ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019秋ドラマ テレビ東京

【第8話】ドラマ『死役所』ネタバレと視聴率。死役所の他殺科に絵本を抱えた一人の少女リンが現れる・・・

更新日:

2019年秋ドラマ『死役所(毎週水曜24時12分/テレビ東京)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に松岡昌宏。共演は黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでん ほか。

ドラマ『死役所』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題独占配信作品も多数!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『死役所』あらすじ、キャスト、原作(主演 松岡昌宏)

【第8話・視聴率】近日更新予定です。

『死役所』第8話 ネタバレ

イシ間、ニシ川、ハヤシは自分の配属された部署の受付数を議論するうちに、なぜ自分たちが配属されたのかと話し始める。イシ間によるとシ村は忙しく大変な総合案内へ自分から希望して配属になったらしい。そんな会話からシ村の過去へと場面は飛ぶ。映像の断片から妻とおぼしき女性を追いかけて加護の会へ入ったようだ…。死役所の他殺科に絵本を抱えた一人の少女リンが現れる。天国へ行けるか尋ねる少女だが母親をいつも怒らせていた自分は天国に行けないかもという。リンは保育士のあかねにあこがれていたため忙しい先生に変わって絵本を読み聞かせるような親切な子供だった。明るい様子のリンだがフケがついていたり、迎えに来ない事や同じ服ばかり着てくる様子からあかねは虐待を疑う。ある日母親にしつけとしてベランダに出されたリン。雪がちらつく中で寒さに凍えるが母はベランダに出したまま朝まで帰ってこなかった。彼女は凍死して他殺科にきたのだ。亡くなってもなお母親をかばう様子に思わずなくイシ間。殺されてもかばうなんてあれが愛だろうかと聞かれシムラはただの洗脳でしょうと。イシ間は少女に一緒に成仏しようと話す。任期満了で辞令が来たことを同僚に知らせると一同驚く。イシ間を案内する途中、両手の指をわっかにつなげポーズをとる人を見てシ村は声をかける。「加護の会のかたですか?」…次週へつづく。
いよいよ…シ村と加護の会の謎に迫る??

『死役所』第8話 感想

50代女性
シ村から渡された辞令にはイシ間が成仏するように書かれていることにビックリしたために、ハヤシがやって来たために咄嗟に隠してしまう気持ちは理解できるが、残念な事にハヤシに隠した瞬間を見られてしまい不安になったが、軽いハヤシはエロ本と勘違いしてくれてホッとした。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
毎度揺さぶられて泣けてしまう死役所。亡くなった幼い少女の優しさに思わずほろっとしてしまった。生前も死役所でも明るく、手にしている絵本は生まれ変わりの物語。来世は幸せになって欲しいなぁ。加護の会に所属する男性が現れた事で、次週はシ村の背景がわかるかもしれない。シ村…非常に気になります!!【5段階評価-5.面白い】
50代女性
虐待死、有るかなと思っていたのでやっぱり!と思ってみていました。保育士の方の遣る瀬無い思いまで描いていているのが良かったです。イシ間さんが成仏した後天国ではなく地獄に行く…と話されていたのは、え?そうなの?と思ってしまいました。最後にシ村さんの過去に一歩近づく宗教というキーワードが出てきて、また次回がとても気になる最後でした。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
ほぼリアルタイムで初めて見ました。いつもはお昼に見ているけど、今日は夜なので雰囲気が、ドラマから受ける印象が重く感じられました。子供が題材のこともあり、職員の過去の話をもっと掘り下げてほしいです。志村さんの過去を早く知りたい。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
本物の市役所関連の話が、作品の中に出てくるのは驚きです。題材的には死だから同じだけど出てきてほしくなかったなと個人的に思います。もっと他にテーマを入れてほしかったなと市役所嫌いの私は本当にそう思った感じです。【5段階評価-5.面白い】

『死役所』第8話 Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@tx_shiyakusho

https://twitter.com/tx_shiyakusho/status/1202151271534399488

https://twitter.com/0gNQsNd1M54S4hS/status/1202596301696729089

【第8話】ドラマ「死役所」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019秋ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.