ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ フジテレビ

【第10話】ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』視聴率とネタバレ。最終章のブルーマーダー編、サーガ至上初めてハラハラする展開に視聴者の期待が高まる。

投稿日:

2019年春ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ(毎週木曜22時/フジテレビ)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に二階堂ふみ 亀梨和也。敵役“ガンテツ”に江口洋介。

ドラマ『ミストロベリーナイト・サーガ』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FOD』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

第10話『最終章突入!!姫川玲子VS青い仮面の殺人鬼!』視聴率、ネタバレ解説・感想

【第10話】ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』の視聴率:6.2%

(前回、第9話の視聴率:6.2%)

■ネタバレ解説

「天敵だよてめーの」と言って仮面を被った3人組の犯人たちに男性に肩を殴られ、現金を盗まれた。ある鉄筋工場の所で鉄パイプのような物を作製している場面から始まる。盗んだ現金を燃やしながら、犯人の主犯格の男から仲間の男性に「腹減ったな。肉でも食うか。シャブなんて買うなよ」と言いながら盗んだ現金を渡していた。主犯格の男は屋上で夜の空を見上げていた。姫川から「キクタにはわからないと思う」という言葉の夢を見ていたキクタは「妻である野崎」の声で起きる。キクタは結婚していた。妻と朝食を食べていた時に「池袋」で殺人があったとニュースで流れキクタは姫川の事を思い出す。そんなキクタの姿を警察官でもある妻は気にしていた。その殺人現場に係長の姫川は来ていた。不動産からの通報で事件が発覚。銃せんも刺傷もなく致命傷になる傷もない。内臓破裂で頸椎も損傷あり。撲殺。殺された身元は、2日前に仮釈放された秋葉組の二代目組長の河村丈治だった。そんな姫川は「秋葉組の組長が殺害されたとなったらひと波乱は避けられない」と思うとつぶやく。死体検案から全身50か所位の損傷と27か所の骨折が見られた。特徴は両鎖骨と脊椎の生活反応のある骨折。両腕両足が動かない状態で暴力を長時間された可能性がありと池袋東署の刑事課長の東尾警視が説明をする。「凶器は鉄パイプか何かだと思うが、先端部分があったた痕跡がない。よほど注意深く殴打したのか」と話を始める。鉄パイプという言葉にひっかかった姫川。本部のそたい4課を呼ぶことになった。組関係者は4課に任せるが「じどり」と組関係者以外は姫川側でやらせてという。姫川は生活安全課の「江田巡査部長」と組むよう指示された。勝俣は組織犯罪対策課の下井警部補に呼び出されていた。勝俣は相変わらずすじもんとつきあっているのかと聞かれる。指定暴力壇の秋庭組の殺害事件のことで呼ばれていた。殺害したのは誰かと聞かれるが、何故気になるのかと勝俣は質問する。ただ個人的な興味だだと回答する。勝俣は池袋付近の組全体が息をひそめていると聞いていると情報を流した。それを聞いた下井は「池袋に何が起きているのか?」と疑問に思うが、「怪物でもいるんじゃないのか」と勝俣は答えた。そんな勝俣に、旧姫川班の昇任試験に合格して本部に帰っていた「のり」がバギーで一緒にいた。そんな中秋庭事件の報告会があった。安東警視正から報告した。谷崎と白井が殺害したという報告もあった。姫川は一人で殺害当時歩いている防犯カメラで確認したので、もしかしたら誰かに呼ばれた可能性もあると報告。河村の携帯の発信状況について確認をすると説明するが、それいに対して4課は民間の会社に調べさせるといって姫川に携帯電話を提出するよう指示をした。姫川はそれに応じた。安東警視正から姫川は「前もそうだが、あなたの所ではよく組長が殺されるようだ」と言われた。その言葉を聞き姫川は槇田の事を思い出す。そして「女係長の腕の見せ所だな」とも言われる。その言葉に姫川は「殺された人間が何者だろうと、ほしは必ず私のこの手であげてみせます。