ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ テレビ東京

【第7話】ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』ネタバレ、感想まとめ。次回最終回!!果たして工場はどうなってしまうのか。。

更新日:

2019年春ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~(毎週月曜22時/テレビ東京)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演・玉木宏。

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題♪独占配信作品も多数配信!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 玉木宏)

■第7話 ネタバレ解説

ホライズンキャピタルジャパンのナオミ・トミナガが下町信用金庫の村尾浩一を使って、マジテックの債権を手に入れた。村尾は全部仕事が終わったので、トミナガから2億5000万円の小切手をもらって、下町信用金庫もやめて、海外に行ってしまった。
一方、トミナガはマジテックの芝野健夫に3日以内に3億円を支払わないと、マジテックも特許も社員も買収すると言った。芝野らは曙電気などに融資をお願いしたり、納品した製品の前払いをお願いしたり、出来ることをするが、3億円は用意できなかった。
そのうえ、芝野が元の三葉銀行の行員に頼んでいた、ホライズンキャピタルジャパンの目的がマジテックの特許が軍事目的に使われることを聞き、マジテックの桶本修が過労で倒れてしまう。

視聴者からの感想

50代女性
フォライズンの特許が欲しい本当の目的が分かったと芝野に連絡が入った。本当の目的は軍事にある事が分かって桶元さんは博士の発明を人殺しに使われてたまるかと言って、仕事をしようとしたが、倒れてしまった。人助けに発明した特許が軍事とは全然違う目的に私もショックです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
"ホライズンキャピタルが本気になってマジテックに襲いかかり、このドラマの最頂点に近づいてきたような気がします。 先代の社長が作った工場を必死に守る社員の姿は、大変共感します。 下町工場がどのようにホライズンと戦っていくのか、また、芝野にまだ秘策が残されているのか、次週が楽しみです。"【5段階評価-5.面白い】

Twitterからの口コミ

https://twitter.com/LeratoAnzjp/status/1133010771934367744

【第7話】ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』無料視聴リンク

▶︎【第7話】ドラマ「スパイラル〜町工場の奇跡〜」を見逃し動画無料フル視聴しよう

-2019春ドラマ, テレビ東京
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.