマ『知らなくていいコト』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

【第3話:視聴率】近日更新予定です。

『知らなくていいコト』第3話 あらすじ

ケイトの母親と実父の事は話さないと約束した尾高だが、ケイトから問われて真実を語る。そんな2人が別れたのは、尾高が乃十阿徹の出所写真を撮ったすぐ後だただった。自分の過去を知った上で結婚を申し込んでくれていた事を知り後悔するがもう遅い。既に尾高には妻も子供もいるから。ケイトの父親が殺人犯だと知り別れた春樹は、尾高へ聞きたい事があると屋上に連れ出した。真壁と別れた理由を訪ね「僕も真壁さんと同じ理由で別れた。普通に子供が欲しいから。」と告げる春樹に「お前最低だな」と吐き捨てその場を去る尾高。一方ケイトは国民的人気のダンサーであるタツミーヌの才能に迫る特集企画を担当するが、10年前彼が投稿した老害発言動画が炎上していた事が判り、急遽中止となる。今になって誰かが悪意ある切り取りをして動画投稿したのだった。彼はダンスを侮辱された事でつい怒りを表してしまったと正直な気持ちをケイトに告げたのだった。

『知らなくていいコト』第3話 感想

30代男性
いつもヤル気ゼロの週刊イーストの問題児の福西が世界レベルのダンサーであるタツミーヌのスキャンダルが出た途端にヤル気を見せるのが可笑しかったが、福西から出てくる言葉は明らかにタツミーヌが犯罪者と言わんばかりの態度が気持ち悪く、これが福西の本性だろうが醜い。
20代女性
元彼のカメラマンとの別れが、あっけなくて後悔しているケイトは、昔はとても幸せだったんだろうなと感じた。その元彼はまた違う人と結婚しているということで、元に戻れない過去をどうにかできないのは辛いなと思う。
20代女性
ケイトと尾高さんの付き合うエピソードにかなりきゅんきゅんしました。キスしたいなんて言い出すケイトにもびっくりしたけど、それを聞いてあんなカッコいいキスをしてしまう尾高さんにもびっくりでした。逃した魚は大きかったということなのかなと切ないです。
30代男性
昔のケイトと尾高がとてもいいコンビだと思います。ケイトがいきなりキスをしたい気分と言ったのがとてもビックリしました。野中がケイトと目線を合わせないのがとてもひどいと思います。タツミーヌの過去が炎上したのが可哀想でした。
30代女性
穂高さんと別れちゃったことを知っているから、過去の二人が付き合い始めたきっかけを見ちゃうと悲しくなりました。人の人生って何処で変わるか分からないから、もっと自分の人生を大切に生きなきゃいけないなと思いました。

『知らなくていいコト』第3話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@shiranakute_ntv

https://twitter.com/jw_sgok26/status/1219984320942600194

【第3話】ドラマ「知らなくていいコト」を見逃し動画無料フル視聴

-2020冬ドラマ, 日本テレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.