それが殺しのデカの仕事ですから」と鋭い目つきで言い切った。キクタは刑事課で仕事を終えて帰宅する途中だった。そんな時「逃走犯の目撃情報があった。明日にでも行って来てくれるか」と声をかけられた。姫川はビールを片手に4課の事を旧姫川班の部下の「たもっあん」と「こうへい」の2人に愚痴っていた。そんな姫川を見て「あいかわらずですね」と言われていた。勝俣自らのりを部下に付けたいと言ったと噂が流れていると姫川は教えて貰った。その場にキクタは居なかった。それに対して姫川は寂しそうだった。姫川は現場で聞き込みをするが、誰も知らないと言って何も答えてくれなかった。そんな時に巡査部長が小林という男に声をかけた。しかし小林は「知らない」と回答するが「目が動いていた」事に気になった。それに対して姫川は巡査部長に「何も必要以上に話をしたがらない気がしておかしい」と言う。巡査部長が「筋ものが鉄パイプを使って殺害するなんておかしい」と疑問に思っているという言葉を姫川は「同じだと」いう。ある小料理屋に下井が訪ねていた。そのおかみ「やすえ」に下井が「諸矢に至急連絡を取りたい」とお願いをする。下井はどうしても聞いておかなければならない事があると言い、やすえは、兄に連絡してみますと言った。姫川達は「大塚の亡くなった事件場所」に花束を持ってきていた。そこに「キクタ」も現れた。今の事件についてお互い会話し姫川は「大塚に力を貸してもらえるようお願いに来た」とキクタに報告する。今度の集まりに声をかけてくれ。またとったぞと話を聞きたいとキクタは姫川に言い、そしてお互い捜査に向かう。キクタはそんな姫川の背中を見つめていた。姫川もキクタの言葉を思い出していた。姫川にまた撲殺事件が発生したと連絡があった。今回の加害者は「新東京連合の元メンバー」だった。キクタは指名手配犯の目撃者から聞き込みをしていた。「やぶち」だった。池袋に慣れている感じだったと報告を受ける。署に戻った姫川は、また別の場所で死後数日経過していた撲殺事件が発覚したと報告を受ける。その加害者は中国団体のスカルのメンバーだった。また西池袋6丁目で路上でパトロール中のおおたけ巡査部長が何者かに襲われて負傷していると報告もうける。姫川達におおたけ巡査部長の所へ向かうよう指示があった。そんな報告を受けて姫川は「今回の連続事件は暴力団事件と筋が違うように思うので捜査一課に応援を要請した方がよいのではないか」と提案する。特捜には勝俣班が入ると報告を受けた。課長は通常の殺人班捜査に戻したいとそたい4課に説明をする。そんな言葉を聞きそたい4課から「わかりました。しかし、我々の捜査は無意味だとは思っていないし捜査に何かしら役に立つかもしれない。即時撤退はしない」と係長は申出た。その言葉に「もちろん」と言って受け入れる。キクタは署に戻り「やぶち」について報告をしていた。いわぶちの時効まであと1年であることを上司に言われた。そんなキクタに、今泉係長が現れた。また旧姫川班は居酒屋で待ち合わせしていた。そこで姫川は「キクタが結婚していた事を黙ってた」事に不満気には問い詰めた。姫川は「元上司としてお祝いしないのが感じが悪いでしょ」と部下2人に叱っていた。今泉係長はキクタに「姫川とキクタが」と思っていた事を何気に話していた。キクタは「結局最後まで姫川の事がわからなかった。あまりにも心のありようが違いすぎて。同じ場所にいても同じ景色をみる事が出来ないんじゃないかとそう感じた」と言う。姫川は大竹巡査部長の入院している場所へ向かい事情を聴き、連続事件の犯人と同一犯の可能性があると思った。池袋を聞き込みしていた姫川達に「日本が怖い。私をかくまって」と外国人の女性が声をかけた。姫川達はその女性から事情を聴いていると「ブルーマーダー」と呼んでいる人がいて、人を殺害している場所を見たっていう話を聞いたという。その女から「ある男がギャングの店に忍び込み、その男はお金とトラックを盗むつもりだったが、だけどその時にギャングがかえってきて個室に隠れて様子を見ていたら、マスクした男がやってきてそこにいた男たちを殴り殺した。「ブルーマーダー」は死んだ男をもっともっと殴った。全身の骨を折ってバックに詰め込んで持ち去った。いつどこでだれが殺されるかわからない。みんな恐れている」と情報を貰った。姫川達はその内容を報告する。おそらくみんな口を閉ざしていたので「聞き込みしていても情報がでてこなかったのだ」と姫川は説明した。