ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ TBS

【第7話】ドラマ『集団左遷!!』ネタバレと視聴率。乃木坂46生田英梨花、初ナレに挑戦!!ファン大歓喜

投稿日:

2019年春・日曜劇場ドラマ『集団左遷!!(毎週日曜21時/TBS)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演 福山雅治、共演に香川照之、神木隆之介、三上博史、市村正親、中村アン、井之脇海。

ドラマ『集団左遷!!』あらすじ、キャスト(主演 福山雅治)

【第7話】視聴率:9.4%

<前回>【第6話】視聴率:7.8%

■第7話 ネタバレ解説

蒲田支店のリストラの際から存在感が強く、何かありそうな雰囲気を漂わせていた横山専務。今回は彼を中心に、三友銀行の闇が一気に暴かれはじめる。まずは横山専務が支店長をしていた際の得意先、大口融資先で巨額の横領事件が発生。社長に容疑がかけられ捜索されるも、裏には会長と副社長親子の確執、会長の融資疑惑がある模様。融資部部長となった片岡は正義感を活かして動こうとするが、会長をトップにする再建策を検討する横山専務の策略で重要な会議に呼ばれず、つまはじきにされ…不遇を受ける中で、蒲田支店時代の同志、真山と協力して真実を探し始めた。
一方で行内の緊張感をもたらしていたのは金融庁の監査。融資案件はもとより、融資先の再建策もチェック対象なだけに社内議論も白熱するが、焦点は真実を突き止めたい片岡と横山専務一派とのギリギリの攻防。最後に正義を明らかにした片岡に対し、不気味な笑みを見せる横山専務。まだまだ暴ききれていない闇があるのか。

『集団左遷!!』感想

30代男性
花沢が融資を持ってきたのがいい仲間だと思います。横山と藤田のやりとりがとても激しくてよかったです。宿利が頭がおかしくなってるのが面白くてよかったです。西村精機の融資のことでみんなで悩んでるのがとてもいい銀行員だと思います。【5段階評価-4. 少し面白い】
30代男性
花沢が融資を持ってきたのがいい仲間だと思います。横山と藤田のやりとりがとても激しくてよかったです。宿利が頭がおかしくなってるのが面白くてよかったです。西村精機の融資のことでみんなで悩んでるのがとてもいい銀行員だと思います。【5段階評価-4. 少し面白い】
30代男性
お客さんのことを考えてくれる銀行はとてもいい銀行で素晴らしいと思います。片岡が横山に自分だけリストラにしてと言ったのがとてもいい支店長だと思います。全員銀行員として生き残ったのがとても素晴らしいと思いました。【5段階評価-5. 面白い】
40代女性
蒲田支店はいてん決定まで、残り1カ月を切った。頭取から紹介されたお客様が、パーキングにする為に融資を依頼される。本心は工場を残したいが、夫がなくなって、後継がいないがために、諦めていた。しかし、支店長のところにベンチャー起業を立ち上げた若者が融資の依頼しにくるが、貯金がなく、以前精密機械の仕事をしていたので、支店長は、1億の融資を断り、この若者たちを紹介してあげることに。蒲田支店がなくなっても、お客様の気持ちを重視したところがよい。頭取が、蒲田支店のメンバーを他に移動させ、蒲田支店は、閉店させた。【5段階評価-5. 面白い】
30代男性
詐欺被害でノルマ達成が絶望的かなと思っていたら、なんとか回避でき、よかったなって思っていたら次はノルマ達成よりお客様のために融資を断念したことにびっくりしながらもみんながリストラされていないので良いことをしていればそれなりに良いこともあるのかなと思い感動しました。蒲田支店がなくなったのは残念だけど次の展開が楽しみです。【5段階評価-5. 面白い】

『集団左遷!!』twitterの反応

■公式アカウント▶︎@shudansasen_tbs

ナレーション役は今話題のアイドル!!

https://twitter.com/csug_chan_oO/status/1135154477667766272

 

【第7話】ドラマ『集団左遷!!』の見逃し無料視聴はコチラ

☆『集団左遷!!』ネタバレン総合ページ
▶︎ドラマ『集団左遷!!』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 福山雅治)

-2019春ドラマ, TBS
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.