口にすれば次は自分の所にやってくる」と思っていた。係長は「そんな死体処理が出来るのか?」と質問に姫川は「死体処理に一番困るのは骨格。それさえ無くなれば肉のかたまり」だと口にする。その言葉を聞き安東は「そんな言い方はないだろう」と指摘された。そんな時に江田巡査部長から「河村の携帯電話から写真が出てきた」と報告をうける。その情報は「写真は谷崎と白井だ。谷崎はまだ生きている。夜の10時、ロサ会館裏のGMビル4階に一人でこい」というメールと死体をカバンに入れた内容だった。それを見て姫川は「ブルーマーダー」は存在する事を確信した。そんな時キクタは指名手配犯の似顔絵を持って聞き込みをしていた。指名手配犯を見たことがあるという女性店員から情報を聞いていた。先生に死体写真を見せて「凶器はなにか」と情報を聞き出そうとしていたが、「先生はただでは~」と姫川に交渉していた。姫川は今度美味しいケーキを差し入れますと交渉。「ケーキはいらん。姫とデートがしたいのだ」とわがままをいう。「じゃあ食事1回」と姫川は交渉した。寂しそうな顔で先生は悩んで「わからん」と答えた。先生は「これはわしでもわからん」と寂しそうに言う。そんな言葉に姫川は颯爽に引き上げようとしたが「あわてて待ってくれ。ほしの手口ならわかるぞ」と姫川を引き留めた。「ほしはポケットに入る程の小さなもの。そいつをこう手に握りしめて、まずは鎖骨に充てる。空手の技に似ている鉄槌だ。その方法であれば足腰首は思うがままじゃ」と情報を教える。そんな中、下井は、やすえから「兄から連絡が来た」と電話を受け待ち合わせ場所を教えてもらった。その待ち合わせ場所に諸矢が部下を連れて到着した。そこにキクタが追っている指名手配犯が居てどこかに連絡をしていた。キクタは聞き込みをしていた時に「茅場さんという会社にいたひとだと情報聴き、その会社へ向かった。下井と諸矢と部屋であっていた。諸矢は自分が狙われていると警戒していると下井に説明した。諸矢は「ブルーマーダー」に狙われていると報告した。7~8年前に「キノカズマサ」という人間が諸矢の所にいただろうと下井は話始めた。この一連の事件に関連していると情報を流した。奴が警察官で警察が流したスパイだったのかと諸矢は言う。下井は諸矢に「きの」は何を問い詰めても何も話さなかった。そして何も言わずに諸矢の場所から消えたと聞いた。そんな密告の帰り道に下井は諸矢から「言い忘れた事があるので同じ場所に戻るようにと連絡があった。その連絡を受けた下井は何かおかしいと気付いた。聞き込みをしていた姫川に「のり」から「ブルーマーダー」の正体が分かったと情報連携の電話が入った。下井は諸矢の所に戻るが部屋のドアが開いていた為、警戒しながら拳銃を構えながら部屋に入っていいか声をかけるが、返答があったのは諸矢の声ではなかった。下井は諸矢達がやられていた部屋を見て、ブルーマーダーの「キノ」と対面する。下井は、きのにドアを閉めて拳銃を置けと指示を受けた。ずいぶんな仕打ちじゃないですか。他人を利用するだけして捨てましたよね。警察官辞めてちんぴらとつるんでいる俺にあんたは目をつけた。先輩ずらして近づいて声をかけてきた。そしてスパイになって諸矢組に入って情報を流せ。暴力団組織の壊滅の為でそれにつながる情報管理の地盤沈下だ。そんなに簡単じゃないから信頼できるSが必要なんだと言われた。あんたを信じて2年の間組の情報を流し続けた。だが、誰かが俺を売った。おかげで俺はこいつらに半殺しにされた。河村が仮釈になって奴を捕まえれば真相はわかると思っていたが、奴は知らぬぞんぜんで通しやがった。しかし諸矢に聞いていたが知らないという。だからこんな事になっているんですよ。下井さんあんたじゃないですよね」と聞く。諸矢は「そんなことして俺が何の特になるのか」と「きの」に言うが全く耳に入っていなく「知っている事をしゃべった方が良い」と脅迫される。そして下井は「きの」に襲われた。その瞬間に勝俣が部屋に入り「きの」を拳銃で撃つが、「きの」は逃走した。逃走場所で仲間2人が車で待っていたが、警察官に追われている為、2人は別で車で逃走した。その車を見張っていたバイクの警察官が追う。「のり」から情報提供された姫川は署に戻り犯人が「以前えばら北署に在籍していたキノカズマサ」と報告した。池袋管内で3名が刺傷し死亡事件が発生し、犯人は逃走中だと報告があり、姫川は現場に急行した。その場面でエンディング。

視聴者からの感想

40代男性
今回の回もなかなか面白かった。菊田が結婚していた事にはビックリだったが、姫川班のメンバーも出てきてなんかよかった。事件も解決に向かいそうだが、菊田の指名手配犯との結びつきも気になる。クライマックスが楽しみ。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
見ていて、ハラハラドキドキの回でした。菊田が結婚していたのにはビックリでした。姫川の事が好きだと思っていたので。事件は、バラバラになっていた姫川班が、今回別々の事件を追っていて、一つの事件につながっていった。今回は奥が深い事件だと思った。裏切りって怖いなと思った【5段階評価-5.面白い】。
20代女性
確かにブルーマーダ―のやっていることは犯罪ですし、完全にやりすぎですし、絶対に許されることではありません。でも、下川を信頼してスパイになったのに、誰かに裏切られてしまい、危険な目に遭ったブルーマーダ―の気持ちを考えれば、今ブルーマーダーのやっていることが少し理解できてしまう自分もいます。それから、菊田が結婚したことを聞いて少し動揺するぐらいには姫川も菊田のことを気にしていたことがわかって、とても嬉しくなりました。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
菊田が結婚していてショックでした。菊田は姫川を好きだと思っていたのに違ったようです。 菊田は部署が変わり飲みの席にも顔を出さないでいる。姫川は菊田の結婚指輪に反応していて、少しは菊田を思ってくれていたのかなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
ブルーマーダーの正体、どうしてなったかの理由が分かりました。今回もアクションや、グロいシーンが多く、ハラハラドキドキしました。ブルーマーダーが捕まるか、捕まらないかのところで終わってしまいました。江口洋介の動向が気になります。【5段階評価-5.面白い】

『ストロベリーナイト・サーガ』twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@team_himekawa

https://twitter.com/pinkshoe223/status/1139176208409608193

ブルーマーダー編に視聴者の反応は・・・

https://twitter.com/aaa7995/status/1139184319241498624

 

【第10話】ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」見逃し無料視聴リンク

☆ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」総合ページ

▶︎ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 二階堂ふみ 亀梨和也)

 

-2019春ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.